2016年8月23日 (火)

ファインモールド 1/48 サボイアS.21その2

週末は8月の最終週末恒例の上越模型展示会という事で、先月作ったサボイアをアップデートして持っていくことにしました。

160823_1
これ何か足りないですよね?
そうです、肝心のポルコ・ロッソと海面の波が無いんですよね。
波の方はこれはこれで綺麗に見えるのでそのままでいいかな?とも思っていたのですが、どうせなら追加しようという事にしました。
160823_2
やり方は簡単。
グレインペイントを調色スティックに少しづつ乗せながら盛り付けていくだけ。
ただバラバラだと波の不規則な中の規則性が無くなってしまうので気をつけて盛り付けます。
160823_3
夏なのでガンガン乾いて行くので手早くやって行かないと大変。
これにポルコを塗装して乗せれば
160823_4
160823_5
160823_6
160823_7
ポルコはそのままだと面白く無いので首を傾けて動きを出しました。
それともう一つポルコの立像がオマケで付属してありましたのでこちらも塗装しました。
160823_8
160823_9
160823_10
あ~これでスッキリした。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

ガスステーションその6

まさかオリンピックで吉田沙保里が負けるなんて思いもしませんでしたが、ついに人類が吉田沙保里を倒した日という事で世界的に祝日にすればいいと思っている家主えりあんです、こんばんも~。

ウィーゴ2号機はちょっとボロっちくしてみました。
A_1
A_2
建物はもう少し情報量を増やしたいので吊り看板を作る事にしました。
A_3
ネットで拾ったフリー素材の木目のテクスチャーに文字を入れて印刷。
それを木片に貼り付けて汚しを入れて完成です。
A_4
吊り金具は0.3mmの真鍮線で作りました。
もう一つ屋根の上にコカ・コーラの看板を置くことにしました。
A_5
これまたネットで拾った画像を印刷して
A_6
看板はプラ板とプラ棒で製作。
A_7
裏の支柱は真鍮線を曲げた物です。
A_8
はめ込むとこんな感じに。
A_9
A_10
仮に置いてみましたが良いですね~。

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

ズベズダ 1/35 T-35 その1

ちょっとガスステーションの方が煮詰まってきたので気分転換にズベズダのT-35を作る事にします。

160816_0
この戦車なんと砲塔が5つもある多砲塔戦車なのでかなりデカイ…というより長いです。
T-35と言えば30数年前、家主がまだ高校生くらいだった頃にタミヤニュースにフルスクラッチのジオラマが掲載されておりまして、あまりのインパクトに当時少ない資料を探しフルスクラッチをしようとしたのですが、結局一番小さい砲塔を2個作っただけで断念した思い出があります。
その後ICMやホビーボスからキット化されましたが今一つ満足できず、ここへ来てようやく満足できそうなズベズダ製のキットが発売されましたので即購入となりました。
そんな思い入れのあるT-35ですが、ネットで資料を探しても写真はそこそこ出てくるのですが細部のよくわかる物は殆ど無し…
仕方ないので分かった部分の修正と感でディテールアップをしつつ作ろうと思います。
160816_1
車体後部サイドのエンジンの吸入口ですが普通にプラのモールドなので、薄く削って切り出したステンレスのメッシュを貼り付けました。
160816_2
反対側もあるので左右計2箇所工作します。
そして車体に接着。
160816_3
排気管は塞がってしまっているので、ピンバイスである程度の穴を開けたらリューターで削って大きく開けました。
160816_4
ここだけはやっておきたい部分ですね。
160816_5
工具止めは削ってから0.1mmのプラ材で作り直しています。
160816_6
しかしまぁこのキットの平らな部分にヒケがあるので修正が大変です。
リベットだらけのパーツとかほんと地獄です。
ここで小砲塔の気になった部分を改修です。
小砲塔の前部分のパーツは合いが悪いのか、それともそういう物なのか不明だったので接着後ヤスリで綺麗に面合わせをしていたのですがどうやらちょっと違うっぽい。
どうも最後に前の部分を溶接して面合わせはしていないようなのです。
という事で三角プラ棒を貼って
160816_7  
削って修正しました。
160816_8
ふぅ~資料あっても怖いけど無いのも怖いぜ~(´Д`;)

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

ガスステーションその5

メカトロウィーゴをジオラマの背景の一つとして置いてみたのですが実に面白い。

という事で
A_1
A_2
もう一つウィーゴを作って
A_3
A_4
こんな風に人間の代わりに使ってみることにしてみました。
本来のスケールは1/35なんですが、丁度1/24のフィギュアくらいの背丈なのでしっくりくるんですよね。
A_5
ここら辺の草を生やして情報量を増やしました。
A_6
建物内部にはフジミのキットから机と椅子、棚を引っ張ってきて設置。
ここも何か置きたいですね。

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

情景師アラーキーの凄い!ジオラマ展

模型業界ではもちろん、最近ではTV出演と今や人気ジオラマ作家のアラーキーこと荒木さんですが、なんと隣県の富山県でジオラマ展が開催されているというではありませんか。
ジオラマやヴィネットを作り続けている家主ですからやはり行くしかありませんよね。
で、見た感想…想像以上に凄い!ジオラマは本当に凄かった!!
TVや雑誌で見た
160808_1
これから始まり
160808_2
こういう懐かしの車のジオラマがドシドシ
160808_3
更には手の平サイズのヴィネットもあり
160808_4
ボトムズや
160808_5
ガンダム等のアニメの作品も多数展示されておりましたよ。
そしてジオラマ屋さんとしては
160808_6
こういうのや
160808_7
こういう隅っこのアイテムとか
160808_8
木や葉っぱの塗装なんかが気になるのです。
そして会場では人気投票をやっていたのですが、個人的一押しなのが
160808_9
こちらのジオラマ。
この古い小型のスーツケースの上にジオラマを作るという発想がまず素晴らしい!
情景ももちろん素晴らしいですが、このケースをベースにすることによってストーリーが深く感じるような気がします。
こちらのジオラマ展は8月21日まで開催されていますので模型好きの人は時間があったら…いや、時間を作ってまで行ってみる事をオススメしますよ~♪
詳しくはこちら
   ↓
そして早速感化されて荒木さんがやっていたダイレクトカットというダメージ表現をやってみました。
160808_10
昔ミニ・ピックアップを作った時に軽く真似てみましたがやはり面白いやり方ですね。
ただ完成品にデザインナイフを入れるので緊張しますが(^^;)

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

ガスステーションその4

今日は久しぶりにガスステーションのジオラマの更新です。

前回の更新から一ヶ月以上経ってしまいましたが、少しづつ進めてきています。
まずはジオラマの左の空間が気になったので
160806_1_2
給水塔を釣り糸の空ケースにプラ板を貼り、支柱をタミヤとエバーグリーンのプラ棒で作り設置しました。
160806_2
全体像です。
160806_3
160806_4
給油機は自作のレジンキットの物を2個使用。
160806_5
160806_7
草や花はドライフラワーやレーザーカットされたジオラマ用の紙製品を使っています。
160806_8
給水塔の上には何となくウィーゴを置いてみたりしてみました。
160806_6_2
もう少し煮詰めないとな~

| | コメント (0)

2016年8月 2日 (火)

トランペッター 1/350 レパルス その2

艦橋を船体に取り付けて真鍮線で作ったヤード部分の角度がおかしくないかチェック。

160802_1
微妙にズレていたので手で曲げて修正です。
160802_2
船体後方のマストも折れそうだったので真鍮線と真鍮パイプの組み合わせで工作。
160802_3
船首のマストは何故かパーツ化されていなかったので、資料を見ながら真鍮線のハンダ付けで製作です。
160802_4
付属のエッチングの手摺りの取り付け部分ですが、説明書ではどこに使用するのか殆ど不明なのでここも資料を見つつ分かる限り接着しました。
160802_5
エッチング工作はあんまり得意ではないんですが、キット付属の物はわりと扱いやすかったですね。
スケールが大きいのでエッチングの厚みがあったからかも知れません。
そして組立て完了~♪
160802_6
160802_7
160802_8
160802_9
160802_11
160802_10
160802_11_2
160802_12
160802_13
付属の艦載機はクリアーパーツだったので組立て後サフを吹いて作画の参考になりやすいようにしておきました。
と言っても作中に出るのかわかりませんけどね(^^;)
いや~しかし久しぶりの1/350艦船を作りましたが、今回は塗装を考えなくて良かったので楽しかったです。
トランペッターだったのでもう少し難易度が高いかなと思っていたのですが、思いのほか普通に作れましたね。
さて今度は発送せねばならんので梱包しようっと。

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

トランペッター 1/350 レパルス

もう一週間経とうとしていますがワンフェスへ行って参りました。

詳しくは「模型の花道のブログ」さんや「Gigazine」さんが詳しくレヴューされていますのでそちらを見ていただくとして、翌日はいつものように関東に住む友人達と楽しい駄弁り会でした。
そんな駄弁り会ですが実は忙しい中ありがたい事に毎回Ark Performanceの壱号&弐号のお二人にも来ていただいておりまして、今回は締め切りの関係で弐号さんのみの参加だったのですが楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
帰る途中仕事場の近くまで来たので弐号さんが壱号さんに連絡を取ってくれると少しだけなら会えそうなのでという事なので寄らせていただく事に。
実は一年ほど前からアルペジオの作画参考用に1/350の艦船のプラモを作って欲しいと言われておりまして、今回レパルスの模型がボロっちくなってきて新しいのが欲しいという事で依頼される事になりました。
レパルスの他にもあんなのやこんなのの未登場艦もあり、中には組立て最難関の物もあったりと今後も楽しみというか恐ろしいというか…
さて依頼と言っても作画参考用でガンガン触っていじってという物なので無塗装の素組でいいという気楽な物なので助かります。
ただキットは
160729_1
ちょいと不安なトランペッター製…おっちゃん頑張るよ。
トランペッターというと離型剤が強いというイメージがあるので
160729_3
たらいに薄めた中性洗剤を入れて一日漬け置きしておきました。
まぁ塗装しなくていいのであまり気にしなくてもいいとは思うのですが念の為です。
160729_4
まずは船体上下を合わせてみた所いきなり合いが悪い。
説明書ではここを最後に接着となっているのですが、かなりの力技での接着が予想されることから先に接着しました。
ここの作業は先に行っても艦底も平らで置きやすいですし問題ないでしょう。
その後は
160729_5
作りやすい順番でドンドン組んでいきます。
でもやっぱりトランペッターなので所々隙間が空いたり上手く組めなかったりするのでその場合わせで色々とやってます。
素組み依頼なのですが輸送中などで破損しやすい部分を改修する事にしました。
160729_6
具体的にはA3~A6の艦橋付近の棒状パーツ(これ何て名前なんですかね?)なんですが、これ絶対折るよね…気をつけていても絶対やっちゃうよねというダチョウ倶楽部のネタのような押すな押すな部分なのです。
160729_7
という事で真鍮線を削ってテーパーを付けて物を用意して接着。
160729_8
こちらは真鍮線を半田付けしてパーツを作って
160729_9
こんな感じに~。

| | コメント (2)

2016年7月18日 (月)

第9回NIPCOM

昨日は予告していましたようにNIPCOMへ参加して参りました。

今回はがんかすさんが自分のブースでジブリアニメの作品コーナーをやりたいという事でしたので、自分のブースとは別にそちら用にサボイアを展示させていただきました。
160718_1
かなりの数の作品が立ち並び見劣りしないかビビっていましたが、比較的地味な色合いの作品が多かったので赤色のサボイアは作品の出来は別として結構目立っていましたね。
160718_2
それと何度か質問をいただきましたが今回水の表現で使ったのはタミヤの透明エポキシです。
硬化時間は透明キャストより遅いですが、気泡も思ったより出ないですし扱いやすいと思います。
160718_3
かんかすさんの新作のキキは間に合わず…楽しみだったのになぁ。
160718_4
K'zさんのこんな作品見せられたらこれからのジオラマ製作もひねりの効いた物を作ってみたくなります。
160718_5
有名な水没ジオラマの人の作品も~
160718_6
見事なミリタリー作品も多かったですが
160718_7
やはりNIPCOMといえばキャラクタープラモですね。
160718_8
160718_9_2
160718_10
160718_11
160718_12
160718_13
このダンバインはこの角度の写真が正しいはずw
160718_14
一番驚いたのがこちらのバウ。
なんとペーパークラフトで変形出来ちゃうんです。
見た目も見事ですし素晴らしい~。
160718_15
美少女フィギュアもありますよ~。
色々作るけどフィギュアはちょっと苦手…というかイマイチ塗装の要領がわからんのでこういうの見ると凄いと思う。
160718_16
そして何げに気に入ったのがこのワンコw
やっぱり可愛いのはいいですね。
そして前後しますが前日の土曜はNAMの展示会でした。
こちらは見学だけでしたが流石に飛行機をメインに作っている方々なので見事な作品ばかり。
その中でも気にったのがこの二つです。
160718_17
飛燕風(?)の迷彩塗装をした震電です。
こういう塗装で再現されると本当にあったんじゃないかって思えてしまいます。
160718_18
もう一つは1/32のコルセアのクラッシュモデル。
話によると製作途中で猫に破壊されてしまい止む無くこのような作品にしたとの事。
いや~見事な発送の転換ですね!
こういうのは見習わなければいけませんね。
さて次の日曜はいよいよワンフェスです。
今回はまた面白いものがあるのかな~?

| | コメント (2)

2016年7月17日 (日)

明日はNIPCOM

今日は三条にて新潟エアクラフトモデラーズの展示会へ行きまして久々に飛行機プラモを満喫してきました。

明日もやっているのですが明日はNIPCOMなのです。
こちらはガッツリ参加してきますのでお近くの方は是非いらしてくださいね~。
Z

| | コメント (0)

«バンダイ 1/144 ミレニアム・ファルコン