2016年12月 2日 (金)

ガルウイング その4

今年中に完成するのか微妙になってきましたが久々の更新です。

161129_1
当初このように背景に建物を置く予定だったのですが、こうやってみると建物の右側の空間が出来てしまって何とも中途半端に見えてしまいます。
という事で少し変更して
161129_2
元々土台だった部分を堤防の一部と解釈して先端に灯台を置くことにしました。
161129_3
灯台はプラ棒とプラ板で製作。
中央の手摺り(?)部分は真鍮線をハンダ付けして作りました。
それとクリスマスシーズン直前という事もあり百均で点滅タイプのイルミネーションのLEDが売っていたので青色をチョイスして仕込みました。
正直点滅のタイミングはかなり早いんですが、そこは点滅優先という事で…
161129_4
道路先端には車止めを追加。
プラ棒に市販の丸モールドに穴を開けて輪っか状にした物をディティールとして接着しました。
161129_5
堤防の垂直面に真鍮線で手摺りを追加しました。
161129_6
道路の横と下の海となる部分に階段をプラ棒で作って取り付けました。
塗装の時に邪魔なのでまだ接着はしていません。
161129_7
サイド面に黒サフを吹いてマスキング。
んで普通のサフ吹いて
161129_8
グレー部分を塗装して色味のバランスチェック。
161129_9
レンガ部分は316ホワイトを軽く塗装した後に油彩で色を付けました。
茶色一色だと短調になってしまうので所々赤やら青やら緑やら色付けしておきました。
161129_10
そんでもって車止めにチェーンを繋いでそれっぽくしてみました。

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

ガルウイング その3

前回は含みのある終わり方をしましたが、ここで主役の車を作りましょう。
作るのはタイトルから想像できた人もいたと思いますが
1611121
タミヤのメルセデス・ベンツ300SLです。
1611122
特徴あるマルチチューブラースペースフレームは若干コツが必要ですが比較的簡単に出来るのは流石タミヤ様です。
1611123
ボディを載せるとこんな感じ。
1611124
デスドリビューターは真鍮パイプを取り付けてパイピングしやすいようにしました。
1611126
椅子の背もたれ部分はがらんどうだったのでプラ板を貼ってからポリパテで成形しました。
1611127
これで後ろから見ても大丈夫。
1611128
リアトランクのスジ彫りは若干浅く感じたので少し彫り込みました。
16111210
キッチンハイターを希釈した物を空き瓶に入れて、そこにメッキパーツを入れてシャカシャカしてメッキを剥がします。
16111212
サイドのエア抜き部分は実車では接着(溶接?)跡が無いようなのでパテで消してしまいます。
16111213
B18パーツの裏はエポパテで裏打ち。
16111214
内装パーツとボンネット裏、それとラジエーターに押し出しピンの跡があるのでここもプラパテで消します。
1611129
で置いてみた。
各パーツをバラバラにして塗装寸前まで来たんですが、ベースの色と相談して車の方は塗装色を決めたいのでこちらは一旦休止です。
Z
ウマズラハギ可愛いよね。

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

ガルウイング その2

161103_1

昨夜は久しぶりに夜釣りへ行ってきましてマアジ(最大25.5cm)を17匹ばかり釣ってきました。
数は少ないですがサイズはかなり大きくなってきているので釣っていて楽しいですね。
ただ夜はかなり寒くなってきているので防寒対策は必須です。
釣りはいいけど風邪ひいたらアホらしいですからね。
さてジオラマもちょいちょい進んでおります。
ベースの坂の端を階段状にすべく
161103_2_2
まずはアタリを鉛筆で入れて
161103_3
カッターでチョッキン!
161103_4
階段部分にプラ板を接着。
161103_5
その場合わせなので空いてしまった隙間はパテで埋めておきます。
161103_6
上面の路面部分もスパチュラとケガキ針でレンガのモールドを入れました。
161103_7
そしてここもモデリングペーストでコーティングします。
161103_8
バックには建物を置こうかと考え水平になるように土台部分をプラ板で作りました。
しかしこの後…続く

| | コメント (0)

2016年10月28日 (金)

ガルウイング その1

ここ最近は新潟は折角の秋だというのに天気があまり良くなくて、釣りへも殆ど行けなかったので新作ジオラマのアイデアを練っていた家主えりあんです、こんばんも~。

ジオラマのネタ作りというのは幾つか方法がありまして
161028_1
最初に作った「GARAGE」は元々ジオラマにする予定では無かったので、車からイメージを作り上げて行きました。
161028_2
「GARAGE2」も同じく車ありきのジオラマです。
161028_3
「SURF&COOPER」等のミニのビネットシリーズは同じサイズのベースでどれだけ遊べるかという事で台座が先。
161028_4
「GAS STATION」はオープンスペースのジオラマ仕立ての台座として作ったのでテーマが先。
161028_5
「FISHING!」は見て分かると思いますがアイデアが先に出来たジオラマです。
このようにどれを先に使うかによって色々と作業の順番が違ってきたりするのですが、今回は坂のある情景を作ってみようかという事でテーマが先という事になりました。
161028_6
そのうち何かに使えるだろうと思って買っておいた額縁が丁度いい大きさだったので、それをベースに工作用紙で基本的な形状を作り確認してみました。
車は何にするのかまだ決めていないので、ジャンクのミニを置いてイメージしています。
161028_7
大体のイメージは出来たのでスチレンボードを組み合わせてベースを作っていきます。
手前斜め部分はレンガ模様を彫り込んでみました。
中央部分の立ててあるパーツは上に貼る地面部分が歪んで凹まないようにするための物です。
161028_8
んで上面を貼り付け。
161028_9
ベースの側面には0.5mmのプラ板をセメダインのスーパーXで貼り付けました。
これは紙やスチロールにプラと素材を気にせず接着できるので重宝しております。
161028_10
側面のレンガ部分にモデリングペーストを塗りつけておきます。
161028_11
ここで使う車ですがタミヤの300SLがあったのを思いだし置いてみると中々良い感じ。
面白いアイデアも出てきたのでこれを今回は使う事にしました。

| | コメント (0)

2016年10月12日 (水)

GAS STATION 野外撮影

いつの間にか完成したGAS STATIONですが、天気が良かったので夕方野外撮影へ行ってきました。

まずはSANADAバージョンから。
161011_1
161011_2
161011_3
もっと晴れ間があると良かったのですが、それでも自然光での撮影はリアル雰囲気が出ていいですね。
そして日が落ちてきたら良い雰囲気になってきたので通常バージョンへ改装して撮影。
161011_4
161011_5
161011_6
161011_7
161011_8
161011_9
やはり夕日はドラマチックですね。

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

蒲田くん その3

今日は体育の日でしたがゴミ捨て以外で外へ一歩も出なかった家主えりあんです、こんばんも~。

薄曇りで気温の低い日は家で映画三昧が一番ですよ。
そんなわけで模型製作もあまり進んでいませんが少しだけ蒲田くんが進みました。
161010_1
素体はスカルピーで作りましたが体表のモールドはエポキシパテで進めていきます。
映画で見ると体のラインに対して縦のテクスチャーが貼られていたので、今回はそれっぽくモールドを入れました。
あまりゴジラっぽくは無いんですが人と違う表現方法も面白いんじゃないかと思いまして。
それと目は市販の丸モールド系のパーツが丁度いいサイズでしたのでそれを使う事にしました。
161010_2
背びれ含めてモールドを入れ終わった所です。
もう少しディフォルメを強くした方が良かったですかね?
どうしても資料画像を見ながら作るとそっちへ引きづられてしまいますね。
とりあえず今回はこのまま進めます。
161010_3
サフを吹いてモールドの確認です。
モールドの整合性が取れていなかったり消えていたりしていたら修正してこの後塗装へ入ります。

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

第二回 信州うえだ模型交流会その2

というわけでとてもに楽しかった信州うえだ模型交流会ですが、家主が出品したアレがどうなったかと言いますと

Ctvn2hqueae1ac_
ありがたい事になんとテーマ展示作品最終優秀賞をいただきました!
テーマの真田丸としては少し印象が薄いかなと思っていたのですが、投票していただいた方々の御陰でこのような結果となり本当にありがとうございました。
実は新潟の展示会でご覧になった方はおわかりかと思いますが、元々は普通のジオラマだった所を今回のテーマである真田丸にあわせて
Ctg0azjviaar6cz
こんな感じで外付け看板を作り、ウィーゴに真田の六文銭の旗を装備させて2日ほどで完成させたという無理やり作品なワケなのです。
テーマ作品として出したこのジオラマですが元の作品としてはテーマが無いというのがテーマ(?)でして、なんのこっちゃかと言いますとカーモデルのジオラマは飾ってある車ありきなんですがこれに関しては車が無い状態が完成なのです。
というのもジオラマ製作というのは作った事の無い人にはやはり敷居が高いようでして、興味があるけど中々作る事までいかないというのが現状だと思い、イベントなどで空のまま展示してカーモデルだけ作ってきた方々に好きなように展示して遊んでもらおうという作品なのです。
なので変にテーマがあると遊び辛くなるんじゃないかという事で、なるべくオールマイティに遊べるように作ったのです。
それでも1960~70年頃のアメリカのイメージなので日本車や最新の車は似合いませんが…
さて今回の展示会でかなりやる気をいただきましたので次はどんなのを作りましょうかね~?

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

第二回 信州うえだ模型交流会

週末はあの信州うえだ模型交流会へ行ってきた家主えりあんです、こんばんも~。

昨年の盛況ぶりをTwitterで見て今年こそはと参戦を予定していたのですが、気が付けば一般参加の締切も過ぎ今年は見学だけになりそうかなと思っていたところ、テーマコンテスト参加の方は当日も受け付けていただけるという事で、GASSTATIONのジオラマをテーマの真田丸バージョンに改良して持ち込んできました。
結果はさて置きこのイベントの凄い所は模型誌で活躍しておられる方々が何人も参加していたり、今年はハセガワのボックスアートを描かれている加藤単駆郎さんの絵の展示もあったり、更にはご本人が登場してご自分の描かれたボックスアートの解説までしてくれるという、普通の地方の模型イベントとは思えないところなのです。
ではいつもの様にそんな凄い作品の数々をどうぞ!
1610031
どうみても本物。
でも実は1/32なんです。
1610032
人の数だけストーリーがあるんですね。
まるで会話が聞こえて来そうでした。
1610033
クラシックカーもプロの手に掛かればこの通り。
1610034
目測ですが50cmくらいのブロケードランナーです。
レジンキットに電飾入れてあるのですが凄い労力だったと察します。
ちなみに手前のAウィング・Xウィング・Bウィングはプラ材からのフルスクラッチだそうです。
スゲ~ですよ。
1610035
このリアルな可愛さたまらんです。
1610036
このトラックも物凄く気に入りました。
全体の細かい製作も然ることながらコンテナ内部の塗装はリアル!
でも実車は全然こんな感じじゃないってご本人がおっしゃってました。
この辺は模型ならではの見せ方の上手さなんでしょうね。
1610037
今や模型業界のネットアイドル(?)小森けい巨匠のちびまる赤城。
艦船は苦手という事でしたが嘘でしょ?
1610038
スカルピーでのフルスクラッチのシン・ゴジラ。
少ない資料で苦労したとの事ですがこの迫力!
あまりに大きいのでオーブンに入らないのでは?と聞いてみた所、各部を分割してあってネオジム磁石で着脱できるようになっているという事でした。
そして頭部も通常頭と口の開いているバージョンの二つがあって、これも磁石で付け替えが可能になっておりました。
目から鱗ですね~。
1610039
ガンプラ関係ではこのバルバトスが格好良かったです。
作品のイメージにピッタリの汚れた塗装が素晴らしかったです。
16100310
こちらのフルアーマーデュエルガンダムもガッシリした感じが好みでしたね~。
16100311
真田丸がテーマのコンテストにはこんな可愛いさにゃだ三代がw
16100312
コンテストはネタ物が多かったですが、ここまでするとガチにしか見えませんよ。
いえむしろガチで作ってますね。
16100313
どうみても本物PART2。
少なくともサムネで見たら間違えますね。
お店の中まで作りこんであって感動です。
瓦とかどうやって作っているんでしょうね?
16100314
凄い艦船模型を作るR工廠さんが1/700のトムキャットを持ってきてくださいました。
小さすぎて写真じゃ分からない…でも老眼な目ではもっと分からなかったので百均でルーペ買ってきて見てました。
とりあえずR工廠さんは変態という事は分かりました←褒めてます。
また長々とお話させていただきありがとうございました。
16100315
単品展示なのに何かドラマを感じさせてくれます。
16100316
本当にありそうな街角でのひとコマ。
もちろんジオラマも良いのですがこのミニの色がたまらないんですよ~。
16100317
ツヤ有り系ではこちらのテスタロッサが美しかったです。
エンジンのアップ撮り忘れてて凹むわぁ。
16100318
こちらのタミヤのスープラ改造のワイルドミッション版スープラも良かったです。
あまり改造はやられないそうですが全然そんな風に見えないのは基本工作がしっかりしているからなんでしょうね。
16100319
こちらのジオラマはこの角度から見るとタイトルの意味がわかるという作品。
たしかに上から見た時はこの人の目線が不思議だったのですが、ここから見るとなるほど納得です。
16100320
個人的にスペシャルだったのが二日目に奥川康弘さんが作品を持って来場してきてくれた事です。
ほんと凄いんだよ~何時間でも見ていられるんだよ~(*´ω`*)
16100321
ラストは加藤単駆郎さんのスペシャルイラストと…。
ハセガワさんこれ商品化しましょうよ。
とついいつもより多めの紹介となってしまいましたが、写真がヘボかったりしてまだまだ紹介したりないというのが本音です。
残念ながら来年は会場の目処が付かないという事で一年お休みの予定という事ですが、今度は是非一般ブースで展示させていただきたいですね!
その為にはもっと精進せねばならんですなぁ。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

蒲田くん その2

エポパテにて製作していた蒲田くんですが

160913_2
スカルピーにて作り直ししました。
というのも生物表現はこっちの素材の方が楽と今更ながら気が付いたという次第です(^^;)
ちなみに普通のスーパースカルピーだと自分には少し柔らかくて作りづらいので、スーパースカルピーとグレースカルピーを混ぜた物を使っております。
そして蒲田くんのお供の某OLさんも作ります。
160913_3
フィギュアの方は顔だけ作りやすいようにスカルピーで製作。
これを焼いて硬化させたら
160913_4
おゆまるで型取りしてエポパテで複製。
これを修正しつつフィギュアの方を作っていきます。
160913_5
プラ板でノートPCを製作。
160913_6
こんな感じで進めていきますよ~。
そして明後日はシン・ゴジラの発声可能上映へ行ってきます!
そこで
160913_7
こんなアイテムを作ってみたので持っていこうかとw
もちろんペットボトル等の外からのは持ち込みは禁止なので空ですよ~。
これがあれば落ち着いて観られるはずだ!

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

蒲田くん その1

皆様、噂のシン・ゴジラはもう観ましたでしょうか?

面白いというより凄いというのがピッタリな映画なのです。
個人的に怪獣や恐竜映画は大好きなのですが、この映画はもう何度観に行ったことか。
そろそろガルパンおじさんを笑えなくなってきております。
そのシン・ゴジラですがやはりこの勢いで何か作りたいのです。
そこで久しぶりにイラストを描いてあれを立体化する事にしてみました。
160909_2
そうです、ゴジラ第二形態事蒲田くんです。(いや逆か?)
大人気ですよね蒲田くん。
そしてチラっと後ろに見えているのがもう一つの人気キャラの尾頭さん。
この二つを合わせてディフォルメ調で造ろうかと思います。
160909_3
特徴のあるエラを付けて
160909_4
アルミの芯を入れてエポパテ巻いて尻尾追加。
まだ尻尾は細いですが後で太くします。
160909_5
後ろ足その1
160909_6
後ろ足その2
160909_7
口をもう少し裂け気味にしました。
久々の造形ですがちゃんと出来るかちと不安でございます。

| | コメント (0)

«第25回 日本海クラシックカーレヴュー