2020年3月21日 (土)

アオシマ 1/24 ランボルギーニ・カウンタックLP400 復活編 その2

今回のカウンタックはボディのみの製作というのは前回書きましたがそれだけでは芸が無い。

なのでリトラクタブルのヘッドライトを開閉できるようにします。

200321-1

まずはボディ裏のヘッドライトのカバー部分の接着位置の凸モールドを削り取ります。

200321-2

そしてヘッドライトの工作ですが、

①の面を1mmほど削り真鍮パイプを接着。

②真鍮パイプに丁度いい径の真鍮線を用意。

③切り出したプラ板に①と同じ径の真鍮パイプを接着。

200321-3

①と③を組み合わせて真鍮パイプを差し込めば完成です。

工作は簡単なんですが位置決めが微妙でキチンと開かなかったり隙間が出来たりするので思ったより時間が掛かりました。

200321-4

接着はまだしませんがプラ板部分をこの位置に固定すればOK。

200321-5

パッカ~ン!

200321-6

そして

200321-7

両目開き~!

200321-8

接着位置がズレないようにプラ板の周りに細いプラ棒で囲いました。

200321-9

さていよいよ塗装ですが色はどうなるでしょう?

 

 

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

アオシマ 1/24 ランボルギーニ・カウンタックLP400 復活編 その1

ここしばらくはルノー5を作っていましたが、展示予定だった静岡ホビーショーが中止となってしまったので一旦中止し、地元模型店のコンテスト用にカウンタックを作ろうと思います。

と言っても一から作ると間に合わないので、以前作ったオレンジのLP400のボディだけ作り直すことにしました。

なんでボディだけ?とお思いの方もいると思いますが、実は保管時にケースの中で滑らないように車のダッシュボードなどに使う滑り止めを置いていたのですが、これがボディと接触しなんと溶けてしまったのです。

200308-1

画像はコンパウンドで何とかならないか試した後なので少し分かりにくいですが点々と跡が残っているのが分かるかと思います。

こんな状態なので最近は展示会にも持って行かなかったのですが、ダメなのはボディだけですし、キャノンボール仕様のLP400Sを作った時にジャンクになったウルフ2号車とQVがありましたのでこれを使ってLP400を再生しようという分けです。

200308-2

まずは各パーツを取り外して使えそうな物だけシンナー漬けにして塗装を落とします。

200308-3

シャーシはご覧の通りディティールアップ済みで問題ナッシング。

200308-4

フロントバンパーも再利用です。

実はこれスリットを全部抜いてるんですよね…ちょう面倒くさかったのでここだけは無くしたりできません。

200308-5

とりあえずウルフ2号車だけで何とかなりそうなので引っ張り出してきました。

200308-6

まずはボディを軽くヤスってヒケを探して瞬着盛ってヤスって消しました。

200308-7

エンジンフードもスリットの穴開けをしていたので再利用です。

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

第一回 松本城下町モデルコレクション

皆様お久しぶりです。

二月はワンフェスへ行ったり、急いで頼まれ物を二つほど作らねばならなかったので更新できずすみませんでした。

そして先週の土日は長野の松本で松本城下町モデルコレクションという展示会を行うというので参加して参りました。

ご存じの通り新型コロナウイルスの影響でどんどんイベントが中止となっている状況で、このイベントもどうなるかと思っていましたが何とか無事に開催されることになり安堵しました。

それでも参加者はマスク着用、会場入り口にはアルコール洗浄剤を完備という状態でしたがこれはむしろ運営を誉めねばいけませんね。

ではいつものように気に入った作品を紹介させて頂きたいと思います。

Zz1

まずは新潟のバーリンデンことポカモトさんのM8のジオラマ。

先日行われたAM誌の泥コンの大賞に選ばれた作品です。

昔からポカモトさんの作品は大好きなんですが、大賞に選ばれるとは流石です…ほんと嬉しいよ。

Zz2

お次はおがっぱさんのミニ軍団です。

全部違うバージョンで仕上げているのが素晴らしい。

知らないタイプもあったりしてミニは奥が深いなぁ。

Zz3

運営のお一人おすとろんさんの1/12フィアットT806。

イタレリの皮を被ったプロターのキットをここまでしっかり作り込んでるなんて凄い!

これが完成した時にTwitterで「レンガ仕立てのベースが似合いそう」みたいな事を自分がつぶやいたら本当に作ってきてビックリ!

Zz4

フジィさんの1/48ホルテンは綺麗な木目塗装とメタリック部分が調和して美しかった。

Zz5

ドツボの塗装でお気に入りだったのがMIYAさんの1/48ワイバーン。

退色表現の仕方とか色々お聞きして勉強になりました。

Zz6

キャラ物一発目もポカモトさんのブリザードガンナー。

いつも思うけど差し色の使い方が上手いんだよなぁ。

Zz7

3Dプリンターで製作したゲア・ガリングを作ったのはROCKETさん。

大きな作品なので個別にプリントして合体させているそうです。

Zz8

アナベル・サトーさんのシナンジュ・スタインの連作の新作はハンブラビ。

ネタになるキットのパーツは使わない方針だそうで、意外なパーツが使われているのを発見するのはスターウォーズメカと一緒かも?

Zz9

コジマックスさんのマラサイは独特の塗装で惹きつけられました。

重ね塗りの方法はカーモデルやバイク何かにも使えそう。

Zz10

クララさんのギャンはゲルググのライフルと盾を装備していました。

全然違和感無いもんですねぇ…カッチョイイよ。

Zz11

会場にはこんな懐かしい奴もw

最初のスター・ウォーズブームの時に発売されていたパチモンキットですが、完成したのは初めてみましたよ…。

・・・・・・・・・・

さてここからは今回のコンペ作品を二つほど紹介させていただきます。

Zz12

最初はやっぱりポカモトさんの作品のsd.kfz232。

やっぱ神業の塗装だよねぇ。

Zz13

お次はこちらで知り合ったsho taroさんのF40。

作りも素晴らしいですが、全体の配置の仕方が絶妙でした。

なんと自分と同じ新潟市にお住まいという事で、まだまだ地元には凄いモデラーさんがいるんですねぇ。

・・・・・・・・・

そしてここからはゲストお三方の作品です。

Zz14

まずはお馴染み改造しちゃアカンで有名な松本州平先生のメッサーシュミットです。

先日発売されたばかりの本の表紙になった作品です。

もうすっかり改造しなきゃイカン状態(笑)でプロの凄さを感じますね。

Zz15

こちらは松本先生のオリジナル作品の震電夜間戦闘機。

まるで実物があるような説得力がありました。

Zz16

こちらはあのユーロミリテールで金賞を受賞したzipp齋藤さんの製作したミニ。

ミニ好きにはたまらんですよ。

Zz17

そしてカーモデルのジオラマと言えばこの人、奥川泰弘さんですよね。

見どころ満載でどう表現していいのか分からない…。

Zz18

二階建てバスもこんなにオシャレになってます。

もちろん内部も見せ場なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ素晴らしい作品が沢山ありましたが、話に夢中で結構写真を撮り忘れていたりして全部紹介出来ないのが残念です。

今回コンペの他に色々と賞があったのですが、なんとえりあんブースに実行委員会特別賞を頂きました!

Zz19

 

Zz20

疲れて半分寝落ちしていた所へ貰ったのでまるで夢のようでした。

実行委員会の皆様ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな第一回松本城下町モデルコレクションでしたが本当に楽しかったんですよ。

展示会も和気藹々としてましたし、土曜の懇親会も面白かったし、更にはゲストの方々と二次会にも行ったのですがここには書けない内容で、模型話とは別の方向で面白かったです。

こちらのイベントはこの先10年は続けたいという事で、早くも来年が楽しみでなりません~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてここで残念なお知らせが。

なんと新型コロナウイルスの影響で静岡ホビーショーの中止が決定してしまいました。

一時は開催か?なんて話もありましたが連日の自粛ムードが止めを刺したのでしょうか…。

年に一度の祭典だけに残念ですが今回ばかりは仕方ありませんね。

Twitter上ではホビーショーの日に向けて何かやろうなんて話もありますが、家に籠って遊べる模型製作なのでそういうのも楽しいかも。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その6

今回はヘッドライトの工作です。

ここは改造必須箇所なのです、なぜならばこのキットのヘッドライトの透明パーツはマジックで記した箇所に接着するだけで、内側のミラー部分が無いのです。

これでは流石に立体感が損なわれるので

200131-1

ボディ側のヘッドライト貼り付け部分をカット。

200131-2

これでもう後戻りはできません。

200131-3

そしてシャーシ側のヘッドライトの基部にあたる部分も切り落とします。

200131-4

ボディと合わせて確認します。

200131-5

シャーシ側の受け部分をプラ板を貼って塞ぎます。

200131-6

そこにメンタムを塗ってからエポパテを仕込んで、マスキングしたヘッドライトをムニュ~っと押し付け半硬化したら取り外して完全硬化させます。

200131-7

形を整えて裏のミラー部分を削って凹ませ、中央に真鍮線を差し込みバルブを再現します。

200131-8

ボディを被せてチェック。

やはりキットより断然良いですね!

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その5

今日はちょっとこまごまとした所の製作です。

200126-1

インテリアなんですがドアの内張があまりにも実車とかけ離れていたので、プラ板とプラ棒で自作しました。

面倒くさそうに見えますが意外と簡単な工作です。

200126-2

後部ハッチのヒンジですが、閉じた状態だとかなり目立つ感じがしたのでギリギリまで小型化しました。

200126-3

前後のワイパーなんですが基部はプラモのパーツをシャープにして使い、ブレード部分だけグッスマのエッチングパーツを使いました。

微妙なカーブは力業を発動w

200126-4

小さすぎてよく分かりませんがディストリビューターをプラ棒と極小のバーニアパーツで製作。

200126-5

またまた問題の箇所のホイールなんですが、実車の物とは似ても似つかない…。

それでも車に似合ったデザインならいいんですが、どうみてもこんなのねーよって感じだったのでジャンクパーツを漁ることに。

200126-6

①キットのホイール

②キットのホイール+キットのタイヤ

③ジャンクのホイール

④ジャンクのホイール+キットのタイヤ

お?これなら似合うんじゃね?

という事で上手くタイヤがハマるように加工して

200126-7

車体への取り付けは丸棒をホイールに接着して差し込む方法にしました。

200126-8

本当はリアはサスからホイールへ軸が出ていたんですが、前輪と同じ取り付け方法にした方が楽だし強度も出そうだったので変更しました。

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その4

最初の方でドアの窓枠を作ったのですが、どうも薄すぎる感じがしたので

200123-1

もっと太めのプラ棒で

200123-2

作り直しました。

200123-3

エンジンは車体に直接接着する方式なんですが、前方に引っ掛ける部分の隙間が大きくエンジンが左右に振れてしまうので両側を少し埋めてやりました。

200123-4

そしてまた一つ問題が。

左右のアップライトを繋ぐシャフトの取り付けが上から差し込むだけで、しかもスカスカなのでこのままでは抜け落ちてしまいます。

200123-5

なのでアップライトの赤矢印部分を少し長めの1mm真鍮線に変え、黄矢印部分のシャフトの穴をプラ棒で一旦埋めてから1mmの穴をあけて

200123-6

合体。

200123-7

つながる部分の真鍮線を長めにすることで外れなくなりました。

そしてエンジンは殆ど補器類が無いので

200123-8

プラ板やプラ棒、エポキシパテを総動員して作っていきます。

結構追加しましたがまだ足りません。

でもやり過ぎるとボンネットが閉まらなくなってしまうのでほどほどにしとかないといけませんね。

200123-9

排気管を取り付けてみたらかなり適当な感じだったので、赤くした部分をプラ棒で作りエンジン方面に向かっているようにしました。

200123-10

ボディを載せて色々と確認です。

まだまだ続きますよ~!

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その3

一月も中頃になりつつありますのでルノー5再開です。

と言っても工作は昨年やったんですけどね。

200112-1

問題のフロントグリルですね~。

200112-2

左側に合わせると右が浮き、その逆もまたしかり…

デザインも探した資料と全然違うのでプラ板を切った貼ったをして

200112-3

こんな感じに仕上げました。

強度の問題でグリルの裏側へは貫通していませんが下手に壊れやすくなっても本末転倒なので。

200112-4

エンジンフードは別パーツなので開閉できるようにします。

ヒンジはこんな風に。

緑矢印は真鍮パイプ。

黄色矢印は曲げた真鍮線。

赤矢印はプラ棒にピンバイスで穴を開けた物。

ちなみに真鍮線はプラ棒の方に接着してあります。

200112-5

実は3~4回作り直してようやくここまできました。

次はシャーシとの組み合わせ箇所なんですが

200112-6

後部の矢印部分にプラ板を貼って

200112-7

シャーシの出っ張りを差し込んだら外れにくいようにしました。

今度はリアハッチですが、ここも別パーツなので

200112-8

円仁フードと同じようにヒンジを作りました。

200112-9

カパッ!

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

あけましておめでとうございます

遅まきながら新年明けましておめでとうございます。

本年も色んな所へ出没すると思いますので宜しくお願い致します。

さて年末年始に何をしていたかと申しますと

200109-1

マイクロエースのボンネットバスを作っておりました。

ここ最近の年末年始はTwitter上でのコンペが色々と行われるのですが、今年参加したのは「1/32オーナーズクラブコンペ」です。

マイクロエースのオーナーズクラブかそれに準ずるスケールのカーモデルならOK、ただしオール筆塗りでの塗装とデカールの使用は禁止というコンペです。

筆塗りは苦手なんですがクレオスの水性塗料が新しくなったという事でこれを使って塗装してみました。

200109-2 

200109-3

200109-4

200109-5

200109-6

200109-7

製作途中はすっ飛ばしましたが基本素組みです。

ネタはコズミックホラー小説の巨匠H.P.ラヴクラフトの代表作の一つ「インスマスを覆う影」に出てくるバスです。

灰色のバスという事以外ほとんど不明なのですが、舞台がアメリカなので日本車じゃ変かなという事で同じクトゥルー神話の小説で日本が舞台の小中千秋さんの小説「陰洲升を覆う影」バージョンのバスにしてみました。

新水性塗料の感想としては瓶生の状態だと同じクレオスのラッカー系とよく似た感じでした。

しかし薄め液を少量追加するだけでかなり塗りやすくなるという印象でした。

サフとクリアーは缶スプレーを使ってもOKという事でしたので塗装順としては、

缶サフ・マホガニー

水性グレーとホワイトを平筆に(混ぜないで)適当に付けて筆塗り

缶のスーパークリアー艶消し

油彩とエナメル塗料で汚し入れ

というやり方で行いました。

特筆すべきは、なんとこの新水性塗料はラッカー系の塗料の上塗りがエアーブラシや缶スプレーでなら可能だという所。

これで油彩の汚しも可能になりましたので非常に便利になりました。

ラッカー系より筆塗りしやすいので、これからは重宝しそうな予感です。

コンペの作品は#オナクラコン完成のタグで見られますので是非検索してみてください。

面白い塗装や一風変わった改造を施した作品たちが見られますよ~。

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

大晦日だよ全員集合!

今年もあっという間に後3時間ほどで終わってしまいますね。

令和元年という事で色々とイベントも盛り上がりましたが、えり庵的にはやはり模型です。

という事で恒例の今年作った模型のレビューです。

191231-1

まずは年末年始にTwitterで行われた旧キットコンペで製作したアオシマのムゲンランドキャリバーです。

そのまま作ったのではつまらないのでバックパックの右にミサイルポッド、左にバルカン砲を装備させてみました。

設定とは随分バランスが違うのですが、基本的にあえてそのままとしディティールアップのみに留めました。

191231-2

次はハセガワのセリカ1600GT、所謂ダルマセリカです。

実は新製品の頃製作を始めたのですが、中途半端な所で放置してしまった物を久しぶりに引っ張り出して完成させました。

屋根はレザートップ仕様にしています。

191231-3

引き続きカーモデルです。

またもやハセガワの製品ですがワーゲンTYPE2の荷台を延長してオリジナルの積載車仕様として作りました。

191231-4

お次はプラモではありません。1/24カーモデルなどの展示用ベースです。

アメリカのアパートの裏庭という雰囲気にしてみました。

191231-5

半年ぶりのキャラ物です。

バンダイのHGUCザクの上半身にオリジンザクの下半身を合体させて、好みのバランスの06Cを作りました。

ベースのサラミスはプラ板製ですが、ちょっと主砲は大きすぎましたかね?

191231-6

今年はハセガワのキットをやたら作っている気もしますが、こちらもハセガワのファイター1です。

若干のディティールアップのみを施してあります。

191231-7

同じくハセガワのファイター2。

そういえばファイターの製作記事を上げるの忘れてました。

191231-8

少し間があって年末のホビーロードコンテスト用に製作したアオシマのホンダステップバンです。

5ドアのバンタイプをオリジナルの3ドア仕様として製作しました。

結果は残念ながら圏外…しくしく(T T)

でも楽しかったからいいの。

191231-9

12月と言えば先日完成したサンタ2019です。

Twitterで妙に人気のタミヤのストリートライダーをサンタに改造しました。

何故かアーマーモデリング誌に掲載されるというオマケつき。

トナカイは必要でしょうという事で、フジミの神奈川県警仕様のモンキーをそれっぽく仕上げました。

19123110

そして実は昨日完成したばかりの新作ジオラマ。

タイトルは「惑星コウグからの侵略」です。

19123111

フジミのミニをニパ子の宇宙船にする為に屋根をエポパテでダンゴムシにし、下面はジャンクパーツなどでメカメカしくしました。

19123112

フィギュアはマスターボックスの警官を改造しました。

19123113

あまりに馬鹿らしい作品で今年を締めくくれたのは俺らしくて良かったかな?

これで今年は合計10個ですがジオラマ(ヴィネット)も多かったので作品数としてはこんなもんでしょうか?

普通に作るよりこれからも一風変わった作品を作り続けられればいいな~と思っております。

それでは来年もヨロシク!

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

ちょいワルサンタがやって来た

メリークリスマス!

今月のアーマーモデリング誌をご覧になった方はご存じかと思いますが、タミヤのストリートライダーを改造してサンタを作っていました。

しかし実は単品での完成ではなくて、バイク&ベースとのセットで完成なのですよ。

191224-1

バイクはフジミの神奈川県警白バイ仕様のモンキーを小改造した物です。

塗装はトナカイ風に茶色にしたのですが、どうも地味で面白くないので濃い目のクリアーオレンジをラップ塗装で仕上げました。

191224-2

ベースは百均で色々と揃えて作りました。

191224-3

191224-4

191224-5 

191224-6

年内にもう一つ完成したいと思いますが、そちらもネタ物になります~。

| | コメント (0)

«イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その2