2016年9月13日 (火)

蒲田くん その2

エポパテにて製作していた蒲田くんですが

160913_2
スカルピーにて作り直ししました。
というのも生物表現はこっちの素材の方が楽と今更ながら気が付いたという次第です(^^;)
ちなみに普通のスーパースカルピーだと自分には少し柔らかくて作りづらいので、スーパースカルピーとグレースカルピーを混ぜた物を使っております。
そして蒲田くんのお供の某OLさんも作ります。
160913_3
フィギュアの方は顔だけ作りやすいようにスカルピーで製作。
これを焼いて硬化させたら
160913_4
おゆまるで型取りしてエポパテで複製。
これを修正しつつフィギュアの方を作っていきます。
160913_5
プラ板でノートPCを製作。
160913_6
こんな感じで進めていきますよ~。
そして明後日はシン・ゴジラの発声可能上映へ行ってきます!
そこで
160913_7
こんなアイテムを作ってみたので持っていこうかとw
もちろんペットボトル等の外からのは持ち込みは禁止なので空ですよ~。
これがあれば落ち着いて観られるはずだ!

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

蒲田くん その1

皆様、噂のシン・ゴジラはもう観ましたでしょうか?

面白いというより凄いというのがピッタリな映画なのです。
個人的に怪獣や恐竜映画は大好きなのですが、この映画はもう何度観に行ったことか。
そろそろガルパンおじさんを笑えなくなってきております。
そのシン・ゴジラですがやはりこの勢いで何か作りたいのです。
そこで久しぶりにイラストを描いてあれを立体化する事にしてみました。
160909_2
そうです、ゴジラ第二形態事蒲田くんです。(いや逆か?)
大人気ですよね蒲田くん。
そしてチラっと後ろに見えているのがもう一つの人気キャラの尾頭さん。
この二つを合わせてディフォルメ調で造ろうかと思います。
160909_3
特徴のあるエラを付けて
160909_4
アルミの芯を入れてエポパテ巻いて尻尾追加。
まだ尻尾は細いですが後で太くします。
160909_5
後ろ足その1
160909_6
後ろ足その2
160909_7
口をもう少し裂け気味にしました。
久々の造形ですがちゃんと出来るかちと不安でございます。

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

第25回 日本海クラシックカーレヴュー

毎年9月の最初の日曜は日本海クラシックカーレヴューの日です!

今年は残暑厳しい中での開催でしたがゲストに高橋国光氏が来るなど素晴らしい一日となりました。
160904_1
160904_2
160904_3
160904_4
160904_5
気になるのはこのような外国車がメインなのですが、そんな中に気になった一台の国産車がこれです!
   ↓
160904_6
耳とリボン付きの可愛いサンバー!
まさか旧車とこのようにデコレーションするとはw
いや~旧車ってほんとうに楽しいですね!

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

バンダイ ゴーイング・メリー号

夏の展示会シーズンも終わったので友人の誕生日プレゼント用にバンダイのゴーイング・メリー号を製作しました。

160903_1
160903_2
160903_3
基本的に素組みを塗装した物ですが、大砲の砲口を開口したのと錨の鎖を追加しました。
それとそれだけですと芸が無いので海面のベースを作ってヴィネット仕立てとしました。
少し海面の色が鮮やかすぎるかなとも思いましたが、逆に船体のを引き立ててくれて良かったかな。
このキットはスナップですしパーツは少ないので簡単かなと始めたのですが、意外と塗り分けが多くてマスキングが大変なんですね^^;
そういえば帆船のプラモって初めて作りましたが楽しいかも…。

| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

上越模型展示会

毎年8月最終の土日は上越模型展示会という事で今年も参加してまいりました。

今年は土曜から沢山の完成品が並び賑わっておりました。
今回家主はようやく見栄えのしてきた”GAS STATION”
160829_1
ミニ・クーパーのヴィネット三部作。
160829_2
スター・ウォーズ関係と先日完成したばかりのサボイア等を持ち込んできました。
160829_3
上越の展示会ではアンケートを採っているのですが、ありがたい事にGAS STATIONとサボイアがかなりの人気だったようです。
ではいつものように幾つか作品の紹介をば~
160829_4
在りし日のノリックの勇士ですがポイントはヘルメットから覗く髪の毛。
ドールの髪を使っているようで実にリアルに見えました。
160829_5
カーモデルも賑わっておりました。
160829_6
アリイのオーナーズクラブからの改造したパブリカスポーツ!
いつか1/24で作ってみたい車です。
160829_7
そして飛行機はなんと言ってもこのヴィクター。
何度見ても凄いです。
160829_9
ハセガワのA帯の雷電。
このシリーズお手頃価格でいいですよね。
ちゃんと作ればこの通りですし。
160829_10
いつもながらポカモトさんの見事なヴィネット軍団。
160829_12
フジミの艦NEXTの大和!
エッチングも使った力作です。
160829_13
会場のお子様達の大人気だったのはこのZゲージのアタッシュケースジオラマ。
やっぱり動くものは大人も注目しちゃいますよね~。
160829_14
ガンプラももちろん大量展示。
160829_15
このイシュキックは当時のキットをバラして作り直したそうですよ。
アリイのキットに見えん…スゲー。
160829_16
イデオンですね…イデオ…ん?
波動ガン…いや波動砲ガン!?
160829_17
こんな格好いいゴジラのジオラマも~。
160829_18
早くもシン・ゴジラがやってきました。
上越の展示会はネタありバリエーションに富んだ作品達が魅力ですよね~。
また来年も参加させていただきます。
さてこれにて家主の今年の展示は終わりです。
これから一年間次の展示会へ向けて精進せねば。
おまけ
160829_19_2
日曜の朝は直江津港の第三防波堤へ釣りへ行ってきました。
ここでの釣りは初でしたが流石に夏休み最後の日曜という事もあって満員御礼、6時には一旦入場制限になっていたようです。
この時期なので釣るのは小物以外難しいかなとは思ってましたが流石にルアー釣りでは反応無かったですね。
HPの釣果を見てもやはりルアーで釣れてそうな魚はいなかったですし。
ランガンで移動できればまた違ったのでしょうが人が多くて動けないとなると厳しかったです。
ただ隣の黒井突堤は春のイナダとサワラが名物ですから、5月頃はここも物凄い事になりそうですね。
この日は海中を見ると豆アジやシマダイの子供や鉛筆サイズのサヨリが結構いたのでサビキならそれなりに釣果は出そうでした。
8時半頃撤収して帰る途中に数十匹のアオリイカ(15cmくらい)の群れがいたので狙ってみるのも楽しそうです。
ただ残念ながら発見した所は釣り禁止エリアだったので指を咥えて見ているだけでしたが…
ここは水深もありますしポテンシャルは高そうなので次回は良い釣座を確保して大物を狙ってみたいですね。

| | コメント (2)

2016年8月23日 (火)

ファインモールド 1/48 サボイアS.21その2

週末は8月の最終週末恒例の上越模型展示会という事で、先月作ったサボイアをアップデートして持っていくことにしました。

160823_1
これ何か足りないですよね?
そうです、肝心のポルコ・ロッソと海面の波が無いんですよね。
波の方はこれはこれで綺麗に見えるのでそのままでいいかな?とも思っていたのですが、どうせなら追加しようという事にしました。
160823_2
やり方は簡単。
グレインペイントを調色スティックに少しづつ乗せながら盛り付けていくだけ。
ただバラバラだと波の不規則な中の規則性が無くなってしまうので気をつけて盛り付けます。
160823_3
夏なのでガンガン乾いて行くので手早くやって行かないと大変。
これにポルコを塗装して乗せれば
160823_4
160823_5
160823_6
160823_7
ポルコはそのままだと面白く無いので首を傾けて動きを出しました。
それともう一つポルコの立像がオマケで付属してありましたのでこちらも塗装しました。
160823_8
160823_9
160823_10
あ~これでスッキリした。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

ガスステーションその6

まさかオリンピックで吉田沙保里が負けるなんて思いもしませんでしたが、ついに人類が吉田沙保里を倒した日という事で世界的に祝日にすればいいと思っている家主えりあんです、こんばんも~。

ウィーゴ2号機はちょっとボロっちくしてみました。
A_1
A_2
建物はもう少し情報量を増やしたいので吊り看板を作る事にしました。
A_3
ネットで拾ったフリー素材の木目のテクスチャーに文字を入れて印刷。
それを木片に貼り付けて汚しを入れて完成です。
A_4
吊り金具は0.3mmの真鍮線で作りました。
もう一つ屋根の上にコカ・コーラの看板を置くことにしました。
A_5
これまたネットで拾った画像を印刷して
A_6
看板はプラ板とプラ棒で製作。
A_7
裏の支柱は真鍮線を曲げた物です。
A_8
はめ込むとこんな感じに。
A_9
A_10
仮に置いてみましたが良いですね~。

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

ズベズダ 1/35 T-35 その1

ちょっとガスステーションの方が煮詰まってきたので気分転換にズベズダのT-35を作る事にします。

160816_0
この戦車なんと砲塔が5つもある多砲塔戦車なのでかなりデカイ…というより長いです。
T-35と言えば30数年前、家主がまだ高校生くらいだった頃にタミヤニュースにフルスクラッチのジオラマが掲載されておりまして、あまりのインパクトに当時少ない資料を探しフルスクラッチをしようとしたのですが、結局一番小さい砲塔を2個作っただけで断念した思い出があります。
その後ICMやホビーボスからキット化されましたが今一つ満足できず、ここへ来てようやく満足できそうなズベズダ製のキットが発売されましたので即購入となりました。
そんな思い入れのあるT-35ですが、ネットで資料を探しても写真はそこそこ出てくるのですが細部のよくわかる物は殆ど無し…
仕方ないので分かった部分の修正と感でディテールアップをしつつ作ろうと思います。
160816_1
車体後部サイドのエンジンの吸入口ですが普通にプラのモールドなので、薄く削って切り出したステンレスのメッシュを貼り付けました。
160816_2
反対側もあるので左右計2箇所工作します。
そして車体に接着。
160816_3
排気管は塞がってしまっているので、ピンバイスである程度の穴を開けたらリューターで削って大きく開けました。
160816_4
ここだけはやっておきたい部分ですね。
160816_5
工具止めは削ってから0.1mmのプラ材で作り直しています。
160816_6
しかしまぁこのキットの平らな部分にヒケがあるので修正が大変です。
リベットだらけのパーツとかほんと地獄です。
ここで小砲塔の気になった部分を改修です。
小砲塔の前部分のパーツは合いが悪いのか、それともそういう物なのか不明だったので接着後ヤスリで綺麗に面合わせをしていたのですがどうやらちょっと違うっぽい。
どうも最後に前の部分を溶接して面合わせはしていないようなのです。
という事で三角プラ棒を貼って
160816_7  
削って修正しました。
160816_8
ふぅ~資料あっても怖いけど無いのも怖いぜ~(´Д`;)

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

ガスステーションその5

メカトロウィーゴをジオラマの背景の一つとして置いてみたのですが実に面白い。

という事で
A_1
A_2
もう一つウィーゴを作って
A_3
A_4
こんな風に人間の代わりに使ってみることにしてみました。
本来のスケールは1/35なんですが、丁度1/24のフィギュアくらいの背丈なのでしっくりくるんですよね。
A_5
ここら辺の草を生やして情報量を増やしました。
A_6
建物内部にはフジミのキットから机と椅子、棚を引っ張ってきて設置。
ここも何か置きたいですね。

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

情景師アラーキーの凄い!ジオラマ展

模型業界ではもちろん、最近ではTV出演と今や人気ジオラマ作家のアラーキーこと荒木さんですが、なんと隣県の富山県でジオラマ展が開催されているというではありませんか。
ジオラマやヴィネットを作り続けている家主ですからやはり行くしかありませんよね。
で、見た感想…想像以上に凄い!ジオラマは本当に凄かった!!
TVや雑誌で見た
160808_1
これから始まり
160808_2
こういう懐かしの車のジオラマがドシドシ
160808_3
更には手の平サイズのヴィネットもあり
160808_4
ボトムズや
160808_5
ガンダム等のアニメの作品も多数展示されておりましたよ。
そしてジオラマ屋さんとしては
160808_6
こういうのや
160808_7
こういう隅っこのアイテムとか
160808_8
木や葉っぱの塗装なんかが気になるのです。
そして会場では人気投票をやっていたのですが、個人的一押しなのが
160808_9
こちらのジオラマ。
この古い小型のスーツケースの上にジオラマを作るという発想がまず素晴らしい!
情景ももちろん素晴らしいですが、このケースをベースにすることによってストーリーが深く感じるような気がします。
こちらのジオラマ展は8月21日まで開催されていますので模型好きの人は時間があったら…いや、時間を作ってまで行ってみる事をオススメしますよ~♪
詳しくはこちら
   ↓
そして早速感化されて荒木さんがやっていたダイレクトカットというダメージ表現をやってみました。
160808_10
昔ミニ・ピックアップを作った時に軽く真似てみましたがやはり面白いやり方ですね。
ただ完成品にデザインナイフを入れるので緊張しますが(^^;)

| | コメント (0)

«ガスステーションその4