2019年4月19日 (金)

静岡HS用展示台その2

静岡ホビーショーまで後3週間…気が付けば締め切りがが差し迫ってきております。

急がねば~という事で展示台製作を頑張ります。

190419-1

一階部分の上には二階の足場を追加します。

190419-2

今度は二階の製作です。

プラ板にシャーペンでレンガ模様を書き込んでからPカッターでモールドを入れます。

190419-3 

それをこんな風にカット。

190419-4

上の小窓部分はこんな感じにデザイン。

190419-5

下の窓は外周をプラ棒で作ります。

190419-6

窓枠は木で製作。

190419-7

裏側は歪曲しないようにかなり頑丈に補強しました。

床部分には一階部分と接続させるためにネオジム磁石を仕込みました。

190419-8

とりあえず設置してみました。

ちょっとまだ物足りないですね。

190419-9

プラ棒を曲げて

190419-10

配管を作ってみました。

190419-11

足場にはプラ棒で手摺を作りました。

今回は建物の裏という設定なのであまりお洒落にならない程度にしときました。

190419-12

全体像です。

まだ物足りないなぁ。

190419-13

プラ板で大型のゴミ箱を製作。

190419-14

もう一つプラ板とエポパテでゴミ箱を作りました。

190419-15

前に作ったドラム缶を追加して、まぁこんなもんですかね?

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

静岡HS用展示台その1

 超久しぶりの更新です。

依頼品の製作に明け暮れていまして、ようやく終わったので静岡用のブツを作らねばなりません。

と言っても一ヶ月ではロクなものも作れませんので、今回はカーモデルの展示台でも作ろうかと思います。

190410-1

まず用意するのは¥1000ほどの額縁。

190410-2

写真を入れる部分は凹んでいるので余っているスチレンボードを敷き詰めていきます。

もう少しだけ厚みが足りなかったので

190410-3

厚紙を貼って平面の高さを額の縁と均一にします。

190410-4

5mmのスチレンボードの周りに1mmのプラ板を貼って、黒サフを吹き付けたら額に接着してマスキングテープを貼って土台の基本が完成です。

土台の次は建物を作ります。

二階建ての予定ですがまずは一階部分から。

190410-5

建物の正面を1mmプラ板で切り出したら裏に5mmプラ棒を貼り付けて歪まないようにしておきます。

190410-6

台に対して斜めに取り付けるので側面はポリパテを盛って面出しをする事にしました。

190410-7

床部分をプラ板で切り出して接着。

190410-8

裏はこんな感じ。

今回部屋の中は作らないのでガッツリ補強しておきました。

190410-9

天井も1mmプラ板で作り接着。

二階部分は持ち運びしやすいように取り外し式にするのでネオジム磁石を天井に仕込みました。

190410-10

蓋をして固定。

も少し進んでいますが今日はここまで~。

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

2019オートモデラーの集いin横浜

先週末は予定通り3年ぶりにオートモデラーの集いin横浜へ行ってまいりました。

今回もプロやハイアマチュアの作品が数多く展示され圧倒された一日となりました。
そんな中で気になった作品を少しですが紹介させていただきます。
まずはBMメンバーでありプロモデラーとして活躍されているヒロシさんのマクラーレンMP4/8。
オートモデリングのセナ特集で掲載された一品。
A1
細かい所までされたディテールアップは流石です。
そしてもう一作はAMTのカマロです。
A22
難儀なキットの多いアメプラですが見事な仕上げですねぇ。
この独特の色はどう塗ったのか気になる所です。
A32
こちらもBMメンバーのyaszoさんのRC166。
スポークを張り替えてのフルディテールアップです。
カウルはキットのパーツをゲージにしての絞り出しだそうですよ。
A4
さらにBMメンバーのkunnyさんの作品。
なんとシルバニアファミリーの建物を利用して作られたそうです。
これはナイスアイデアですね~。
A52
Kwnさんはテストショット製作会で作られたタミヤの新製品のフォードGTを持ち込んできていました。
独特な形状なので分割も後部サイドが別パーツのようです。
A62
こちらも模型誌でお馴染みかっぱコーヂさんの250GTO。
例のかっぱ式ホイールを履いております。
やはりエッチングとは一味違う仕上がりですね。
自分もデイトナ用の物を買ったのでキットを発掘せねば…。
A72
4種類のデイトナを持ち込んできたのはCHi~さん。
全ての各ドアを開閉にしてしまう技術は凄いとしか言いようがありません。
A82
こちらも模型誌の作例でKen-1さんのBMW2002Gr.5。
これまた凄い改造でして、これが見られるとは幸せ~。
A92
模型転倒虫さんのパンテーラはフジミのキットなんですが、あのウィンドウをここまで綺麗に仕上げたのは見事です。
俺なんて買ってからあのフロントウィンドウを見た瞬間売っぱらって仕舞いましたもん。
A112
こちらのシグマMC74はフルスクラッチだそうです。
車種的にはあまりよく知らないのですが、この格好良さに惚れました。
A132
更にこちらのベントレーコンチネンタルGT3は童友社のトイRCを基に、海外デカールを使っての製作だそうです。
キットが出ていない場合はこういうアイデアも良いですね。
A12
こちらのフェラーリ365Pはイマイのキットでしょうか?
これ好きなんですが殆どキット化されていないんですよねぇ。
A152
少しですがジオラマの展示もありました。
自分の作った中古車センターとはまた違う趣の作品ですね。
細かい所まで小物が用意されていて色々と真似させて貰いたくなってしまいます。
こういうの見させられたら俺のアレは改修したくなるなぁ。
A162
トラックのヴィネット風ジオラマ。
バックの看板が良い味出していますね。
A17
そして自分も色々持って行ったのですが、今回もガレージの展示台は色んな方に遊んでいただいたようで嬉しかったです。
個人的には特にカーモデラーというわけでは無いので専門の展示会は気が引けるのですが、また機会があったら変化球での参加をしてみたいですね!

| | コメント (2)

2019年2月28日 (木)

フォルクスワーゲンTYPE2積載車 その5

さて積載車の製作もいよいよ大詰めです。

190228_1
デカールが乾燥したらスーパークリアーの缶を吹き付けてはペーパー掛けの繰り返しでデカールと塗装したマルティニラインの凹凸を削って行きます。
190228_2
マルティニラインの凹凸に貼ったものですからデカールも段差が出来てしまい、ぺーパー掛けしたらデカールも削ってしまったのでリタッチしました。
ラインの段差を消してからデカール貼るべきでしたね。
190228_3
5回くらいクリアーを吹きかけてなんとか段差は消えました。
190228_4
つや消しクリアーを吹きました。
荷台のフレームは金属色で仕上げる事に。
運転席の屋根の上のゲージはミニ・クーパー・ラリーから持ってきました。
190228_5
ウェザリングカラーやエナメル塗料、油彩を使って汚し完了。
190228_6
今度はプラ板にメンタムを塗ってからエポキシパテを伸ばして貼り付けます。
そして布ガムテープを転がしてモールドを入れ、硬化が始まったら四隅を切って長方形にしたら丸めて
190228_7
ちょっと皺を入れたりすればシートの完成。
190228_8
こんな感じで載せます。
190228_9
塗装して接着。
固定バンドは上の画像の物から紙+アルミパイプを叩いて平たくして曲げた物に変更しました。
そ~し~て~
完成♪
190228_10
190228_11
190228_12
ちょっとヤレた感じに見えますでしょうか?
単品完成で堪能した後は、やはり
190228_13
ミニを載せないとね~!
190228_14
190228_15
190228_16
これにてマルティニレーシングの完成です!
そして今週末の3月2日に開催されるオートモデラーの集いin横浜へコレを持って参加してきます。
3年ぶりの参加なのでドキドキですよ。

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

フォルクスワーゲンTYPE2積載車 その4

ワンフェスも終わりましたのでワーゲンタイプ2へ全力投球ですよ。

190215_1

車体にクレオスのクールホワイトを全体に塗装したらマスキングです。
190215_2
次はMr.3番のレッドを塗装。
乾燥したらスーパークリアーのつやありを軽く吹き付け更にマスキング。
190215_3
Mr.323番を吹き付けて再びスーパークリアーを吹きます。
190215_4
最後にMr.322番を吹いてマスキングを剥がせばマルティニラインの完成です。
190215_5
後ろはちょっとだけ~。
190215_6
次はデカール貼りですがこうやって色々とバランスを試します。
190215_7
概ね決まったのでデカール貼り。
今回使ったのは全部ジャンクのデカールです。
190215_10
貼り終わったらスーパークリアーのつやアリをスプレー。
この後何度もスプレーしては中砥ぎを繰り返して段差を消していきます。
190215_11
仕上がるまで暇なのでタイヤを取り付けました。

| | コメント (0)

2019年1月31日 (木)

ハセガワ 1/24 トヨタ セリカ1600GT その5

セリカの製作もいよいよ最終回です。

190131_1
デカールが乾燥したら缶のスーパークリアーを吹いてはペーパー掛け、吹いてはペーパー掛けを繰り返す事4回でラインとデカールの段差が消えたのでルーフの塗装に移ります。
190131_2
マスキングをしてマホガニーを吹いてからマホガニーにウッドブラウンを加えた色を軽く吹き付けました。
190131_3
マスキングを剥がしてチェック。
吹きこぼした所はコンパウンドで磨いて色を落としました。
他にも多々リタッチして塗装は終了。
各パーツを組み立てて…
完成でーす!
190131_4
190131_5
190131_6
190131_7
190131_8
190131_9
190131_10
ちょっとラインがヨレたりとか色々ありましたが何とか完成して良かったです。

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

フォルクスワーゲンTYPE2積載車 その3

ディティールアップ工作も大詰めです。

190127_1
フロントのVWマークは塗装の兼ね合いを考えて別パーツ化する為にジャンクの方の物を切り出して、キットの方は削り落としておきます。
190127_2
エンブレム部分はボディの分だけ厚いのでリューターである程度まで削ります。
190127_3
薄くなると壊れやすくなるので真鍮板に張り付けてペーパーがけして裏が見えるくらいまで削ります。
190127_4
薄くなった部分をデザインナイフで切って完成…といきたかったのですが上下部分を削りすぎて薄くなってしまったので
190127_5
メンタムを塗ったボディにエンブレムを置いて、隙間部分にエポパテを入れて
190127_6
硬化したら余分な所を落として完成です。
190127_7
ウインカーはメッキパーツで使いたくなかったので資料を探して違うタイプの物をスクラッチ。
190127_8
透明パーツ部分はジャンクのパーツが合いそうだったのでこれを使おうと思います。
190127_9
サイドミラーも角形の物をプラ板とプラ棒でスクラッチ。
190127_10
支柱は洋白線の0.5mmで製作して完成。
190127_11
ワイパーはブレード部分だけエッチングに変更しました。
190127_12
ドアのヒンジ部分をディティールアップしようと工作したのですが、元々のモールドを生かそうとすると、ヒンジ部分がかなり後ろ側に来てしまうので
190127_13
一旦モールドを削り落としてから作り直しました。
これでボディの工作は終わりかな?
室内はかなり簡素なんで何かやりたいのですがこんなもんなのかな?

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

フォルクスワーゲンTYPE2積載車 その2

今度は荷台部分の製作です。

どんな風に作るか悩みましたが古臭さを出したいと思い木製の物にしてみようかと思います。
190125_1
木の平棒を並べて接着して周りをプラ板で囲います。
190125_2
今度はアオリの上部分だけを切り離し
190125_3
延長部分もジャンクの方から持ってきて接着。
190125_4
サイドに接着。
あと車止め的な感じで二本横にプラ板を入れました。
190125_5
載せてみました。
190125_6
お次はシャーシの延長です。
見ての通りエンジンが後ろなので裏側はドライブシャフトやマフラーも無く延長するにはかなり楽な仕様です。
190125_7
ノコで切って接着。
黒色部分がジャンクを使った延長部分です。
でもちょっと長さが足りなかったのでその分プラ棒を咬ませて(黄色矢印)足しました。
あとボディの延長した時の裏打ち部分(赤矢印)がぶつかるので削っておきました。
190125_8
シャーシが長くなった分少したわむ感じがするので、ボディ裏側に角棒を貼って固定できるようにしました。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

フォルクスワーゲンTYPE2積載車 その1

セリカの方は研ぎ出し前の乾燥期間へ突入したのでしばらく放置です。

そこでお手付きキットが幾つかあるにも関わらず新たに製作開始です。
これは以前からやってみたかったアイテムなのですが
190122_1
ワーゲンTYPE2を積載車に改造してミニをこんな風に載せてみたいのです。
もちろんキットは手に入りやすいハセガワのTYPE2ピックアップを使用します。
ただこのままでは写真の通り荷台がちょっと短すぎるので
190122_2
以前作って壊れつつあるTYPE2をバラして
190122_4
荷台を切断。
190122_5
キットの方は運転席直後から切断してそこへ延長パーツとして接着します。
だいたい16mmほど長くなりました。
190122_6
ミニを載せてみましたがこれくらいなら大丈夫そうですね。
190122_7_2
運転席後ろ側のパーツは延長箇所との兼ね合いで下部分がぶつかってしまうので赤色から下をカットして使います。
190122_8
これでバッチグーです。
190122_9
今回アオリ部分はそのまま使わないので矢印部分(後部含む)のヒンジパーツを付ける箇所はエポパテで埋めてしまいます。
190122_10
本日はここまで~。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

ハセガワ 1/24 トヨタ セリカ1600GT その4

塗装で悩みまくっていたセリカですが試し吹きをしてシルバーの上にクリアーブルーとクリアーグリーンを混ぜた色を吹くとそれっぽくなる感じだったので塗装開始です。

190120_1

まずはMr.カラーのシルバーを塗装。
190120_2
次にガイアのクリアーブルーとクリアーグリーンを混ぜたものを薄く吹きかけました。
色はバッチリだったのですが一部に埃が入ってしまいました。
クリアーカラーの上掛けなのであまりリタッチしたくは無いのですが、ボンネット上など気になる箇所だったのでもう一度シルバーを部分的に吹いて再塗装。
190120_3
基本的には上手くいったのですが矢印部分だけ斑になってしまいとっても気になる…
クリアー塗装なのでこれ以上修正すると全体の色味も濃くなりそうだったのでもう一度ドボン…でもまたレザートップ部分をやり直すのも面倒だしという事で
190120_4
マスキングして
190120_5
ガイアのウォームホワイトを塗装してクレオスのサファイアブルーを塗装しました。
190120_6
ちょっとアメ車っぽい感じですに(^^;)
190120_7
デカールは古くて使い物にならなかったのでジャンクから少しだけ貼りました。
190120_9
コンソールのメーターのデカールも使えなかったので台紙を薄く削いでから両面テープを貼って切り出して貼り付けました。
190120_8_2
シャーシを組んだので後はボディだけ~。

| | コメント (0)

«バンダイ 1/100 ダッガー その3