2018年9月19日 (水)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その7

ミニのシャーシの方は概ね終わりそうなのでボディの塗装に移ります。

今回は宣言通りマルティニカラーなので何度かマスキングを重ねる事になります。
ボディの色はクレオスのクールホワイトでやり直しました。
180919_1
隠蔽力もそこそこあって使い勝手がいい色です。
色味も今回はなるべく素の白っぽい感じが良かったので問題なし。
180919_2
まずはマスキングして軽くクリアーを吹いてからMr.カラーの3番のレッドを塗装。
クリアーをマスキングの後に吹く事によってちょっとした隙間を塞いでその後の塗装の吹きこぼしを無くすのだそうです。
次は赤色部分をマスキングしてからまたもやクリアーを吹いてMr.カラーの323番ライトブルーを塗装。
180919_3
最後も同様にライトブルーをマスキングしてクリアー→Mr.カラー322番のフタロシアニンブルーを塗装して乾燥したらマスキングを剥がします。
180919_4
ちょっとはみ出しがありますね。
やり直すのもちょっと大変なのでヤスったりデザインナイフで削ったりしてはみ出し部分を落とします。
もちろんそんなに綺麗には仕上がらないので筆塗りでリタッチしておきました。
180919_5
180919_6
全然ダメってもんでもないし、まぁこんなものでしょう。
そしてデカール貼りです。
使ったのはスタジオ27のランチアデルタ用の物をメインに、細かいスポンサー関係はジャンクのデカールを使いました。
180919_7
180919_8
やっぱりマルティニカラーはいいね!

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その6

塗装をしたいのですが、8月末から天気が悪くて殆ど模型が進まず困りましたね。

それでも少しだけ進展があったのでUPしますよ~。
180908_1
今回の肝のエンジンルームの太目のパイピングはアルミ棒などで製作。
細いコード類は塗装後装着する事にします。
180908_2
晴れ間を見て塗装開始。
180908_3
今回はマルティニカラーにするのですが、塗料はこの4つを使います。
180908_4
サフ後タミヤのホワイトを吹き付けたのですが、イマイチ適正濃度が分からずどうも気にいらないので
180908_5
ドボンしてしまいました。
作業は少しはやっているのに進んでいるんだか後退しているんだか…。

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

2018上越合同模型展示会

週末は予告通り上越の展示会へ行ってまいりました。

今年は初日から多くの力作が並び楽しませてもらいました。
入口に入ってすぐに目に入ったのがコーディさんのダグラム軍団。
180828_1
アニメ風塗装というのが一時期流行りましたが、これは一歩進んだ絵画風塗装とでも言ったらいいのでしょうか。
画像で見ると絵なんだか立体なんだか中々判断が付かないんですが(←褒めてます)ちゃんと立体物でしたよw
しかも最近発売されているマックスファクトリーの製品ではなく旧キットというのが素晴らしい。
塗装表現の仕方など色々と聞かせて貰って勉強させていただきました。
180828_2
翌日にはポカモトさんのダグラム軍団が参加して凄いことになっていました。
完全にオッサンホイホイですな。
180828_3
もういっちょコーディさんの作品。
HJ誌のオラザクで賞を取った作品なので見た事がある人も多いでしょう。
こちらも製作の苦労話とか聞かせて頂きました。
180828_4
ピースクラフトさんのターンXは綺麗な塗装が目を引きます。
180828_5
小澤さんのドンゴは昔作ったキットのリペアという事なんですが、キャタピラを作り直したり腕や指を可動にしたりとかなり手が込んでいました。
180828_6
中にはこんな珍しいアイテムも。
180828_7
金竜さんのペンギンズ。
どの子も可愛いぞ。
180828_8
メカコレのブルーノアなんて発売していたの知りませんでしたよ。
180828_9
詳しくないけどKANさんが何か凄いの作ってきたw
180828_10
テスターのUFOは半重力エンジンを使って空中に浮いていました(嘘)。
180828_11
KUNNYさんの新作のアルシオネ。
とってもバブリ~な感じが良いですな!
180828_12
もう一つ新作のジェミニ。
ロイホの看板とキャンパスなフレンズさんがしっかりと当時っぽい。
180828_13
コジマックスさんのカウンタックLP400。
丁寧な仕上がりは見ていて気持ちいいのです。
180828_14
こちらのINDYカーは佐藤琢磨が昨年INDY500で優勝したマシン!
なんとノンブランド物のレジンキットなんだそうです。
タミヤよ今から発売しても遅くないのよ?
180828_15
こちらのオートバイはスポークを一本一本組み上げた力作。
180828_16
同じオートバイでもまた違った仕上げなのはこちら。
陶器風の塗装が面白かったです。
180828_17
オートバイと言えばプラモじゃないんですがこういった物も展示されていて楽しませてくれました。
180828_18
現役自衛官のSさんは今回も陸自車両軍団を展示されていました。
大迫力の物量作戦ですが新作の75式ドーザーがもう最高!
レジンキットなのですが、なんとドーザー部分を可動にしてしまうという素晴らしい作品に!
180828_19
ダメ人間FXさんのM1A2のビネット風ジオラマ。
この塗装の感じは実際に見てもらいたいです。
180828_20
こちらのⅢ号戦車は緊迫感溢れるジオラマになっていました。
180828_21
零戦を歴代のブルーインパルスのカラーで仕上げた作品。
こういうのも面白いですね~。
180828_22
なんと模型誌の作例も展示されていました。
丁寧な仕上げは流石です。
180828_23
最後はもんぽよりんさんのノーチラス号。
プラ版とプラ棒って使い方によって何にでもなるという好作例ですね。
よく見ると艦首部とか色々と細かい設定があって見ていて飽きませんでした。
今年の上越合同模型展示会は県外からも沢山の参加者が来場されて賑やかでしたね。
その雰囲気は今回のレビューを見ていただいても分かるんじゃないかと思います。
俺ももっと頑張らないとなぁ。

| | コメント (0)

2018年8月24日 (金)

明日は上越合同模型作品展

明日明後日の二日間は毎年恒例の上越合同模型展示会へ行ってきます。

180823_2
今回は新旧ジオラマを6作品と単品少々を持ち込む予定です。
よろしく~♪

| | コメント (0)

2018年8月19日 (日)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その5

ここ数日は日が暮れるとめっきり涼しくなりまして模型製作が進みます。

来週末の土日は上越で展示会がありますからもう一つくらい完成させたいくらいの気持ちなんですが、お手付き具合を見るとちょっと無理そうな感じ。
NIPCOM後はエスプリとスチュアートが完成したからまぁヨシとしましょうか。
では今日もミニでございます。
まずはシャーシ関係のパーツを一通り組んでみた。
180819_1
ロールバーがあるからか、これだけでも面白い。
ミニ・モークが何故作られたのが分かるような気がしますね。
180819_2
燃料タンクを作らねばならない事をすっかり忘れていたのですが、GPZの燃料タンクを使ってみると面白そうだったのでこれでいきます。
ボンネットを開けなくてもバイクのパーツを使っているという事を感じてもらえそうですしね。
180819_3
更にNosのボンベを製作。
面白いことはドンドンやります。
180819_4
オイルクーラーとNosの位置をどこにするか試行錯誤中。
180819_5
色々と小物も製作。
180819_6
バッテリーも少しディテールアップ。
180819_7
結局Nosはここに落ち着きました。
そろそろ色を塗りたくなってきましたよ。

| | コメント (0)

2018年8月16日 (木)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その4

ミニクーパー・レーシング・カスタムのボディは大詰めに入っていたのですが、やはりタイヤの大きさが気になって仕方がないというか、タイヤが大きい為地上高がかなり高くなってしまっているのが気に入らない。

タイヤをそのまま使うのであればタイヤハウスから外に出してやるしか方法が無い為却下。
という事でホイールはミニ・ラリー用の物を使用し、タイヤはノーマル・ミニの物を使うことにしました。
180816_1
という事でそれに伴いボディもパーツ取り用のキットから拝借。
180816_2
車高を下げるのとオーバーフェンダーぎりぎりまでタイヤを出したかったという理由でコトブキヤの丸モールドパーツを組み合わせてブレーキのユニットに接着。
若干上に接着する事によってホイールの接着位置をずらして車高を落とす事ができます。
180816_3
一般的なローダウンよりは高めですがそれでも1.5mくらいは落ちました。
180816_4
ボネット裏はモールドを一旦消した後プラ材でディティールアップ。
実はヒンジの位置が実車と違う関係でモールドがヒンジに掛かってしまうのでかなりアレンジしています。
180816_5
それと気になっていたのがエアファンネルの位置で、ボディの横棒の真後ろになってしまい、なんか吸気効率が悪そうに見えたので1mmほど下げてフロントグリルの真後ろに来るようにしました。
180816_6
それと車内積載用に消火器をプラ棒とプラ材にてスクラッチ。
ホースはアルミ棒、ベルトは余っていた1/48ドイツ機用のシートベルトを流用しました。

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その3

関東は台風が接近してきているようですが、新潟は今回も越後山脈バリアーが効いているらしくあまり影響はなさそうで一安心です。

なので今日もプラモデル~♪
180808_1
エンジンをバイクの物に換装したのでマフラーもそれっぽく作りました。
芯は百均で買ったアルミ線。
透明のビニールの被膜があるので剥いで使います。
マフラー同士の接合部は瞬着で仮止めしてからエポパテを盛って製作。
180808_2
そしてプラパイプを仕込んで、排気の出口はアルミパイプを差し込んで完成です。
普通のマフラーにするより面白くて楽しいw
180808_4
180808_5
180808_6
現状確認。
問題なさそうなので
180808_7
サフ吹き。
タミヤのミニはルーフが別パーツなので、こんな風に今回はスチレンボードの余りを使って仮の屋根を作って
180808_8
裏にプラ版でT字のパーツを作った物をテープでくっ付けて持ち手の取り付け部分を作りました。

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

フジミ 1/24 ロータス・エスプリ その3

フジミ 1/24 ロータス・エスプリ完成しました~!

180807_1
180807_2
180807_3
180807_4
180807_5
180807_6
180807_7
一応007私を愛したスパイに登場したボンドカーバージョンで製作しましたが、ナンバープレートは映画と同じ物がデカールで入っていますし、結局内をしたかと言えばシートをチェック柄にしたのと、ロータスのエンブレムを付けなかっただけで基本的にノーマル仕上げです。

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

フジミ 1/24 ロータス・エスプリ その2

気が付けば前回のエスプリの記事から一ヶ月も過ぎてしまいました。

工作はちょいちょいやっていたんですが、どうにも上手くいかなくて何度かやり直していたんですよ。
ここを…
180805_2
シートのチェック柄です。
チェック柄なんてやった事無いから試行錯誤で全然満足はしていないけど、もうこれ以上は無理っぽいのでこれでストップしました。
180805_1
シャーシを塗装して足回りを組んで
180805_3
バスタブ入れて内装は完成。
本当は007仕様のエスプリはドアの内張にもチェック柄があるのですが、イマイチどの範囲までなのか分からなかったので今回はオミットしました。
そしてデカール貼り。
007仕様はフロントのロータスのエンブレムが無いので注意しましょう。
ちなみにサブマリンモードの時は魚雷の発射管ギミックの関係でノーズのespritのマークの位置はかなり先端の位置になります。
180805_5
クリアー吹いて神ヤス#8000まで研ぎ出したんですが、キッチリ面が出ていない感じがするので耐水ペーパー#1500→#2000→Mr.ラプロス#2400→#4000→#6000→#8000の順で研ぎ出ししました。
今回クリアーは缶のスーパークリアーを三回吹いただけだったのですが、吹き直ししなくても研ぎ出しで塗装面まで出てしまう事はありませんでした。
一度目のクリアーは軽く吹いただけなので実質2回なんですが、こんなに使いやすかったっけ?
研ぎ出しで神経使わなくていいし、これからは缶で吹くのもいいですね~。
180805_6
コンパウンドはタミヤの荒目→スジボリ堂のシステムコンパウンド細2→同じく極3→タミヤのつや出しコーティング剤の順で使いました。
180805_7
フロントの窓枠は説明書ではクリアーの窓のモールド部分をシルバーに塗装しろとあるんですが、ボディにはめ込むとAピラーに隠れてしまうんですね。
なのでボディにモールドしてある所を塗装するのが正解です。
180805_8
リアの窓枠の方は塗装指示すら無いんですが、こちらはボディ側の矢印部分をセミグロスブラックに塗装します。
180805_9
意外と面倒くさかったのがサイドモールの黒いラインです。
ここはモール全体が黒いんじゃなくて外側の面だけが黒いので、エナメルで筆塗してはみ出た部分を拭き取れば簡単なんじゃね?と思いやってみたのですが、綺麗な均一なラインにするのが超大変。
悩んだあげくハセガワの曲面追従シートのつや消し黒を持っていたので細切りにして使いました。
この素材は細く切って貼る時に伸ばしてしまうとクルクルと丸まってしまってその後貼りにくくなってしまうので、なるべく力を入れず伸ばさないように貼るのがコツです。
工作編はここまで。
次回完成です。

| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

タミヤ 1/35 M3スチュアート後期型 その3

タミヤ 1/35 M3スチュアート後期型完成しました~♪

C1
C2
C3
C4
D
タミヤの最新作なだけあって何のストレスも無くサクッと組み立てられる好キットです。
この後T-35と一緒にジオラマに仕立て上げる予定です。
でも中々アイデアがまとまらないのよ~。

| | コメント (0)

«タミヤ 1/35 M3スチュアート後期型 その2