2018年5月19日 (土)

第57回静岡ホビーショーその3

早いもので静岡ホビーショーから一週間経ちましたが、まだまだレビューは続きますよ。

本日は合同展示会のカーモデル編PART1です。
一回で纏めたかったのですが素晴らしい作品が多すぎて二回に分ける事にしました。
まずは新潟のカーモデラーの第一人者といえばこの人、模型電動士さんでございます。
今回はビッグスケールのモデルを二台持ち込んでおりました。
180519_1
最初はレベルのフェラーリ275GTB。
家主も持っているキットですが見れば見るほどの難物でして、完成品は今回初めてみました。
イタリアのストライプが全体を引き締めていますね~。
180519_2
もう一つはフジミのR32スカイラインGT-R。
こちらは展示会前にクリヤマ模型さんで飾られているのを拝見しましたが作りこみが半端ないです。
180519_3
GARAGE24のブースの方ではホンダ・シティターボを展示されていました。
タミヤのブルドッグもありましたが個人的にはこちらが好み。
小物のラジカセも良い味出しています。
180519_4
あの人(笑)はセリカのCMを再現してました。
初めてのフィギュアのフルスクラッチとの事ですが、エディー・マーフィにしか見えないので大丈夫!
180519_5
アルシオーネSVX!?
キット出ていないよね?
これがスクラッチって奴か…凄い。
180519_7
ヤリスWRC!?
キット出ていないよね…以下略(笑)
180519_8
kwnさんのミウラは塗装が素晴らしかったです。
パール塗装との事ですが粒子が細かくてほんと綺麗。
180519_6
さかもっちゃんのゴルフはフルハッチオープン。
大昔のHJ誌にゼネプロの広告でフルハッチオープンのガンダムが描かれていた事がありまして「このガンダム君には作れまい」というキャッチコピーがありましたが、それ見て「やってみました」というくらいのショッキングな作品。←例えが分かりにくい。
180519_9
こちらはモデルカーズに掲載されていた作品かな?
一目見て凄い。
遠目で見ても凄いのです。
180519_10
多分こちらも雑誌掲載された作品だと思います。
画像だけ見ればタミヤの1/12かと思ってしまいそうなんですが1/24なんですよね。
もちろんトランクルームとエンジンカウルは固定のキットですから、つまりそういう事でございます。
180519_11
シトロエンHバンのジオラマは色んな所で見かけました。
どの作品も雰囲気あって良かったです。
180519_12
イタレリの最新キット1/12フィアット500Fを最速で作ってきたのは溝呂木さん。
ベンチと車とフィギュア。
これだけでストーリーが見えてきますね。
最後にジオラマを二つ紹介しましょう。
180519_13
まずは「青い瞳のメアリーさん」。
180519_14
もう一つは「洗車日和」。
どちらもタイトルがピッタリの作品です。
ほのぼのしてて誰もが微笑んでしまいそうなジオラマですね。
次回は静岡HSカーモデル編PART2です。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

第57回静岡ホビーショーその2

今日から何回か静岡ホビーショーの合同展示会の模様をお伝えしたいと思います。

まずは我がブログモデラーズのブースから一部を抜粋。
家主はこのトラクターのジオラマとミニ・レッカー車
180518_1
そしてお隣というか殆ど合同ブースのYDCCさんのAFVコーナーの所にベースを借りてT-35を展示させて貰いました。
180518_2
まずはヒロシさんのランチアから。
180518_3
もしやと思い聞いてみたらこのマルティニのストライプは塗装だそうで…凄すぎんよ~。
もうひとつヒロシさんの作品は家主と同じくレベルのトラクターのジオラマです。
180518_4
初のジオラマだそうですよ。
家主とはまた違った方向性で良いですね~!
お次はKUNNYさんのBMW。
180518_5
今回はお洒落な感じの作品を持ってきてくださいました。
こちらはマルチモデラーの腹ペコ山男さんのクアド・ラン・ロー。
180518_6
画像じゃ分かりませんが電飾が施されていて色々と光って面白いです。
ちょうぎさんのスチラドゥはMG誌に掲載された物で、特徴的な二重反転プロペラをモーターで可動するように改造されています。
180518_7
塗装も渋くて格好いいですね!
COLTさんの零戦のジオラマは昨年のSAコンでのダイオラマ賞をとった作品。
180518_8
翼の内部を作ったりともう凄いのですよ。
そしてKAZUさんの彩雲はこれまた昨年のSAコンで金賞に輝いた作品。
180518_9
塗装の見事さにうっとりしてしまいます。
かぽうさんは色々と持ってきておりましたが、家主が気に入ったのはこちらのビゲン。
180518_10
ほんとスウェーデンの飛行機って格好いいよねぇ。
最後はゲストの林周一氏のコルセアです。
180518_11
SA誌の特集を組まれたりするくらいの方で独特の塗装が印象的。
これぞリアルという塗装が素晴らしい。
本買ったけど真似出来んわ~。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

第57回静岡ホビーショーその1

今年も静岡ホビーショーへ行ってまいりました!

もちろん合同展示会への参加ですよ。
毎年思いますが皆凄すぎ。
凄すぎて正直ブログでは伝えられないのです。
模型好きもそうでない人も是非一度静岡ホビーショーの合同展示会へ行ってみてください。
模型の面白さが分かると思いますよ。
でもその前にまずはホビーショーで発表されたメーカーの新製品で気になった物を紹介しましょうか。
まずはマックスファクトリー。
なぜかガウォークでの発売だった1/20のVF-1ですが
180517_1
ファイター形態でも発売のようです。
スーパーパック付きガウォーク+ファイターでスーパーバルキリーファイターが出来るのかな?
武装は別売とのことです。
180517_2
となればもちろん一条中尉と早瀬大尉もでます。
180517_3
ダグラムシリーズはマッケレルとブリザードガンナー、そしてサバロフ・ニコラエフが発表されましたが
180517_4
なんとCBアーマーのバリエーションが!
やりすぎのようでちょっと心配になりますが実に楽しみです。
もう一つマックスで気になったのは
180517_5
なんとゴッドマーズ!
ランナー置いてありましたが変形合体すんの?マジで?
お次はハセガワです。
こちらも色々と新製品がありましたが最近カーモデルの勢いが凄い。
特にこのギャランMRはオッサンの心をワシ掴みですよ。
180517_6
子供の頃から大好きな車だったので間違いなく買いですね。
そして当日発表で驚いたのが
180517_7
クラッシャージョウのファイター1・2
タイトルからすると二機セットになるのかな?
どうせ二機買うからいいんだけどw
担当氏によるとミネルバは出したいらしいです。
コルドバ辺りは売れ行き次第という事になりそうです。
個人的にはシレーン・ハーピィ・ガレオンくらいは欲しいなぁ。
さてタミヤからは珍しく企画物が発売です。
180517_8
漫画空母いぶきの空母いぶきです。
ミニ四駆の漫画繋がりで小学館からお話が来たそうで、どうやらノリノリで開発したんじゃないでしょうか?
セットされる搭載機のF-35Bは巧みな分割で三種類の状態を再現。
こういうキットでも手を抜かずしっかり作っていく所はさすがタミヤですね。
今年もホビーショー会場へ展示してあった16式機動戦闘車がキット化。
180517_9
1/72だとあまり気にならなかったんですが戦車並みにデカいw
戦車と違って道路もすいすい走ってこられるし、日本で使うにはこっちの方が使い勝手いいかもしれませんね。
エブロはバリエーション展開が多かったですが
180517_10
なんとワーゲンTYPE2が!
しかし新金型ではなく、どうやらレベルのキットのアップグレード版のようです。
シトロエンHバンはフィギュア付きのバリエーションが出る模様。
180517_11
ハセガワといい、いよいよ1/24フィギュアの波が到来か?
飛行機ではズベズダからYak-130が発売。
180517_12
最新の飛行機はステルス性を重視した形が多いですが、こちらは練習機なのでなんかホッとする形状で好きなんですよね。
色も派手で塗装も楽しそうです。
終わったと思ったアオシマのコナンシリーズにロボノイドが。
180517_13
もちろんダイス付きのようです。
同スケールのコナンとジムシーも欲しいぞ。
アスラーダは思った通りラリーモードも出るようですね。
180517_15
参考出品となっていますが監修中という事なのでこれは確実でしょう。
そして発売を待ちに待っていたのが3式機龍。
180517_16
思ったよりデカい!
しかもスナップフィット!!
そして格好いい!!!
素晴らしいぞアオシマ!!!!
と興奮していたらもう一個興奮間違い無しの物が!
180517_14
BEEMAXからなんとポルシェ935K2が!!
カラーリングは緑と白の二種類が出来るようですよ。
バリエーション展開も期待できるし困るなぁ←何が?
スケール物をもう一つ。
180517_17
航空自衛隊の飛行機を精力的に発売するPLATZからついにF-4EJ改が登場!
ファントムⅡは海外メーカーを含め色々な会社から発売されていますが、EJ改は日本のメーカーが出さねば何処がやるっていう事ですよ。
久々のF-4EJの新金型という事もあり楽しみですね。
最後はバンダイからスター・ウォーズシリーズの1/72Bウィングファイターです。
180517_18
発売されるか微妙なラインのアイテムと思っていましたが、これが無いとやっぱりEP.Ⅵは終わりませんからね。
と思ったけど大事なのが出てないよ!
シャトル・タイデリアムはどうしちゃったのよ!
1/72のストームトルーパーを100体くらい付けたプレバンでもいいのよ?
そんなこんなで散財しそうな新製品達でした。

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

週末は…

毎度おなじみ静岡ホビーショーの季節でございます。

Twitterやまとめブログなどで新製品が続々発表されていますが、欲しいものがいっぱいで困ってしまいますね。
という事で今年も合同展示会へ参加してまいります。
場所はL-151ブログモデラーズです。
奥の方ですが電飾バリバリのどろぼうひげさんのお隣なので発見しやすいかと思います。
では出発~♪

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

GARAGE 3 その3

今日は子供の日ですね。

新潟では午後から天気が良くなるようですが風が凄い。
鯉のぼりも泳ぐのに一苦労しそうな感じです。
さてGW終盤ですが今日もジオラマ製作ですよ~。
まずは車庫系ジオラマでこれがあると引き立つ脇役の壁掛け型の工具置きを作ります。
180505_1
ひたすら木を切り貼りしてピンバイスで穴開けて真鍮線を接着するだけの簡単なお仕事です。
そんでウェザリングカラーを薄めたもので染めたら完成。
180505_2
やることは簡単だけど時間が掛かって結構面倒くさかった。
次はラックの製作。
180505_3
こちらはプラ版とL字プラ棒の組み合わせで作ります。
やることは簡単ですが各パーツを90度にしないと傾いてしまうのでアルミや真鍮ブロックを利用して、しっかりと接着できるまで固定しておくとやりやすいと思います。
180505_4
出来上がり~。
180505_5
そして今度はもう少し高さのある小物が欲しかったので脚立を作ります。
180505_6
こちらもL字プラ棒とプラ版で作ります。
180505_7
ついでに木の組み合わせで作業台も作りました。
最後に作り忘れていた椅子の製作です。
フジミのキットの椅子は依然作ったジオラマで使ってしまったので無いんですよね。
使うのは百均で買ったお弁当用のピック。
180505_8
プラスチックの丸い円がお手軽に手に入るのでとても使いやすいのよね。
プラ棒やらプラ版やら使ってこうなりました。
180505_9
今回使うのは一個なんですが前に作ったジオラマの追加パーツで必要なのでついでに作りました。
机もついでに製作。
180505_10
これで小物は概ね揃ったので仮配置。
180505_11
椅子を置き忘れたけどこんな感じでいいんじゃないでしょうか。
次回は車庫本体の方に進みます。

| | コメント (0)

2018年4月28日 (土)

GARAGE 3 その2

いよいよゴールデウィーク突入ですね。

新潟のGWといえば青物シーズン突入のはずなのですが、今年はどういう事かイナダやサワラが釣れているという情報が無いのです。
個人的に一番楽しみにしている釣りシーズンなので残念なんですよね。
釣りへ行けないのならプラモという事で今日も一日ジオラマ作りですよ~。
まずは階段に手摺を追加。
180428_1
2mmの丸棒を曲げて基本パーツを作ってから縦の支柱を入れています。
それと二階部分にも手摺を設置。
これが無いとおっかないですもんね。
全体図はこんな感じ。
180428_2
悩んだあげく階段は右寄りにしました。
ど真ん中というのはあり得ないし、左右どちらかの端に設置すると中央が広すぎてバランスが良くないと思うんですよね。
という事でこうなりました。
そしてひたすら小物作り。
フジミのガレージ&ツールのシリーズなんですが何を使うかわからないので一通り製作して仮設置。
180428_3
良いような悪いような…よくわからん…
なので車を置いてみると
180428_4
思ったよりゴチャゴチャしていていい感じ。
後は二階部分の小物のスクラッチと壁関係ですね。

| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

GARAGE 3 その1

ジオラマを作り終えたのでまたジオラマを作ります。

ジオラマ沼はほんと底が見えなくて楽しいですわw
今度のネタは久しぶりのガレージです。
ジオラマ製作を始めた初期にシリーズで二種類作りましたが今回は単品で展示スペース的な物となります。
ちなみにガレージ1はこれで
Minipd_1
ガレージ2はこれです。
150417_1
ガレージ1はジオラマ復帰第一弾だったのですけど、もう5年も前になるのですね。
タミヤニュースにも見開きで掲載されたりと思い入れがある作品です。
さて今回の土台はパイン木の板ですが合板のように何枚かの板を組み合わせて一枚にしてあり見栄えが良くないので
180426_1
下面以外をプラ版で囲ってしまいました。
180426_2
これにサフを吹いて土台の完成。
180426_3
今回は車庫内を表現したいと思っているので左右と後ろに壁をプラ版で作ります。
180426_4
プラ版一枚だと歪んでしまうので裏には5mmのプラ棒で補強を入れておきます。
180426_5
あと後ろに隙間があるのは電飾用の配線スペースです。
お次はまたまたプラ版&プラ棒を使っての製作で階段と二階の張り出し部分を作りました。
180426_6
階段は後で手すりも追加しないとね。
180426_7
一応三台並べられますがイメージ的には二台なんですよね。
もう少し小物作ったりして配置を考えないとな~。

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

パンダの八百屋さん その7

「パンダの八百屋さん」完成しました~♪

180422_1
180422_2
180422_3
180422_4
180422_5
180422_6
180422_7
180422_8
これで釣りに行ける!
あ、そうそう、こんなのも作ってました。
180422_9
三条獅子さんのレジンキット、不動明王-針鼠-です。
キットを送ってきたので塗って送り返してやりましたよ。
いったいどんなプレイだw
このシリーズは色んなのが出ているのですが、通販もやっているようなので気になった方は検索してみてくださいね。

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

パンダの八百屋さん その6

ラストスパートまでもう少し時間がありますが、のんびりしていると仕上がらないかもしれないので頑張りますよ。

設置したベンチは薄めたMr.ウェザリングカラーを使って少し汚しました。
180415_1
木でいくつか箱を作りこちらも薄めたMr.ウェザリングカラーで色付け。
ただし箱ごとに下地に油彩の白を薄く塗ったりして少し色味を変えておきました。
同じ色だと単調に見えますからね。
180415_2
今度はカラー粘土のFIMOを用意しました。
180415_3
これ使った事が無いんですが、スカルピーみたいに焼くと硬化するという粘土なのです。
これで何を作るかというと、木箱に入る野菜や果物を作ります。
カラー粘土なので基本的に塗装しなくていいので楽ちんです。
180415_4
180415_5
ひたすらこねては焼くという作業です。
同じ緑でも少し白を混ぜたりして色味を変えています。
これも単調にならないようにというのと不自然さを出さないためですね。
もう一つ牛乳缶をプラパイプの組み合わせとエポパテ等を使って作りました。
180415_7
野菜、果物と牛乳缶を木箱にセットすればこのとおり。
180415_9
カラフルになって一気に見栄えが良くなりました。
もうちょい小物を作ります。
180415_10
前に印刷していた1/24スケールの印刷物関係をまとめて本に。
180415_11
ベンチにセットします。
ついでに落ち葉も少し追加して季節感を強調させました。
180415_12
それとどうしようか考えていたのですが地面のレンガやタイルの隙間の雑草を追加しました。
ベースがスチレンボードだと柔らかいので簡単に穴をあけて雑草を接着する事が出来たんですが、今回はプラ版にPカッターで筋を入れただけの物なのでちょっとやりにくいのよ。
意を決して0.6mmのピンバイスで穴をあけて雑草を接着してみました。
180415_13
Pカッターの筋より大きい穴になってしまうので不自然かと思ったのですが大丈夫そうですね。
お次はトレーラーの内部にネットで拾ってきた値段表みたいな画像を印刷して両面テープで貼り付けました。
180415_14
もういっちょ木の棒の組み合わせで立て看板を作って設置です。
180415_15
これ以上色々やると煩すぎる気がするので、ジオラマのベース本体はこれにて完成とします。
180415_16
180415_17
180415_18
180415_19
あとはフィギュアの製作のみ!

| | コメント (0)

2018年4月 8日 (日)

パンダの八百屋さん その5

気が付けば静岡ホビーショーまで一ヶ月ほどという事でそろそろスパートしないといけませんね。

まずは小物から。
舞台が公園という設定なのでベンチを作ろうかと思います。
これがあれば公園に見えますからね。
タミヤの2mmの透明ソフト丸棒を曲げてサイド部分を、横の棒を普通の2mmのプラ棒で製作します。
接着だけだと強度が出ないので0.5mmの真鍮線で補強してあります。
180408_1
脚の部分も2mmのプラ棒で。
先っぽの滑り止め部分はエポパテを盛って作ります。
180408_2
硬化待ちの間にもう少しベースの方を進めますよん。
レンガ部分は単色だと面白みが無いので、薄めた油彩を5色ほど作りランダムにレンガにフィルターを掛けます。
180408_3
いい感じ~♪
ここで土台に接着するのですが、ベースが少し反り返ってしまっていたので、接着後いつも複製作業で使っている太目の輪ゴムで暫くクランプしておきました。
180408_4
ほんでもって落ち葉やら草を追加。
180408_5
そして木板を貼ったベンチを仮設置。
180408_6
うむ。
ほんでもって色塗って~
真鍮線を差し込んでベンチは一旦終了。
180408_7
でももう少し使い込んだ感じにしたいので、もう少し汚す予定です。
お次はトレーラーの製作です。
マホガニーサフを塗装後ガイアのウォームホワイトを軽く吹き付けブルー二色に塗り分けました。
180408_8
この後使い古しの神ヤスで凸部分を軽くヤスって下地のマホガニー部分を露出させ古びた感じにします。
マーキングは百均で見つけたデザイン系のインレタを使ってみました。
180408_9
看板部分も同じくインレタ。
色んなのがあってどう貼るか考えるのも面白いです。
180408_10
で、現状はこんな感じであります。
180408_11
ここまでくれば間に合いそうな気もするけどまだ先は長いんだよなぁ。

| | コメント (0)

«パンダの八百屋さん その4