2018年11月13日 (火)

バンダイ 1/100 ダッガー その2

日米野球が接戦で面白ぅございます。

そんな中ダッガーの製作その2ですよ。
腰部分の改修の分かりやすい画像を上げときます。
下が改修途前なんですが腰に付く三本のパイピングが赤線のように取り付くのです。
181113_1
腰を前に持って行くとズレが生じるので黄色矢印の前側の穴を埋めて
181113_2
代わりに赤矢印の所を開口しておきます。
181113_3
腰とボディは蛇腹パーツの前後を短くしたので赤矢印部分を埋めておきます。
腰は前側、ボディは後ろ側ですね。
こうして組み上げると
181113_4
こんな感じでパイピングのズレを無くす事ができました。
最後の大きな改修は後部の耳(放熱版?)の大型化です。
181113_5
取り付け方法変更に伴い後部の穴を埋めます。
181113_6
181113_7_2
耳には1mmプラ版を接着して大型化。
全体も長めにして真鍮線で取り付けられるようにしました。
181113_8
一旦組み立ててバランスチェック。
だいぶ好みに近づいてきました。

| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

バンダイ 1/100 ダッガー その1

先日知人からバンダイの1/100ダッガータイプを貰ったのでこれを作る事にしました。

ちなみに当時物のバンザイマークのキットですが気にしてはいけません。
とりあえずマスキングテープで仮組してプロポーションのチェックです。
脚がやや貧弱なのと横から見た時の腰位置が後ろすぎて前につんのめりしそうになるのが気になります。
後は胴体後部の耳(放熱版?)パーツがちょいと小さい気がしますね。
181108_1
脚は少し開脚させれば力強さが出るので取り付け位置をやや斜めにして、取り付け部も5mm延長することにします。
181108_5
脚の形状できになったのが足首部分のパーツ。
181108_2
設定だと上下に長い感じなのですが
181108_3
キットではこんな感じで、安定性があるし個人的には格好いいんですが、このデザインのおかげでかなり脚が短くなってしまっています。
それとここが短いと鳥足にした時に重心が前に行ってしまうので困った事になるのです。
181108_4
という事で赤矢印部分からカットして7mmほど高さを上げました。
本当はもっと上げたかったんですが全体のバランスが悪くなりそうだったのでこの程度にしました。
181108_6
鳥足関節部分の中にポリキャップを仕込みました。
これは後ハメ工作でピンを切り取ってしまったので、代わりに3mm丸棒を差し込むことになる為です。
181108_9
足の裏にはバネを仕込む為に穴が開いているのですが、調べてみるとこのバネのおかげでちゃんと地面に接地しないそうなのでオミットする事にして埋めてしまいます。
A_2
お腹の蛇腹パーツはこの部分でカットし
A_1_2
短くして再接着。
181108_7_2
腰の接着はこんな風にして真鍮線二本で取り付けられるようにしました。
181108_8
蛇腹も部分を中心にボディを後退させ腰を前進させて重心を前に持って行くことにします。
181108_10
これで横から見て不自然さがだいぶ減りましたね。

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

WAVE 1/35 スコープドッグ・レッドショルダー・カスタム

唐突ですがWAVEのレッドショルダーカスタム完成です。

181103_1
181103_2
181103_3
181103_4
だいぶ前に素組して放置していたのですが、ちょっとボトムズ熱が上がってきたので一週間ほどで簡単ビネット仕上げで作りました。
プロポーション的には特に気にする部分は無かったので、胸の手すりを真鍮線に変更したり肉抜き穴を埋めたりしたくらいで、ほとんど改造はしていません。
一番のディテールアップは親指付け根をエポパテでシーリングっぽくした所でしょうか。
チャームポイントは腰の後部装甲に適当に作った対ATライフルを装備させた所です。
ビネットはプラ版にジャンクパーツを色々乗っけて廃棄されたバララントの装甲車っぽい物を接着し塗装後、タミヤの情景テクスチャーペイントのライトサンドを盛りつけて作りました。
このシリーズはお手軽に作れるので色々と揃えてみたくなりますね。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

ロータス・エスプリ ジオラマ その5

ジオラマ完成しました~♪

181024_1
181024_2
181024_4
181024_5
181024_6
181024_7
タイトルは考えていなかったんですが、「カフェで待ち合わせ」としました。
フィギュアはMBの物を改造して使いましたが、何気に兵隊以外のリアルフィギュアの塗装は初めてだったのでちょっと気を使いました。
今回このジオラマは地元模型店のホビーロードのコンテストに参加させていただいており、絶賛展示中ですので最寄りの際は見てやっていただけると嬉しいです。

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

ロータス・エスプリ ジオラマ その4

建物の上部のレンガも歩道と同様リューターで削ってボロくします。

181016_1

それと建物のデザインが少しあっさりしているように感じられたので横のラインをPカッターで入れました。
181016_2
そして塗装開始。
181016_3  
建物は青のツートン。
上部は最初黄系にしたのですが、色のバランスが気に入らなかったので赤にしました。
181016_4  
CAFEの文字は百均で見つけた素材を使っています。
窓は塗装してからサイドから入れられるようにしています。
そしてまたまた百均で見つけたインレタを使ってカフェらしさを演出しようと思います。
181016_5
窓や看板、日除け等に使いました。
181016_6  
今回内部が見える仕様なので小物も追加していきます。
181016_7  
街灯は透明のボールジョイントで電球を作ってからUVレジンを流し込んでカバーを再現してみました。
181016_8
ポニーテールのお姉ちゃんは位置をカフェから出てきた感じにするように位置変更しました。
こっちの方が変な間も少なくなっていい感じ。
でもまだ不足気味…どうしよう。
181016_9  
店内の雑誌は画像を縮小して印刷した物。
コーヒーカップと灰皿は市販のバーニアパーツから作りました。
トレーはプラ板です。
181016_11
椅子はプラ版とジャンクの車のパーツです。
181016_10  
花瓶はスカルピーのスクラッチです。
さて次はいよいよ難関のフィギュアの塗装です。

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その8

今回の三連休で一気に完成へ持って行きました。
パーツは揃っているのでどんどん組み立てていきます。

181009_1

しかしここでロールゲージにステアリングが干渉してしまう事が判明。
181009_3
一部作り直しと力業でなんとかなりました。
ボディの方はピカピカ仕上げと見せかけてつや消しクリアーをコート。
181009_5    
そして汚していきます。
あっという間に完成で~す!
181009_7
181009_10  
181009_11  
181009_12
181009_13  
181009_14  
内装の方もそれなりに作ったので見てやって下さいませ。
181009_15
181009_18  
もうこのブログでも何度タミヤのミニを作ったか分かりませんが、今回は久々にボディも内装も手間をかけたので一味違った作品になりました。
折角なんでこれもそのうちジオラマにしたいと思います。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

ロータス・エスプリ ジオラマ その3

ここの所、週末になると台風がやってきて参ってしまいますが、そんな時は模型を作るのです。

本日はベースの塗装であります。
その前に下ごしらえとして、レンガと歩道のタイル模様の部分が綺麗すぎるのでリューターを使ってボロくしました。
181007_1
角の部分を重点的にやりますが、表面部分も削ります。
181007_2
全部を同じように削るのではなく、ある程度ランダムに仕上げるのがコツ。
181007_3
そしてここから塗装です。
まずは濃い目のグレーから立ち上げ。
181007_4
アスファルト部分に少し斑になるように明るめのグレーを三段階ほど付けて塗装。
181007_5
アスファルト部分をマスキングして歩道を塗装。
181007_6
歩道はアスファルトよりかなり明るくして差を出し、レンガ部分は少し色味を付けてベースの色合いを単調にならないようにしました。
181007_7
全体にクレオスのウェザリングカラーを使って汚しを入れます。
181007_8
レンガ部分には油彩を8色ほど使って一個毎に色を変えて単調にならないようにしました。
181007_9
暖色系を基本にしていますが、要所に薄い青を入れたりすると全体のバランスが良くなると思います。
181007_10

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

ロータス・エスプリ ジオラマ その2

またまた台風が接近してきておりますが本日もガンガン仕上げていきますよ~。

建物は殆どプラ版とプラ棒で作りますが、プラ棒の切り出しにアルティメットカッター(現アメイジングカッター)が大活躍。
180929_1
面白いくらいスパスパ切れて製作がはかどります。
さて、今回はお店を作るという事で
180929_2
左右の窓の上に日除けを作ります。
そしてこっちは可動部分。
180929_3
もちろん可動はしませんが…。
そしてプランターとスノコ。
180929_4
プランターはプラ版の箱組でスノコは木の組み合わせです。
車両止めのポールは5mmプラ棒とバーニアパーツの組み合わせで製作しました。
180929_5
街灯の支柱はプラ棒とプラパイプの組み合わせで、明かり部分はプロペラントパーツの半身を切り詰めて使っています。
180929_6
そして今回は珍しくリアルフィギュアを使いますが、マスターボックスの物を改造します。
180929_7
ポニーテールの方はミニスカにしてハンドバッグを持たせました。
もう一つは髪型を変更し、こちらもスカート姿にして車に合わせて右手の角度変更と左手を新造しました。
一通りパーツが出来たのでサフを吹いて一旦組んでみました。
180929_8

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

ロータス・エスプリ ジオラマ その1

ホビーロードの秋のコンテストが近づいてきましたので一年ぶりに参加しようとジオラマを作りますよ~。

まずはベースから。
まずは百均でコルクボードを二つ買ってきて背中合わせに接着します。
180923_1
別に一枚でもいいのですがベースの厚みが出ないのと、貼り合わせた方が歪みが出にくいと判断してこうしました。
そして上面にスチレンボードを、サイド部分にはプラ版を貼って成形しセミグロスブラックを塗装します。
180923_2
今回は縦にして奥行きのあるジオラマにしようと考え、スチレンボード部分にモールドを入れていきます。
180923_3
奥の部分は歩道でプラ版で製作しています。
しかしここでアクシデントが!
コンテストの応募要項を再確認した所、なんと奥行きがサイズオーバーになってしまっていました。
事前にしっかりチェックしなければいけませんね。
このままコンテストと関係無く作ろうかとも思ったのですが、横位置でも何とかなりそうなので気を取り直して再開します。
しかしスチレンボード部分は縦位置用にモールドを入れてしまったので使えません。
という事で1mmプラ版を上に接着してそこにモールドを入れる事にします。
180923_4
歩道部分は使えそうだったので、欠けた部分を延長して再利用しました。
180923_5
この後側溝部分を段落ちにしたんですが、資料を見ると段になっていないようなので結局元に戻すことに…。
どうも今回はすんなりと完成まで漕ぎつかないようです。
歩道は少し高さを出す為に2mmのプラ棒で嵩増しをして、後で凹まないように梁を入れておきました。
180923_6
ベースと歩道にPカッターでモールドを入れ、車道に濃いめの溶きパテを平筆でトントンと置いて細かい凹凸を入れ、最後にサフを吹きました。
180923_7
お店はひたすらプラ版工作。
お姉ちゃんは放置していたMBのキットを使います。
180923_8
車は作っている時間が無いのでエスプリを使用する事にしました。
エスプリを使うという事で、今回はイギリスの街をイメージして作っています。
締め切りまで約一ヶ月…さて間に合いますかな?

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その7

ミニのシャーシの方は概ね終わりそうなのでボディの塗装に移ります。

今回は宣言通りマルティニカラーなので何度かマスキングを重ねる事になります。
ボディの色はクレオスのクールホワイトでやり直しました。
180919_1
隠蔽力もそこそこあって使い勝手がいい色です。
色味も今回はなるべく素の白っぽい感じが良かったので問題なし。
180919_2
まずはマスキングして軽くクリアーを吹いてからMr.カラーの3番のレッドを塗装。
クリアーをマスキングの後に吹く事によってちょっとした隙間を塞いでその後の塗装の吹きこぼしを無くすのだそうです。
次は赤色部分をマスキングしてからまたもやクリアーを吹いてMr.カラーの323番ライトブルーを塗装。
180919_3
最後も同様にライトブルーをマスキングしてクリアー→Mr.カラー322番のフタロシアニンブルーを塗装して乾燥したらマスキングを剥がします。
180919_4
ちょっとはみ出しがありますね。
やり直すのもちょっと大変なのでヤスったりデザインナイフで削ったりしてはみ出し部分を落とします。
もちろんそんなに綺麗には仕上がらないので筆塗りでリタッチしておきました。
180919_5
180919_6
全然ダメってもんでもないし、まぁこんなものでしょう。
そしてデカール貼りです。
使ったのはスタジオ27のランチアデルタ用の物をメインに、細かいスポンサー関係はジャンクのデカールを使いました。
180919_7
180919_8
やっぱりマルティニカラーはいいね!

| | コメント (0)

«タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その6