トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

柏崎模型展作品③

毎度!

予告?通りPSUを買ってきたのはいいのですが、オンラインに繋ぐための登録をインターネットか携帯で行わねばならんのですが、混み合って全然繋がりませ~ん(><)

仕方ないのでオフっている家主えりあんです、こんばんU~!

PSUの感想は明日にするとして、今日は柏崎模型展作品のラストです~!

⑦ バンダイ 1/144 HGUC Zガンダム

Kasiwazaki011

こいつは脚を後ハメにして塗装効率を上げるか、マスキング塗装にして強度をとるか悩んだのですが、結局マスキングでの塗装にしました。

これはウェーブライダー(WR)に変形するので、きっと遊んでいる内に強度が落ちるだろうと考えての事だったのですが、今やWR用のパーツが紛失してしまい意味なしですよ・・・

オススメ度:★★★☆☆

⑧ バンダイ 1/144 モビルジン・ミゲル専用機

Kasiwazaki012_1

基本的に素組みですが、肩アーマー部分の後ハメ工作と手をHDMに換装してあります。

塗装は普通にオレンジ色ではつまらないので、シルバー塗装後クリアーオレンジで仕上げました。

白色部分もライトグレー→ホワイト→パールホワイト→クリアーの順番に塗装してあります。これはカーモデルの塗装の応用ですね。

オススメ度:★★★☆☆

⑨ バンダイ 1/144 モビルジン・ハイマニューバー

Kasiwazaki013_1

これは各所に見えるメカ部分を焼け表現したくて作りました。

製作法は上記モビルジンとおなじですが、特徴的なオレンジ色の姿勢制御用ノズルがあまり立体的でなかったので、市販パーツなどで作り直しています。

オススメ度:★★★☆☆

⑩ バンダイ 1/144 HGUC シャア専用ザク

Kasiwazaki014_1

シャア専用ザクって量産ザクより3倍速いっていいますけど、そのまま作ったのではそんな雰囲気が出ないと思いちょこっといじってみました。

それと俺設定でシャアザクの性能が高かったのは姿勢制御用バーニアなどの強化もあったのではないかと思い各所に追加しています。

これは宇宙で使用されていたという事も考慮しての事です。

個人的にザクシリーズは非常に好きなので各バリエーションを作りたいと思っているのですが、並べた時に色だけの違いでは面白くないという所も考えての事です。

他の改造箇所はアンテナの削り込みとランドセルのバーニア追加、シールドの取り付け位置を斜めにした所です。

それとザクマシンガンもマガジンの位置の移動や、肩当て部分等ちょこっと改造しています。

オススメ度:★★★★☆

さ~更新も終わったしPSUでもやるかなヾ(^-^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月30日 (水)

柏崎模型展作品②

毎度!

今日は先日に引き続き、柏崎模型展に出したオイラの作品群を紹介しますよ。と久しぶりにまともな入り方の家主えりあんです。こんばんドス~!

そんでは本日のテーマ「怪獣大行進」早速行ってみようか~!

⑤ 怪獣無法地帯 1/350 パゴス

Kasiwazaki009

顔を隠したらネロンガとかマグラとかバラゴンとか色々言われそうですがパゴスです。

キットは怪無のガレージキットでパーツも少なく後ろ足部分の取り付け以外は楽に組み上がります。

ただコイツはバランスが悪く、ベースに固定しないと左前足が地面に着いてしまうのが困り者です。

塗装はタミヤのアクリルで塗装したような記憶がありますが、これまた記憶が薄いです(;´Д`)

オススメ度:★★★★☆

⑥ 怪獣無法地帯 1/350 ペギラ

Kasiwazaki010

これまた怪無のガレージキットです。

パーツも少なくパゴス以上に簡単に組み上げられます。

色は南極に住むという設定のためライトグレー系で仕上げました。

基本的に単色なので塗装も楽ちんです。

オススメ度:★★★★★

わ~(*´Д`*)~怪獣大行進とか言って2個しかない・・・・

明日はこのシリーズ最終回ですので今日よりは多く出せると思います。

ではまた明日~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

柏崎模型展作品①

毎度!

そろそろ31日も近いですね~。31日と言えばPSUの発売日がとっても怖い家主えりあんです、こんばんドス~!

いやね、ほんとにPSU買ってしまいそうで怖いですよ。既にフライングで手に入れた友人もいますし、オイラも買ってしましそうで・・・・楽しいモンハンの日々は幻だったのか!?

さーて今日は折角ですので先日の柏崎模型展に出展したオイラの作品を紹介させていただこうと思います。

① タミヤ 1/24 ニッサン350Z

Kasiwazaki005

現在販売されているフェアレディーではなくて、短期間だけ販売していたプロトタイプ(?)の方です。

カーモデルで一番悩むのがボディー塗装なのですが、こいつのシルバーも色々考えた結果、Mrカラーの8番シルバーに若干28番の黒鉄色を足した物を吹き付けました。たぶん。

というのも随分前に作ったものなのでよく覚えていないんですねぇ~Σ( ̄□ ̄)

組み立ては最近のタミヤスタンダードの奔りとなった造りで、初心者にも簡単に作る事ができます。

その反面、作っていてあまり面白くないという所もありますが、ディティールアップなぞやっている時間ないわ~!という人にはいいかも知れません。

オススメ度:★★★☆☆

② タミヤ 1/24 トヨタ・セリカ

Kasiwazaki006

これまたタミヤのお手軽キットですが、350Zに比べると若干手間が掛かる感じです。

色はフィニッシャーズのカラーを使った記憶がありますが、何色だったのか全然覚えていないっス。

サイドスカート(?)のグレー部分は別パーツなので、塗装後しっかりと接着しないと車体をはめる時外れたりする場合があるので注意した方がいいです。

オススメ度:★★★☆☆

③ タミヤ 1/24 ホンダS2000

Kasiwazaki007

これまたタミヤのお手軽キットです。

キットはタミヤのサンプルを製作したものなので、もしかしたら製品版と若干違う所があるかも知れません。製品版は作った事ないのでよーわからん。

ルーフはソフトトップが開状態と閉状態の両方がセットされていて、乗せかえる事が出来ます。

フロントのウィンカーの色を塗り忘れと、後部のアンテナが何処か行ってしまってます。(><)

オススメ度:★★★☆☆

④ フジミ 1/24 トヨタ TE27レビン

Kasiwazaki008

オイラの大好きなTE27レビンですが、このキット滅茶苦茶モールドが甘いです。いや近年のフジミのキットよりはマシとは思いますが、絶対モールドの掘り起こしをしないと後でとんでもない事になります。

これまた色は悩みまくったのですが、この渋いダークグリーンって一発で出る色ないんですよね。

結局Mrカラーのグリーンに若干ホワイトパールを添加してあえて模型っぽくしました。

フロントマスクは塗り分けが激しいので初心者にはキツイかも。

ワイパーはモデラーズのエッチングに変えてあります。

しかしここでジオンの脅威が!!

なんと展示会に超絶モデルのTE27レビンがっ!!

う────っ、持ってこなければ良かった(;´Д`)

オススメ度:★★☆☆☆

展示会作品は明日も続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月28日 (月)

スーパーマン・リターンズ

毎度!

今日は地元の映画館がメンズデーで男性オール¥1000だったので映画を観てきた家主えりあんです、こんばんドス~!

という事で、今日は模型&モンハンと関係ない映画の話でござる。

観てきた映画は意外と話題に上がっていない(?)「スーパーマン・リターンズ」です。

流石にビッグタイトルの再映画化にファンはうるさいのか、アメリカではあまりヒットしなかったようですので大きな期待をせずに観てみる事にしました。

しかし煮ても焼いてもやはりスーパーマンです。

オープニングにあの何時ものジョン・ウィリアムス作曲のテーマ曲が始まると、なぜか反応する鳥肌立ちのMy皮膚。

話の内容には詳しく触れませんが、再映画化と思っていたらどうやら前回(スーパーマン2)からの続きだったようです。(どうやら3・4は無かった事になっているらしい)

前回の話なんぞはすっかり忘れていましたので、話を見ていても何となくこんな話だったかなぁ~見たいな感じだったので、この点は若干消化不良気味です。

観る人は1・2を観てからの方がいいんじゃないでしょうか?

話の内容は良くも悪くもスーパーマンでしたが、個人的には全然OKな話でした。

最近のビッグタイトル映画に習ってこのスーパーマンも色々と複線が張られているっぽい所が多々ありますので、きっと続編が作られるんでしょうなぁ。てか、オイラ観たいぞ。

そうそう、主役の新スーパーマンを演じるブランドン・ラウスですが、立派にイメージ通りのスーパーマンでしたよ。

もう少しクラーク・ケントの時はドジっ男であって欲しかったけど、これは脚本の問題だと思うし、次回作があればスーパーマンのイメージも定着するのではないでしょうか?

最後に一つだけ気になったのは、この映画かなり長────────いです。なんと154分もあります。

正直ラストはトイレ行きたくて大変だったヨ。

オススメ度:★★★★☆←スーパーマン好きなら

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月27日 (日)

柏崎模型展

毎度!

今日は朝早くから柏崎模型展へ出展してきてちょっとお疲れな家主えりあんです、こんばんドス~!

という事で新潟ローカルですが「第4回 柏崎模型展」へ行ってきましたよ。

この模型展も今回で4度目という事ですが、オイラが出展するのは今回が初と言う事もあり頑張りました!

Kasiwazaki001

す・・・すみません・・・・実は殆どが過去に製作した物です・・・・orz

新作はHGUCのシャア専用ザクくらいでしょうか。

だってWFの商品製作で何にも出来なかったんですぅ~!!

そんな(?)作品達を俺的には頑張って作ったつもりだったのですが、流石新潟から集まった猛者達の作品です・・・・すげぇよ。

大手サイトの超電動モデラーから、中にはモデルカーズに作品を載せているというプロの方々の完成品を見ると、もうオイラのブツは赤子の○○○ですわ(><)

こちらなぞ趣味で作っているとは思えない作品の数々・・・・

Kasiwazaki002

そして車、飛行機、艦船、戦車、アニメ、フィギュアと様々なジャンルの作品が揃いました。

Kasiwazaki003_1

ブースの1/3はNゲージやOゲージのコースを設置し、お子さん等にはかなり好評だったようです。

鉄道ゾーンにはフルスクラッチをしている方も。

Kasiwazaki004

やはりお好きなだけあって、かな~り楽しそうに製作されていました。

今回一番楽しかったのはやはり他の方と製作方法の話をした事でしょうか。

カーモデルなんかでも、自分で作り方が決まってきてしまっていたのですが、上手い方の話を聞くとやはりまだまだ精進せねばと思いましたよ・・・・

恐らく次回もまた来年の8月に開催されると思いますので、また出てみたいですね。

次こそは新作を沢山作りたいデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

模型展示会

毎度!

アクセス解析を見たらいつの間にか総アクセス数が1500を超えていて、とっても嬉しい家主えりあんです、こんばんドス~!

まだ1ヶ月も経っていないのにこのペースはかなり早いと思いますがどうなんでしょう?

少なくとも昔やっていたHPより見られているって事なんだよなぁ。やはりココログで検索しやすいからでしょうか?

リンク先を見るとブックマークされている方もかなりいるようで、これはとても嬉しいですよ。

これって気に入って貰えているって事ですよね?そうですよね?ち・・・違うのか??

さーて、只今オイラは明日新潟の柏崎で行う「柏崎模型展」に完成品を出展するべく部屋の中を探索中です。

この模型展はコンテストではないので、昔作ったプラモやガレキを10点ほど持っていこうかと思っております。

この模様は後日アップしたいですね。

きっと何かあるはず!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

またまたワンフェスなのら~

毎度!

昨夜久しぶりにモンGの熱風と落雷でキリン討伐に行った家主えりあんです、こんばんG~!

久しぶりのGはいいね!寝落ちしたしね!一回も討伐できなかったしね!!orz

さぁ気を取り直してワンフェスですよ。

いいかげん引っ張るなっていう声が聞こえてきそうですが、まあ気にすんな>俺(^ ^;)

まずは「えり庵」ブースの模様です。

Wf2006summer_1

こんな感じのブースです。ちなみに会場前の画像です。

画像はデジカメの電池を持ってくるの忘れたので、携帯で撮ったものです。(撮ったのすっかり忘れていた)

お次はコレ~

Wf2006summer_2

販売している所です。

え~販売する気無しですなぁ・・・・モンPを皆でやっております・・・・・・

この画像は売り子のオレンジさんが写してくれました。さんくー!

そう言えばココ↓のサイトでウチのブースの画像が出ていました。

http://pinkistkimpokku.blog35.fc2.com/blog-entry-61.html :紅茶な一時

綺麗に撮っていただいてありがとうございます。

あと有名所でココ↓でも色々なブースの紹介をしています。

http://www.akibablog.net/archives/wf2006/index.html :アキバBlog

そう言えばオイラが席を外している時に電撃HMが写真撮りにきたらしいです。

まぁ雑誌に掲載される事は無さそうですが、撮影されたのはちょいと嬉しいすなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

HGUC MS-05B ザクⅠ黒い三連星仕様

毎度!

今日も次回のワンフェスアイテムを何にしようかと考え中の家主えり庵です、こんばんドス~!

ワンフェス依頼模型店に足を伸ばしていなかったので、久しぶりに行ってみましたよ。

そしたらこんなのがありました~

Hgucms05b_01

HGUC MS-05B ザクⅠ黒い三連星仕様」であります。名前長い・・・・

ノーマルの旧ザクは買っていないので詳しくは分からないのですが、基本的にマーキングシールと成型色が違うだけで同じもののようです。

何故旧ザクを買っていないかと言いますと、HGUCガルマ専用ザクが発売された時に改造して旧ザクを作っていまして、HGUC旧ザクを買うのが悔しかったからw

黒Ⅲザクも買うか悩んだのですが、色違いなので心を許してしまいました。(本当は旧ザクも欲しかったんだヨ)

ん───、腰が動くのが悔しい・・・・・でもその為か上半身から腰にかけての流れるラインが台無しなのが個人的には嫌ですね。

あと頭の形状が旧ザクっぽくないです。

特に口先部分はもっと下に垂れるような角度でないとイメージと合わない気がします。

頭で参考になるのはMSinACTIONの旧ザクだと思いますがどうでしょう?

もう一つ気になるのは、肘関節がアクションフィギュアのようなデザインになってしまっている所。

可動範囲が大きくなるのはいいのですが、デザインも何とかして欲しかった。

しかしアレですね、量産ザクの時と比べて物凄く進化したという分けではありませんが、要所要所がレベルアップしていて、まるで昔1/144の旧ザクが発売された時の気持ちが懐かしく思い出されますねぇ。

きっとHGUC旧ザクを使って量産ザクを作る人とかいるんでしょうなぁ。

オススメ度:★★★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オマケ

夕方海岸へ行ったら佐渡に沈む夕日が綺麗だったので一枚写してきました。

Sado_01

うちのブログに似合わないですが、心を洗われてみてくれっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月23日 (水)

C3体験記

毎度!

今日は新潟の某模型展示会に出品する作品を選んでいる家主えりあんです、こんばんドス~!

ここの所ワンフェス~ワンフェス~っと続いてきましたので、今日はすっかり忘れていたC3体験記でもお届けしましょうか。

実はC3は十年ぶりくらいに行くことになりまして、当時はホビージャパンフェスティバルとか何とかそんな名前だったと記憶しています。

サンライズのバンダイ系(ようするにガンダム)の版権が唯一下りるイベントという事で人気のC3ですので、ガンダム好きのオイラとしてはかなり楽しみだったりするわけですよ。

今回はラッキーな事に関係者方面から入場できたので、一般入場者の方々には申し訳ないのですが全く並ぶ事無くすんなりと入る事が出来ました。

が!

C3xhobby2006

動けない・・・・・・

人多過ぎっス。

昔は一般ディーラーのオリジナルガレージキットの販売がメインだったのに、今では大手メーカーの限定グッズ祭りと化していました。

しかも各ブースに長蛇の列が出来ているので、人気のブースでは肝心の展示物を見る事が出来ず(というか見る気さえ起こらない)かなり萎え~な状況に。

見たかった個人ディーラーブースは入場の時間が遅かった為か、かなり閑散とした雰囲気が漂っていて期待していた内容とは正直かなり程遠かったです。

それでもオリジナルデザインの1/400(?)アッザム(売り切れていた)とか、1/35トラッドイレブン(1/48なら買っていたな・・・)とか、かなり心に来るアイテムもあったのは事実ですが、あまりにも会場全体がひどい状態たったので、身も心もヘトヘトになり入場2時間にて何も買わず出てしまいました。

その後駅前のサイゼ○アで久しぶりに会った友人達とモンPやりまして、最終的にその日一番楽しかったのはそれだったかとw

しかしまぁ、そのような内容のC3でしたので、来年は恐らく行かないんではないかなと思います。

唯一のガンダムガレキイベなのになんか勿体無いよなぁ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月22日 (火)

ワンフェス回顧録

毎度!

昨夜のモン2は祖龍の顔だけ見て早々に引き上げた家主えりあんです。

意外とヘボいグラフィックでちょっと萎えたのは内緒です。

さらにその後の黒龍で思いっきり寝落ちしてしまったのはもっと内緒です。

さて、先日のワンフェスですが思いの他多数のお客様に来て頂き、おかげ様でほぼ完売となりまして誠にありがとうございます。

正直あんまり儲かりはしないのですが、年に2度のお祭りですからやめられないですよね~

ワンフェスが終わったばかりですが心は既に次回へすっ飛んでいまして、次回は一体何を作ろうかと思案中です。

まだ作っていないのは太刀にガンランス、ボウガン2種に弓と狩猟笛ですねぇ。

狩猟笛以外は製作か型抜きの難しそうなのばかりだな・・・・

ん~暫くちょいと悩みそうです。

え?ワンフェスの画像は??

はい、ちゃんとカメラは持って行きましたよ、撮影はしようと思ったんです・・・・・が

いざ撮影しようかとカメラを持ち上げると・・・・・

軽い!?

ナンデダヨー!!

というわけでバッテリーを宿に忘れてきていました(><)

充電してそのまま置き忘れ~~~~~~~

という事でワンフェスの模様はリンク貼ってお茶濁します。

ワンフェス2006夏】日本最大のガレージキットの祭典“ワンダーフェスティバル2006夏”開催!  :gooゲーム

【ワンフェス2006夏】ローゼンメイデンとTo Heart2強し! 個人ディーラー作品紹介(アニメ・ゲーム編)  :gooゲーム

ワンフェス 2006夏 ちょいレポ :ゲーマガblog

行って来ましたワンダーフェスティバル2006summer :HK-DMZ PLUS.COM

ワンダーフェスティバル 2006 Summer【個人】【企業】 :ぺるめるらっしゅ

WANDERFESTIVAL 2006夏 企業ブース 一般ディーラー :CUT A NEWS

ワンダーフェスティバル2006[夏]写真 :Temporary Feeling

日々の記事 :PHASE SHIFT

探せばまだまだありそうですが本日はこれにて失礼~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月21日 (月)

只今帰りました~

毎度!

ようやくワンフェスから自宅に帰ってきたのですが、もうヘロヘロですよの家主えりあんです。

まずは当店の商品をお買い上げ頂いたお客様にお礼を申し上げます。

へタレな商品内容かと思いますが、何とか精一杯作った商品ですので製作していただけるととても嬉しいです。

それから今回「えり庵」のお手伝いしていただいたArk-Performance 壱号様、Orenge様他友人の方々お疲れ様でした。そして次回もよろしくお願いしますね。

まずは取り急ぎこれにて~・・・・・なぜなら祖龍クエが待っているからだぁ~!!

なんでワンフェスの日の戦後にやるかなぁ・・・><

詳しい旅の様子は明日いたしますでございます~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

ワンフェスへ出発なのだ!!

毎度!

今日も気温37℃の中で汗だくになりながらの更新しているという状況の家主えりあんですよ。

パソコン横の水槽見たらプラティーが一匹煮えて(?)死んでいた・・・・・・・

ファン回しても水温31℃ってなぁ・・・・流石に熱帯魚というよりは煮っ帯魚だよな。

みんな何処へ行く・・・戻っておいで~

さて、明日早朝ワンフェスへ出発いたします。

実は今回のワンフェスなのですがこちらの方に店頭用イラストを描いていただきました。

流石プロです。上手いです。エロいです(←ここ重要!)

では一言語っていただきましょう~

Ark-Performance の壱号さんで~す!

アレ・・・・・?

どうしたんでしょうか、出てきませんね?

あ、どうも今日はモンハンドスのオンに繋いでいるようです・・・・・・

会場では扱き使われているかモンPをやっているかのどちらかだと思いますので、壱号さんに一声かけて頂けると喜んで貰えると思います。

ではオイラからも一言。

「壱号さん、HR51おめ~!そしてイラストありがとう~!!」

それと弐号様告知ありがとうございます~!

では皆様、ワンフェス会場でお会いしましょう~!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここまで書いて肝心な事書いてなかった。

「えり庵」卓番 A31-14

こちらになりますのでヨロシクです~m(><)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

HGUC パワードジム②

毎度!

何とか今日ワンフェスの用意も完了しまして、後は金曜日の出発を待つだけとなりました。

今回はワンフェスの他にも、キャラホビ恐竜博の見物という重大なミッションがありますので、3泊4日という日程にも係わらず非常にタイトな毎日を過ごしそうです。

そんでもってちょいと暇が出来ましたので、HGUCパワードジムをパチ組してみました。

足首が少し大きいような感じもしますが、元々の設定でも比較的大きいのでこれが正解なのかなと思います。

Hgucpoweredgm_1

パワードジムと言えばバズーカ装備です。

MSはやはり大型兵器がよく似合います。

バズーカという名前の響というか、イメージとしてはもう少し大きくてもいいかな?

ちなみにバズーカのグリップは可動しますが、動く範囲が小さいので両手で構えようとするとかなりポーズが限定されてしまいます。

少し気になりましたので、可動部分にポリキャップを仕込んで後ハメできる様にし、開口部の後ろ側を1mm程削って動く範囲を大きくしました。

Hgucpoweredgm_2

今度はマシンガンを構えてみました。

今回左手は平手しか入っていないので、このような一風変わったポーズはとれるのですが、普通のポーズが難しいのよ・・・・・握り手入れて~!!

マシンガン自体は厚みもあっていいと思います。

Hgucpoweredgm_3

最後はビームサーベルを抜いてみました。

やはり左手がネックになってこのような見得きりポーズはとりやすいのですが、やはり普通のポーズは難しいです。

それとこのキットで一番気になる点は後ハメ加工がやりにくいという事です。

ABSパーツで関節を作っているのはいいのですが、外装と組み込み部分も一体化されているので、後ハメにするにはかなりの工作が必要です。

この辺はスケールとコストの問題もありますので中々難しいとは思いますが、塗装をするような中級者以上向けにも何とかして欲しいですね。

それとマシンガンとバズーカの持ち手は同じ物を使い、その為頻繁に親指部分を外しますので、その部分の保持が弱くなってしまいます。

ですので今回は親指の付け根部分のみ接着するという方法で保持力と武器の交換を両立させてみました。

オススメ度:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月15日 (火)

ワンフェス準備完了間近~

毎度!

今日も一日中WFの準備に掛かりっきりの家主えりあんですよ、こんばんドス~!!

Monhanweapon_3

パッケージ製作もほぼ完了してきましたが、まだポップ作りとか色々あって明日も一日中準備に明け暮れそうです。あふ~(T_T)

しかしアレですね、こうして商品形態になるとちゃんとした売り物っぽくなるので、何かこう嬉しくなってしまいますね~。

そして今回の秘密兵器。

Panasonic DMC-FX01で~す。

いつも使っているキヤノンEOS20DだとWFの商品の持ち込みもあり、これを持っていくととても重くて体力を消耗しそうなので、お手ごろサイズのデジカメを物色していたのですよ。

しかし、色々と探したのですが性能と価格、そして最大のポイントである好みの操作性のデジカメが見つからないんですよ。

少し前だとEXLIMあたりがいいかなと思っていたのですが、操作性はそこそこなんですけど、気に入らないのが手ブレ補正。

説明を読むと、いわゆる光学的に補正するのではなく、ブレそうな時はシャッタースピードを上げて無理やり撮るという、個人的にはかなり「え~っ><」なシステムだったのです。

カメラ好きとしてはこういうのちょっと嫌なんですよね。シャッタースピードを上げないとマズイ状況の時は、やはり自分で選択して操作したい物です。

この手のシステムだとf値か感度を変えるかのどちらかなのですが、やはり勝手にカメラが補正するのは嫌なのでブレンビー機能(古っ!)のあるカメラを物色してみたのです。

しかーし!ブレ補正機能のあるデジカメが見つからないっ!

あったのはSONY製のものだったのですが、操作性が俺的に最悪で撮っていて全然楽しくなさそうなので直ぐに却下。(マクロ機能は最高なんですけどね)

結局今買えそうな物は無いなぁと思っていたのですが、ふと見るとPanasonicのコーナーが・・・・

正直言いましてPanasonicは家電メーカーの色合いが濃いので、カメラ好きとしてはメーカーからして拒否状態だったのです。

これまたしかーし!何気なく触ってみると凄くいい操作性。

ある程度知識がある人ならば説明書を読まずにいじっても、ものの15分もあれば操作がわかると思います。

そしてブレ補正ももちろんかなり効きますし(今回の画像はシャッタースピード1/10で撮影)、色合いも悪くなさそうな感じ。

ただ価格が¥39800・・・・う~ん、ちょっと高いなぁ。

オイラSDカード持っていないから1GBのを買うとして、プラス¥8000くらいするしなぁ。

悩んだ挙句別の量販店へ行くと、なななな~んと現金特価¥32800の文字がっ!!

しかも8/13~18(だったかな?)のお盆限定特価!!

と言うわけで即GETでございます。

実際に使ってみてもかなり使いやすく、よく使う露出補正も簡単にできます。

強いて難点を言えば感度が最高でISO400なのが不満な所ですか。

しかし手ブレ補正があるので、余程のことが無い限りこれで十分な気がします。

今からデジカメを買おうと思っている方、一度Panasonic DMC-FX01を触ってみてください。

ちょいと感動しますよ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

モンスターハンター武器コレクション 塗装編③

毎度!

カレーの食べすぎでお腹がもたれている家主えりあんです、こんばんドス~!

Bbb_004

バルバロイブレイドがやっと完成いたしました。

一番の難関は最後の鎖の取り付けですね。

上部接地面を瞬間接着剤で貼り付けて、鎖の長さを合わせて輪っかを組み付ければいいと思ったのですが、これが又一苦労(><)

結局色々考えた末、一番やり易いと思った方法は、細いテグスで結びつけるやり方でした。

なんかすげぇベタな方法ですが、根性のある人はチェーン同士を組み見合わせる方法で頑張ってくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月13日 (日)

モンスターハンター武器コレクション 塗装編②

毎度!

お盆ですがやっぱり色塗りやってますヨ!な感じの家主えりあんです~

天気もいいので色塗りもかなりはかどり、気が付いたら塗装完了してしまいました。

本当はもう一日かかるかなと思っていたのですが、思いの他エアーブラシの乾きが良かったのでマスキングが早く完了したのが大きかったですね。

Monhanweapon_2

現在はこんな感じです。

これからバルバロイのチェーンの取り付けと、くろねこハンマーのヒゲ付けが完了すれば出来上がりです。

完成したら写真を撮って今度はパッケージと説明書作りに専念しないと、マジ間に合わなくなってしまう~(><)

今回のWF行きは18日に出発する予定なので、実質あと4日しかないと気が付いたのがつい最近だったりしてな!

秘境探検している場合じゃないよね。←まるで人事だな俺・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

モンスターハンター武器コレクション 塗装編①

毎度!

久しぶりにアクセス解析見たら、今日のアクセス数が18:00現在で67もある~!

ここの所一日平均が13くらいだったのに、一体何があったんですかね?

土曜&お盆で暇な人が多いって事なのかな?

何にせよ大勢の皆様お越しいただいてありがとうございます。

ほんとに何にも無いブログですが楽しんで頂ければと思います。

さて、昨日アクリルで塗装します~なんて抜かしておりましたが、チャレンジしたんですが色が塗りにく~~~~い!

一時間程色々試してみましたが、どうにも気に入らないのでラッカー系塗料で塗装する事にしました。

エアーブラシの方が綺麗に見えるしね。

ごまかしてるって言うなそこ!

Firesw_005

ほらあれですよ、結局はいつもの慣れている塗装が一番いいって事ですよ。

グラデーションとかはエアーブラシの方がやりやすいしね。

Bbb_003

今日の所はマスキング手前までなんですが、時間が無い───っ!

Knh_004

でもこんなネコ頭を見ていると少しは和んで来たようニャ・・・・・・・・ニャ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

モンスターハンター武器コレクション 塗装開始~

毎度!

今日は比較的水槽の中は平穏ですよ。でも水換えしていたら稚魚が一匹脱走してまたもや食されてしまいましたよ、あ~あ(><)な家主えりあんです、こんばんは。

昨夜はドスのイベントで初の秘境へ行くと言うこともあり張り切っていたオイラですが、募集に乗っかり猛者共と旅立ったのです・・・・が、秘境へ行く崖下のポイントが分からず5分ほどウロウロするオイラ。

皆さんはマップ外で戦っているようだし、場所がわかんねぇ~ヨ。

暫くしたらマップに見た事の無いエリアへの移動ポイントわ発見いたしました!

コレを観た時は嬉しかったですね~。何しろ自力で秘境へ続く通路を見つけたんですから。

もっとも通路というよりは只の崖からの飛び降り自殺みたいなものでしたし、それより5分もほっとかれたハンター一行にはいい迷惑だったと思いますが・・・ほんとゴメン。

何だかんだと言って4時間ほどプレイして火竜の紅玉を3個ゲット!!これは中々いいペースでしたね。

そんな勢いで今日からモンハン武器コレも塗装に移ることにしましたよ。

てか、いい加減完成させないと説明書やポップが作れないもんなぁ。

Firesw_004

今回は初のアクリル絵の具による塗装をしようと思っているのですが、クリアー系だけは表現するのは無理(それっぽくは出来ると思いますが)なので、炎の片手剣セットの刀身部分だけはMr.カラーのクリアーオレンジとクリアーレッドで塗装しました。

これから他のパーツをサフ吹きして本格的に塗装に移りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

HGUC パワードジム

毎度!悪さをするヤマトヌマエビを隔離したらモーリーが稚魚を産みおった~!!

驚いて見ているそばから他の魚に食べられていく稚魚たち・・・・

うちの水槽ってこんなんばっかりかよ(><)

15匹程いた稚魚の内、救出出来たのは3匹ですよ、とほほ・・・・・

さぁ、今日も気を取り直して新製品の紹介と名を借りた物欲披露大会の始まりですよ。

今日のお買い物はバンダイの「HGUC パワードジム」です。

Hgucpoweredgm

実は連邦のMSの中で一番好きなのがこのパワードジムなのですよ。

話の中ではあっという間にやられてしまい、その後回収して改良される事も無くご臨終してしまったあのMSです。

ではパーツを色々とチェックしましょう。

フロントアーマーはいつものHGUCで、左右繋がったタイプなので製作する時は真ん中からちょん切ってしまいましょう。保持が気になる人は真鍮線で左右を繋ぐ(接着はしない)といいと思います。

脚部の装甲内のアクチュエーターは半分モールドされているだけなので、腕に自信がある人は作り直しては?

足裏のバーニアノズルも立体感が無いのでここも何とかしたい所ですね。

手の平パーツが付属してバズーカを両手で持てるようにしているのはいいのですが、平手パーツにもう少し立体感が欲しいです。

特筆すべきは肘関節が二重間接になっているので、かなりの可動が出来る所です。

アクションポーズも色々と出来そうで楽しめますね。

そうそう忘れていましたが、盾裏にグリップパーツが一体化されていますので、削り取って新規に作り起こしたい所です。

最後にランナーをじっくり見ていると今回も怪しい所がいっぱいです。

ランナーには「HGUCパワードジム」と「HGUC RGM-79ジム」と2種類の記載がw

やはりジムカスタムとジムクェルが出るんでしょうなぁ・・・・うしし

今回も色々書かせていただきましたが、基本的にはスタイルを含め非常によく出来たキットだと思いますので即買い推奨させていただきます!

時間があればパチ組みしてUPしたいのですが、WFの用意がありますので今はそれどころじゃないんですよ~

さぁ急いで秘境へ行って銀レウスを倒さねば!←WFの用意じゃねぇーのかよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 9日 (水)

HOBBY BOSS 1/48 T-34/76&85

毎度!新潟祭りへ出かけてヘロヘロな家主えりあんですこんばんドス~

今宵も近頃オイラの中で流行っているヨンパチの一品ですよ!

ヨンパチMMのプラモ(ディスプレイキットね)と言ったらタミヤか稀に見るOKUNO、あとは再販を待たれる往年のバンダイ製品くらいしか思い浮かびませんが、先日模型店で見つけたのはHOBBY BOSSという中国製の製品でした。

Hbt34_76_001

最近はトランペッターやドラゴンが頑張っている中国製品ですが、このメーカーはちょいと目にした事がありませんでした。

HOBBY BOSS・・・・訳せば趣味の親分とでも言うのでしょうか、あからさまに怪しいメーカー名です。

箱横を見ると、どうも童友社が輸入代理しているメーカーのようです。ええ、益々怪しい匂いが充満してきましたね。

では箱を開けてみましょうか。

おお───!!

Hbt34_76_002

なんと車内はおろか、エンジンや冷却ファン、ギアボックスに砲塔内部まで再現されたフルディティールキットではないですか!

キャタピラもタミヤテイストのプラ製ブロック方式で、転輪部分の弛みも再現されています。

ディティールはやや緩めな感じですが、部分的には彫りが深い所もあり個人的には悪くないと思います。

リアのエンジングリルは真鍮パーツとプラパーツを融合させたハイブリッド!

Hbt34_85_002

問題は組み立てやすさや合いの良さなんですが、フルディティールキットですからここは非常に大事なところだと思います。

と、ここまで書いた所で今月のMG誌にこの商品が紹介されているのを発見。

なになに?パーツデータはトランペッターの1/16T-34の物を使用とな?

と言うことはこのメーカーはトランペッターの別ブランドと言う事なんでしょうかね?

トランペッターはデカイ箱シリーズで、HOBBY BOSSは小さい箱シリーズとか(笑)

この他にT-34/85などもありまして、こちらはタミヤには無い車両ですので嬉しいですね。

Hbt34_85_001

LCM-3上陸用舟艇もありましたが、こちらは馬鹿高い価格だったのでパスしました。

だいたいLCM-3って米軍の船ですよね?

メーカーも米軍の車両を出すのが先じゃないかって思うのですけど・・・

それともやはりタミヤ頼みなのか?気持ちは分からんでは無いけどな。

そう言えばヨンパチのディスプレイキットにはマイクロエースのペトリオットなんてのもありましたな。すっかり忘れていたよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 8日 (火)

タミヤ 1/48 キンガタイガー ヘンシェル砲塔

毎度!

今日も水槽の中のヤマトヌマエビ(体長6cm)がネオンテトラ(体長2cm)を捕らえて食していますよ。もう勘弁してくれな家主えりあんです。

餌がいっぱいいて良かったねエビちゃん。

モンハン武器コレクションも全部発表してしまいましたので、今日はタミヤの1/48MMシリーズの新製品「キングタイガー ヘンシェル砲塔」の紹介でもしましょう。

Tamiya_kingtiger_001

一昨年の年末にスタートしたこの48シリーズですが、当初どこまで本気でやるのかという外野の声をよそに、このキングタイガーでついに36作品目になりました。

2年経たずにこの数は凄い新製品の発表ペースですね。

この48シリーズは1/35に比べて一体パーツを増やすなどパーツ数を少なくしてはいますが、タミヤの濃い目のモールドのおかげか、それほどチープな印象を出す事無く見事に仕上げています。

大型車両の場合、シャシーはダイキャスト製になっていますので、接着には瞬間接着剤を使用するなど、若干ビギナーには辛い所があるのが唯一の欠点かな?と思っております。

まぁ何故ダイキャストなのかと言いますと、同社の最近のスポーツカーシリーズもそうなのですが、皆様ご存知の完成品販売をする為なんですね~。

そうですか、バレバレですかw

なんでも国外では完成品が比較的良く売れているそうで、それで最近のキットはやたらとダイキャストやら、一体パーツが多かったりするようです。

さて、キングタイガーに話を戻しましょう。

このキットももれなくダイキャストのシャシーで、サスペンションも一体化されていますので、ディオラマ作りにはちょっと不向きな所があります。

今後はせめてサスペンションだけでも別パーツ化を望みます。(でも重みに耐えられないかなぁ?)

パーツ分割を見ると予想通り砲塔部分が専用ランナーになっていますので、ポルシェ砲塔型が出るのは時間の問題でしょう。

キャタピラは若干モールドが薄いような気がしますが、パーツはいつものブロック毎の連結式なので簡単に仕上げる事が出来そうです。

ポルシェ砲塔と違いコーティングされたイメージのないヘンシェル型ですが、塗装図Cの第505重戦車大隊所属132号車だけはコーティングが必要になります。

何だかんだ言っても買っているオイラがここにいるんですがね・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 7日 (月)

モンスターハンター武器コレクション⑥炎の片手剣セット

うは────っ!

せっかく書いたネタが消えた─────っ!!

UPする時間違えて消してしまったみたい・・・・立ち直れん><

そんでもタイトル書いちゃったしなぁ・・・仕方ないなぁガンバルっす。

さて、気を取り直してシリーズ第6弾の炎の片手剣セットのお披露目ですヨ。

Firesw_001_1 Firesw_002_1 Firesw_003_1

左からコロナ、バーンエッジ改、イフリートマロウです。

キットは盾1個に格剣が1個づつの計4点セットとなります。

本当は別々の販売にしようかと思っていたのですが、セットの方が買う人も財布が軽くならずに済むと思いセットにしました。

剣の刀身はクリアーレジンで、塗装にクリアーを生かして頂ければそれっぽい感じに仕上がると思います。

硬化の関係でどうしても気泡が入ってしまいましたので、気になる方はサフ吹きして通常の塗装をして頂ければと思います。

盾は結構思いですが保持できない程ではないと思います。

盾と言えば実は凄い苦労しました。

画面アップにしてディティールを見るのですが、ポリゴンがあやふやでイマイチ形状がはっきりしないんですよね。

恐らくこうだ!って所で立体化しましたが、こんなんで良かったのかカプコンの人教えて~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気が付けばあと2週間でワンフェスですね。

うちの卓番はA31-14になりますのでお暇な方は見に来てくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

モンスターハンター武器コレクション⑤くろねこハンマー

毎度!ガンガン蝉が鳴いている快晴の日曜日の昼日中に一人で更新の家主えりあんですよ!!

でも暑いの好きだから問題ないも~ん・・・・ってそういう事言っている場合じゃないだろーという声は却下いたします。

さて、今日もモンハン武器コレ(以下モ武コレ)の新作発表です。

第5弾はシリーズ初のハンマー、そしてネタ武器くろねこハンマーですにゃー!

思わず猫語になってしまいましたが、昨年末モンPが発売され新武器が追加されたのですが、そうなるとやはりモ武コレも何か新武器から入れないといけないかなぁと思ったですよ。

それでまだ作っていなかったハンマーをと思ったのですが、ハンマーってあんまり使わないんですよね。

そんな時現れたのがココット農場のねこハンマーでの採集作業。

元々ネタ武器&ネコ武器好きな家主えりあんですから、コレを見た瞬間製作は決定いたしました。

Knh_001 製作は木工用エポキシパテを芯に、タミヤのエポパテでディティールを入れています。

初めて木工用エポパテを使ったのですが、こねくり回している時はべたべたして気持ち悪いですが、硬化すると肌理も細かく削り具合もかなりいい感じで気に入りました。

これから変な物を作る時はコレを使おうっと。

実はこのハンマーはお分かりと思いますが重くて持ち上げられません。

それよりグリップ部分が太くてこのようなポーズくらいしか出来ないのが難点です。

キャストのムクなんで仕様がないんですけど、なんかいい手ないですかねぇ?

Knh_003 写真を撮る角度を変えると何となくごまかせます(笑)

こんなポーズとっていると、溜めチャージした時の顔バージョンも作ってみたくなってきましたよ。

最初顔が変わるの気が付かなくて、製作中に顔が似ねぇ~って思っていたのは内緒。

そうそう画像にはないですが、髭用に0.3mmの真鍮線が付属します。

モデラー的に言いますと、ITALERI作せりとでも言いますか、そうですか言わないですか・・・・しくしく(泣)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

モンスターハンター武器コレクション④バルバロイブレイド

こんばんドス~!

毎度!今日も元気な家主えりあんでございます。

さて、モンスターハンター武器コレクションですが、これからは今回のWFに発売する新製品の紹介になります。

その第4弾となるのは、なぞの頭骨が燦然と輝くバルバロイブレイドです。

モンGでは火属性の大剣としてGクエ序盤に使えたバルバロイですが、ドスになって装飾系武器とされてしまったのか、通常では緑ゲージすらない厳しい武器になってしまいました。

それでもガルルガ装備にしてゲージアップ(と言っても緑ゲージも殆ど無い状態ですが)して、オフラオ討伐に個人的には活躍した武器の印象があります。

しかも今回は強化によって、クリムゾンゴートなる新武器になるというナイ~スな武器であります。(でもやっぱり使えるゲージはとっても短いです><)

Bbb_002

製作は薄い刃の部分がありますので、プラ版を元にエポキシパテを盛り付け、その後削り出しをして作りました。

パーツ構成は、ドクロ部分と柄が別パーツになります。

正直言いますと柄の部分にかなりの重量がかかりますので、柄の軸は2mmの真鍮線等で作り直した方がいいかも知れません。柄を短くして収納状態ってのも手ですが・・・・(^^;)

Bbb_001

画像は製品のサンプルを作っている途中状態ですので、まだチェーンがついていませんが、製品版にはしっかりと付きますのでご安心を。

ちなみにチェーンは金属製の物で、ご自分で巻いていただく事になります。

そう言えばモンハンやってて思うんですけど、達人のドクロってやたらと出ませんか?

達人のくせになんであんなに大勢死んでいるんだ?

しかも飛竜の棲家でよく見かけるところをみると、既に達人ではないのでは・・・・・もしかしてハンターの達人ではないのか?焼き物作りの達人??

どなたか知っている人がいましたら教えてください~

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 4日 (金)

モンスターハンター武器コレクション③封龍剣【超絶一門】

シリーズ第3弾は強敵リオレウスを雑魚敵にしてしまうという超強力な双剣の封龍剣【超絶一門】です。←でも雑魚には弱いよ~(^^;)

前回のWFでは価格が安かったせいか、意外と人気でお昼頃には売り切れてしまいました。

今回もいい気になって(?)ちょっとだけ再販いたします。

Czi_001 Czi_003

超絶一門の製作はプラ版の切り出しでも良かったのですが、全体に施された細かいモールドを付け難いと思い、薄く延ばしたポリパテの削りだしで作りました。

途中、硬化熱の変形などのトラブルもありましたが、パーツ数も少ないのであっという間に完成いたしました。

一番悩んだのは塗装で、深みのある黒い本体から稲妻のように走る幾千ものブルーのライン。そして燃え上がるオレンジの炎・・・・・

結局グロスブラックを塗装後、スジ彫り部分に薄いグレーを墨入れし、乾燥後スカイブルーを墨入れしました。炎部分はエナメル塗料での書き込みです。

今思うと本体のグロスブラックを塗装した後、クリアーブルーを重ね吹きしてもよかったような気がします。

さてようやく昨日ワンフェスのディーラー証が届き、これで完全にディーラーとして出店可能になりました。

前回は一人で出店した為、地獄のようなトイレ我慢大会に・・・・今回はその反省も含めて3人体制で挑む予定です。

さぁトイレ行くぞ~>って違う・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

モンスターハンター武器コレクション②ナイトランス

シリーズ2作目は序盤に使える槍の代表格のナイトランスです。

ゲームではこの槍を強化してバベルまでもって行けば、オフなら終盤オンでも上位くらいまでは使えるバベルが完成します。

じゃあバベル作れよって話になりますが、あの細々としたタイル状モールドと金色の成金趣味的な所が製作意欲を無くしたので、作り易そうなナイトランスにしました。

資料も比較的多かったのも作った要因の一つです。それに何と言っても格好イイですし。

製作にあたっては2mmの真鍮棒を基本にポリパテで作りました。棘部分はプラ棒の削り出しです。

盾はポリパテをRの大きい瓶に紙一枚間において貼り付け、乾いたら削り出して作りました。周りの細いモールドは、エバーグリーンのプラ棒を曲げ加工した物を貼り付けています。

Kl_004 Kl_003

ナイトランスに限らず槍系はどうしても細長いので、型抜きする時に曲がってしまうのがちょいと難点ですね。

他にも今見ると全体的に二回り程サイズが小さかったように思うのが反省点です。

それにしてもモンハンの武器って妙にみんなデカイんですよね。

現物の武器なんかと比較してもデカイので、何となくこのくらい?なんて思って作ると大抵小さ過ぎちゃうんですよねぇ。

モンハンGでは後半殆ど槍ばかり使っていましたから、槍には殊のほか思い入れがありまして、他にも色々と作って行きたいです。

槍と言えばここの所ずっとドスっていたのですが、最近久々にGをやってみました。

流石に黒滅3本+麻痺ガンでやると大闘技場の夫婦もあっという間ですな~w

久しぶりにやって再認識したのですが、面白い・・・・・やっぱりGは傑作です。

マップも程よい広さですし、雑魚もそれほどウザくない。相変わらずランゴは鬱陶しいけどね(^^;)

あ、そうそう。ナイトランスも今回のWFで再販いたします。数は再販品の中でもかな~り少ないです。とか言って残ったらどうしよう・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

モンスターハンター武器コレクション①ブレイズブレイド

昨日も少し触れたのですが、今日から暫くは顔見せシリーズとして、今回のワンフェスに発売するアイテムを少しづつ載せていきたいと思います。

ではまずは前回からの再販品のブレイズブレイドです。

Bb_003_1 Bb_002_1

シリーズ第一弾で製作したのがこのブレイズブレイドです。

原型は形が平面で単純でしたので、殆どがプラ版での製作です。

製作にあたっては攻略本等の平面写真をスキャナーで取り込み、ミクロマンサイズに拡大し、それをプラ版に写して切り出しました。

当初一品物として製作したのですが、周囲よりワンフェスで売ってみたら面白いのでは?との声が上がり、急遽複製品としてみました。

収納状態のギミックが出来たら面白かったのですが、パーツ数が複雑になるのとそれに伴い価格がかなり高くなってしまいそうでしたので使用状態のみとしました。

もっとも収納状態に改造するのもそれ程難しくありませんしね。

型抜きも殆ど初に近い経験でしたが、知識だけは結構ありましたので以外とすんなりいけました。

ただ、刃を可動する時に動くナット状のパーツにどうしても空気が入ってしまうので、最初にその部分だけ爪楊枝でキャストを流し込み、その後ゴム型を合わせて通常のキャストを流し込むという方法をとりました。

あとちょっとした事なおですが、刃の形状を変えるとアッパーブレイズにもなりますので商品化も考えて・・・・でもなんかバンダイというかフジミっぽい展開になりそうなので少し考えてしまいますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

今日からスタート

皆様こんばんは。

今日よりブログをスタートさせて頂きます家主のえりあんと申します。

ブログ内容は模型全般のお話と、数年前からまはりまくっているTVゲームの「モンスターハンター」の話がメインとなってしていく予定です。

なぜ模型とモンハンなのかと言いますと、画像を見ていただけると一目瞭然・・・・・あまりにも好き過ぎてフルスクラッチまでしてしまいました(笑)

Bb_001

見ての通りミクロマンサイズのブレイズブレイドです。

あ~なんか見た事あるぞ~っと思った方いらっしゃるかもしれないですねぇ。

実は今年の春にワンフェスで「えり家」のブース名で売っていました。

8月のワンフェスには「えり庵」の名前でまた出店しますので、お暇な方は冷やかしに来ていただければ・・・そしてついでに買って頂けたらうれしいなぁ~っと・・・・

さて、前置きと宣伝はこの位にして、実は初のブログなので右往左往しながら書いていまして、この日記がどのように掲載されるのかさえも分かっておりません^^;

なので暫くは生ぬるい目で見て頂ければと思います。

ではでは~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »