« モンスターハンター武器コレクション⑥炎の片手剣セット | トップページ | HOBBY BOSS 1/48 T-34/76&85 »

2006年8月 8日 (火)

タミヤ 1/48 キンガタイガー ヘンシェル砲塔

毎度!

今日も水槽の中のヤマトヌマエビ(体長6cm)がネオンテトラ(体長2cm)を捕らえて食していますよ。もう勘弁してくれな家主えりあんです。

餌がいっぱいいて良かったねエビちゃん。

モンハン武器コレクションも全部発表してしまいましたので、今日はタミヤの1/48MMシリーズの新製品「キングタイガー ヘンシェル砲塔」の紹介でもしましょう。

Tamiya_kingtiger_001

一昨年の年末にスタートしたこの48シリーズですが、当初どこまで本気でやるのかという外野の声をよそに、このキングタイガーでついに36作品目になりました。

2年経たずにこの数は凄い新製品の発表ペースですね。

この48シリーズは1/35に比べて一体パーツを増やすなどパーツ数を少なくしてはいますが、タミヤの濃い目のモールドのおかげか、それほどチープな印象を出す事無く見事に仕上げています。

大型車両の場合、シャシーはダイキャスト製になっていますので、接着には瞬間接着剤を使用するなど、若干ビギナーには辛い所があるのが唯一の欠点かな?と思っております。

まぁ何故ダイキャストなのかと言いますと、同社の最近のスポーツカーシリーズもそうなのですが、皆様ご存知の完成品販売をする為なんですね~。

そうですか、バレバレですかw

なんでも国外では完成品が比較的良く売れているそうで、それで最近のキットはやたらとダイキャストやら、一体パーツが多かったりするようです。

さて、キングタイガーに話を戻しましょう。

このキットももれなくダイキャストのシャシーで、サスペンションも一体化されていますので、ディオラマ作りにはちょっと不向きな所があります。

今後はせめてサスペンションだけでも別パーツ化を望みます。(でも重みに耐えられないかなぁ?)

パーツ分割を見ると予想通り砲塔部分が専用ランナーになっていますので、ポルシェ砲塔型が出るのは時間の問題でしょう。

キャタピラは若干モールドが薄いような気がしますが、パーツはいつものブロック毎の連結式なので簡単に仕上げる事が出来そうです。

ポルシェ砲塔と違いコーティングされたイメージのないヘンシェル型ですが、塗装図Cの第505重戦車大隊所属132号車だけはコーティングが必要になります。

何だかんだ言っても買っているオイラがここにいるんですがね・・・・・

|

« モンスターハンター武器コレクション⑥炎の片手剣セット | トップページ | HOBBY BOSS 1/48 T-34/76&85 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138042/2988610

この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/48 キンガタイガー ヘンシェル砲塔:

» ネオンテトラの飼育方法 [ネオンテトラの飼育方法]
ネオンテトラを元気に永く飼育する方法 [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 18時36分

« モンスターハンター武器コレクション⑥炎の片手剣セット | トップページ | HOBBY BOSS 1/48 T-34/76&85 »