« MHF 狩人の書F シーズン1.5 発売 | トップページ | MHF 紅蓮双刃 »

2007年11月 5日 (月)

2007オートボルテージュ”アエロバティックス日本グランプリ”

久しぶりの更新です。何をやっていたかといいますと、先週末にツインリンクもてぎで行われた「2007オートボルテージュ”アエロバティックス日本グランプリ」へ行って参りました。

去年に引き続き見物へ行きましたがやはり面白い。高速のジェット戦闘機の飛行展示も面白いですが、アクロ専用機のもはや飛行機とは思えない動きは一見の価値があります。

153

154

今年は去年の覇者ユルギス・カイリスと表彰台の常連ピーター・ベゼネイが参加しておらず少々残念ではあったのですが、逆に参加チームは増加してソロで6名、フォーメーションで3チームと見所満載でした。

フォーメーションでの優勝はフライングブルズ。

166

おばちゃんのリーダーにおっちゃん3人の編成はまるでラピュタのドーラ一家。

しかしその見事なフォーメーションに観客の声援が飛び交いました。

そしてソロはもてぎ初の表彰台にして優勝のミハイル・マミストフ。

155

パワーのあるスホーイSu-26で見事な演技力と力技を融合させてくれました。

機体で気になったのはイエローのカラーが眩しいエクストリーム3000。

157

この昨年初飛行したばかりという最新鋭機は軽量&大パワーでスピード&起動飛行がとんでもない事に。今大会ではその性能をまだ生かしきれていなかった感はありましたが、飛行特性を煮詰めて演技しきれれば、ここ最近のSu-26&31とエクストラ300S&Lの一角を崩せるのではないでしょうか。

日曜日には航空自衛隊救難隊のU-125とUH-60Jも参加。

156

いつもの救助訓練を見せてくれました。

今回はこの後スタンドに設置されているオーロラビジョンで海難救助の模様を映し、それを場内放送で解説するなどのコーナーもあり、いつもより内容の濃い飛行展示となりました。

会場では解説も行っていたリノなどの競技で有名なトニー比嘉さんもサイン会を開いていました。

158

そしてサイン会と言えば競技参加機とパイロットを間近に見られるフライトガーデンオープンです。

家主は2日通ってほぼ全員のサインをいただきました。どのパイロットも気軽に握手や写真を撮らせてくれ、1日1時間限定とはいえとても濃いイベントとなりました。

そんなオートボルテージュですが一番良かったのは

159

もてぎ名物もてガールの皆さんだったりして^^;

|

« MHF 狩人の書F シーズン1.5 発売 | トップページ | MHF 紅蓮双刃 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138042/8774725

この記事へのトラックバック一覧です: 2007オートボルテージュ”アエロバティックス日本グランプリ”:

» グラドル観察 ミスマガ版のブログ [グラドル観察 ミスマガ版のブログ]
鹿谷弥生小さすぎるビキニでDVD撮影 激しく動くとビキニの隙間から具がはみ出ちゃって発売中止 未編集のDVD動画を公開 清純イメージから早くも脱却?しようとして大失敗 Aカップの貧乳でさえこぼれるビキニで大ハプニング [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 21時54分

« MHF 狩人の書F シーズン1.5 発売 | トップページ | MHF 紅蓮双刃 »