« 第49回静岡ホビーショーレヴュー/合同展示会キャラクターモデル編 | トップページ | D-1 GRANDPRIX 前編 »

2010年5月27日 (木)

タミヤVSハセガワ ロータス79

まさかのバッティングアイテムとなってしまったロータス79ですが、ハセガワが頑張ってしまったので発売も同時という事に!

という事で早速買ってきましたよ~♪

100527a

100527b

上がハセガワで下がタミヤのパッケージです

どちらも背景がグレー~ブラックのグラデーションで似た雰囲気ですが、ハセガワの方がややあっさりな感じでしょうか

アレ?と思ったのがタミヤのパッケージの方のシート上の3つの丸穴

ハセガワの方には無いので何故だろうとチェックしてみたのですが、手持ちの写真にはこの丸穴がある物は無いんですよね

さらにキットの方でもハセガワとタミヤのどちらにも再現されていません

という事はイラストレーターのミスか使った資料の違いかですね

ちなみにキットの値段はハセガワが税別¥3600でタミヤが税別¥4000と僅差でハセガワが安いです

ただしハセガワはドイツGP仕様のみに対してタミヤはドイツとイギリスGPのコンパチキットになっているので、その分の価格差といえばそれほど気になる価格ではないと思います

では気になる中味の違いを見てみましょう

100527c 

【カウル上面】

カウル上面のパーツ分割はいきなり違います

ハセガワは中央部が一体なのに対してタミヤは前後の分割式です

実写はタミヤのように分割できますがハセガワが不正解というわけではありません

展示するにしても前部分だけ外すとか後だけ外すという事はあまり無いシチュエーションと思いますのであまり問題ないかと思います

もう一つの違いはカウル留めのモールドがハセガワがあるのに対し、タミヤではつるペタ表現となっていてデカールで処理する事になっています

これはタミヤは別売のエッチングパーツにカウル留めのパーツが入っているからで、決して忘れているわけではありません

研ぎ出しの事を考えたらタミヤ方式の方がいいですね

100527d_2

【前後ウィング】

ここでの一番の違いはリベット表現です

ここでもハセガワではモールドされているのにタミヤでは再現されていません

実写ではハセガワのようにモールドがあるのが正解です

100527e

【カウル下面・サイドポンツーン】

ここも分割が微妙に違います

タミヤよりハセガワの方が一体化されていますね

サイドポンツーン部分はタミヤの方が細かく分割してありますが、これは作るGPの仕様によってパーツが違う事でもあります

100527f

【モノコック】

タミヤはコクピット部分と燃料タンクは別パーツなのに対しハセガワは一体されています

強度的にはハセガワに軍配があがりそうですが、別パーツな分タミヤの方はシート下の部分も再現されています

また画像にはありませんがシートベルトはタミヤは別売のエッチングまかせで、ハセガワはプラパーツ(シートとは別パーツ)で再現されています

ちなみにハセガワも別売のエッチングにはシートベルトがセットされています

100527g

【ホイール】

タミヤのは旧キットのままっぽいです

またメッキしてありますがハセガワはプラ素材のまま

パーツ分割も違っていてハセガワの方が塗装を考えるといいですね

またハセガワはスポークが十字タイプも入っているのが嬉しいです

100527h_2

【エンジン】

画像左上のランナーはいつものDFVパーツ

なんでタミヤは新パーツにしなかったんだろうなぁと思わせる部分です

最も今見てもそれほど古臭く見えないのは流石

また以外と新規部品も多くこれならほんの少しパーツを足すだけでできそうなんですが…

ハセガワの方のエンジンは繊細なモールドで再現されていて、特に作ると見えなくなってしまうフライホイール部分の彫刻は見事!

なんとか外して見えるようにしたいくらいです

100527i

【サスペンション等】

男っぽいタミヤと女性っぽいハセガワな感じです

ようするにタミヤの方ががっしりしてます

タミヤの方は強度計算してるのかも

また前方のロアアームの長さはタミヤの方が2~3mm短いです

又リアのロアアームの形状も別物のように違います

どちらが正解なのかは不明

100527j

【エアーファンネルカバー】

ある意味最大の違いがここ

タミヤは金属メッシュの部品でハセガワは透明パーツでの再現です

ここだけでも価格差¥400円以上ありますね!

ただしハセガワも別売エッチングにはメッシュパーツが付属するので、こちらを買う予定であればそれほど関係ある話ではないですね

100527k

【デカール】

気になるラインの色の違いは下地のシート部分の色の所為もありますがタミヤの方がやや濃い目

ただし色はどちらもベージュ系なのは一緒です

JPSのタバコマークはGPの仕様の関係もありもちろん入っていません

サードパーティーのデカールの色の差が気になる所です

印刷方式ですがハセガワは全部がカルトグラフのシルク印刷で、タミヤはベージュ部分だけが自前のシルク印刷です

ただしカウル前部のライン部分だけなぜかオフセット印刷になっています

ここで色の差が出ちゃったら嫌だなぁ…

(タミヤも全部シルク印刷のようです 別印刷されているのは多色カラーの部分が少ないため別にしたっぽいです 5/28追記)

またタミヤではインレット用意されているのがポイント高いです

ですが何故かグッドイヤーのタイヤマークがありません

画像には入れ忘れましたがハセガワには専用のタイヤデカールが同梱されています

(オマケと言えば両社とも序盤に仕様していたボディーと一体型のサイドミラーが付属されています 5/28追記)

100527l_2

【ハセガワの初回特典】

この部分がハセガワのロータス79の初回特典パーツです

ヘルメットとホースジョイントです

ちょっとした事ですがこれは嬉しいですね

100527m_3

【タミヤエッチングパーツ】

エッチングパーツは今の所タミヤの方しか販売されていません

ハセガワは来月の発売予定になっています

本体を間に合わせるだけで精一杯だったんでしょうねぇ^^;

と軽く両キットの違いを見てきたのですが、個人的にはハセガワの方が好きかなぁ

ただし作りやすそうなのは断然タミヤ

それでもまだ悩むくらいなら家主のように両方買っちゃえw

|

« 第49回静岡ホビーショーレヴュー/合同展示会キャラクターモデル編 | トップページ | D-1 GRANDPRIX 前編 »

模型」カテゴリの記事

コメント

おお、ふたつとも早くも販売されているのですね。丁寧な比較で、大変参考になります。
私もタミヤ&ハセガワ両方買う予定ですが、ハセガワの方に気合いが入りそうです。

投稿: お初です | 2010年5月27日 (木) 21時16分

>>お初ですさん

はじめまして~^^

同じアイテムが同時発売されるのって中々無いですからレビューも少し気合が入っちゃいました

両者のキットを比べると
タミヤ=万人向け
ハセガワ=マニア向け
な感じでしょうか

レヴューで書き忘れましたがタミヤの方はエンジンとモノコックとの取り付けはカギ爪方式でしっかり固定出来る点はいい点です

>私もタミヤ&ハセガワ両方買う予定ですが、ハセガワの方に気合いが入りそうです。

是非ともお布施してやってくださいw

投稿: 家主えりあん | 2010年5月28日 (金) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第49回静岡ホビーショーレヴュー/合同展示会キャラクターモデル編 | トップページ | D-1 GRANDPRIX 前編 »