« 特大キリンプーギーなのだ | トップページ | プーギーズ »

2010年8月17日 (火)

ハセガワ 1/48 AU-1 コルセア”リザーブ” その3

主翼と胴体は電池の入れ替えとスイッチを内蔵するために磁石で分離合体できるようにします

とはいえそのまま磁石でピッタリはめ込みが出来るかやってみないとわからないので、一応カウルにはまる部分にプラ材を接着しました

100817a

これで主翼をカウル側にはめ込んでから後ろ側の磁石で閉じる事になる予定です

上手くいくといいんですが…

そして今度はパイロットです

飛行状態にするのですが、このキットはパイロットが入っていないので別キットから調達する事になるんですが、そうなるとどんどんパイロットが足りなくなっていくという悪循環になってしまいます

なのでシリコンで型取りして複製します

100817b

日本兵のパイロットですがイスにピッタリです

でもやっぱり日本兵なのでエポキシパテで小改造しちゃいます

小さいのでそれっぽく見えればOK

100817c

ついでに右手は操縦桿を持つように改造します

そして塗装したコクピットに乗せると

100817d

おお、いいではありませんか!

|

« 特大キリンプーギーなのだ | トップページ | プーギーズ »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特大キリンプーギーなのだ | トップページ | プーギーズ »