« 富士山へ登ってみたのだ その1 | トップページ | 富士山へ登ってみたのだ その3 »

2010年8月29日 (日)

富士山へ登ってみたのだ その2

  今日はちょいと山形の方にドライブへ行ったんですが、その話しはまた後日という事で富士登山の続きです

富士スバルラインからの吉田口は比較的楽な登山道でして、6合目までは緩い上りと下りで30分もあれば6合目地点の安全指導センターへ到着します

その間は見晴らしも良かったりするんですが、今回は雲が下界を覆っていまして

100829a

全然見えないという…

今まで何度も富士山へ登りましたが、ここまで雲の多かった日は初めてです

それでも山頂方面は

100829b

このように晴れていましたので気分はハイなのです

そして7合目からは軽い登山モードに入ります

それでも八合目までは砂利道の九十九折なので比較的楽な登りです

それに途中の山小屋もちょいちょいあるので、そこを目標に登れば意外と楽にいけるはずです

100829c

しかし早く登ると高山病になる危険性もありますので、山小屋へ付いたら15~30分くらい休憩をとりつつ登って行くといいでしょう

そして第一の難関がこの7合目を少し過ぎた地点から始まります

100829d

そう、ひたすら岩場になっていて、これが本8合目過ぎまで続くのです

岩場なので足場は悪く身体全体を使って登らなければならないのでかなりしんどいです

しかも先が見えない

上記画像では山頂がすぐそこにあるように見えますが、実は山頂はこの地点では見えずかなり先になるのです

そして嫌になるくらい岩場を登って行くとまたもや砂利道の九十九折になります

100829e

この辺になるとかなりの高度になるので空気も薄く感じてくると思います

少し歩くだけで疲れると思いますので、無理をせず休み休み少しずつ登るのがいいでしょう

それとこの辺まで来るのにかなり時間が掛かっていると思いますが、空腹も考えなければなりません

山頂まで登って達成感を味わいながら食事も確かに気持ちのいい物ですが、なにせ富士登山は長丁場です

途中お腹が空きすぎてハンガーノックを起こすとその後の登山が厳しいものになります

少しでも空腹を感じたら軽く何か栄養を取ることをお勧めします

かく言う家主も途中3回ほどコンビニで買ったおにぎりを頬張ってました

さて、9合目も間近になってくると、右手に永久凍土が現れます

100829f

温暖化が進むとこの雪溜まりも無くなってしまうのでしょうか…

そんなこんなで気がつくと

100829g

気がつけば山頂も目の前!

上の鳥居をくぐれば頂上はすぐ目の前なのです

しかし空気が薄いので何時もここからが長く感じるんですよね

いやそのはずなんですが、今回はのんびり登ってきた所為か思ったよりサクサク進んでいっちゃいました

100829h

ついに9合目到着

そしてあっという間に

100829j

山頂まで200m!!

|

« 富士山へ登ってみたのだ その1 | トップページ | 富士山へ登ってみたのだ その3 »

写真」カテゴリの記事

コメント

山頂まで200m!!

じらさないでくださいwその演出にくいです^^;
しかしこんなにアウトドアなモデラーさん他にいないですよね さすがです!
頂上からの絶景ぷり~ず><

投稿: おつう | 2010年8月31日 (火) 10時15分

>>おつうさん

>じらさないでくださいwその演出にくいです^^;

じらしているんジャナイヨー
酔っ払って更新できてないダケダヨー

という事で酔っ払いながらMHFやらないといかんので更新は明日以降で^^;

投稿: 家主えりあん | 2010年8月31日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士山へ登ってみたのだ その1 | トップページ | 富士山へ登ってみたのだ その3 »