« 秋のイベントとホビーショー | トップページ | 2010 INDY JAPAN 300mile その2 »

2010年9月22日 (水)

2010 INDY JAPAN 300mile その1

お待たせしました!

先週ツインリンクもてぎで末開催されたINDYJAPANのレヴューを今回も数回に渡ってお伝えしたいと思います

20100922a

今年も金曜日の初日から観戦してきたのですが、例年より人が多い…

何だろうと思っていると妙に緑色のキャップを被っている人が多いんですね

そうですロータスの帽子です

お察しの通り今年は佐藤琢磨人気でいつもよりかなり観客が多いのです

家主はサーキットの狼世代という事もあり、ロータスが大好きですのでやはり緑のロータスキャップを買い込んでの観戦です

しかしまぁこの佐藤琢磨人気は凄いもので、ピットの前が緑頭の人だかりでして、琢磨が動くとその塊が一緒に動くので遠くのスタンドからでも琢磨が何処にいるのかよく分かってある意味便利でしたw

しかしその数故ガードも固く、今回はサインを貰うことが出来なかったのは残念でした

何せ唯一サインが貰えるチャンスのサイン会に500人もの数が琢磨ブースに並ぶというトンデモ状態で、一時間しかないサイン会で300番目付近に並んだ家主は開始30分ほどで断念しました^^;(ちなみに開始前に1時間並んでます)

終了間際に見てみると、家主の手前10人付近で最後となっていましたので正しい判断だったかなと…

あのまま並んでいたら2時間無意味な時を過ごすはめになる所でした

20100922b

そんな大人気の佐藤琢磨選手ですが最初の練習走行を数周走った所でマシンのリアを滑らしクラッシュ!

20100922h

よりによっていきなり琢磨かよ~><

どうやらこのスピンはマシンからオイルが漏れていて、それに乗ってしまいアクシデントになってしまった模様

心配なのはこの後の昼の連取走行と午後の予選が出場できるのかという事

今年がINDY初参戦の琢磨ですからもちろんこのもてぎのサーキットも初体験です

このままマシンが直らないと予選も出来ないまま本選にぶっつけ本番という場合も考えられます

20100922i

ガレージに戻ってきた琢磨のマシン

リアウィングが外れ右リアのサスペンションも折れ曲がってしまっています

20100922j

ダン・ウェルドンも心配そうです

20100922k

アンドレッティ軍団はオーロラビジョンを見ながら何やら話していました

20100922l

琢磨は救急車で医療センターへ直行

20100922n

ガレージでは琢磨のマシンを何とか直そうと特急作業

最初の練習走行は再開されたものの、このまま琢磨は復帰することなく終了

そして昼の2回目の練習走行が開始しなりました

しかし琢磨が復活する気配はありません

が、開始30分もした頃でしょうか、ガレージ付近の琢磨応援軍団の集団が動き出しました

琢磨復活か?

お、なんと車が直ったようです!!

2時間余りで直してしまうとは凄いです!

20100922m

残り15分…ついに

20100922o

佐藤琢磨復活!!

兎に角このサーキットでの走りこみが全然出来ていないので、セットアップもそこそこにひたすら走って練習走行はこれにて終了となりました

20100922p

何とか直ったとはいえこの後の予選はかなり不利と言えるでしょう

いやそのはずだったのですが

なんと

20100922q

去年のもてぎ優勝者のスコット・ディクソンをも抜く10位というすばらしい結果が!

そして翌日の決勝ではピットに入る度に順位を落としましたが、そこから何度も追い抜きを掛けて最終的にラップされずに12位フィニッシュを飾りました

今年はここまでミスや不運が重なり今ひとつの結果ばかりでしたが、今回は順位こそ12位でしたが応援のしがいのあるレースだったと思います

本日の一枚

20100922r

今年のINDY JAPANの来場プレゼントは佐藤琢磨プリッツでしたw

中身は普通のプリッツでしたよ

けっして砂糖味じゃなかったです^^;

|

« 秋のイベントとホビーショー | トップページ | 2010 INDY JAPAN 300mile その2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋のイベントとホビーショー | トップページ | 2010 INDY JAPAN 300mile その2 »