« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

MHF日記 シーズン9.0爆突、グレンゼブル

久しぶりの大型アップデートは新モンスターのグレンゼブルの他、高地という新たな狩場も追加されまたもや楽しみが増してきました

100930a

もちろん行ってきましたよ、高知

今年は坂本竜馬がクローズアップされていますからやっぱり行かないとね…ってそれ高知県だから!

違うよ高地だよ!!

さて、一人ボケツッコミが終わったところで高地です

100930b

前に実装された峡谷と同じように高台付近からのスタートですが、こちらの方は少し水気があるような感じです

そのまま前へ進むと釣り橋が

100930c

そういえばつり橋ってありそうで無かったですね

ちなみにキャンプの反対側からも別のエリアへ移動が可能になっています

で、初めてのマップという事で色々と迷いつつグレンゼブルを発見しましたよ

100930d

後ろ姿は色の所為もあてかトトスっぽくも見えますね

まずは相手を知らないと戦いようもないので色々とアイテムを使ってみました

まずは落とし穴

100930e

これはOK

ついでに麻痺も有効

もちろんシビレ罠も大丈夫でした

ここで気になったのは落とし穴の中のグレンゼブルが他の飛竜同様バタつくのですが、これがちょっとやっかいでたまに当たり判定があるみたいなのです

家主は翼攻撃中に2度ほどすっ飛ばされてしまいました

最初は他のメンバーにぶっ飛ばされたのかと思っていたのですが、どうも違うみたいでこれはもう少し観察してみないとですね

100930f

動きを封じ込める閃光玉も有効

しかし移動はしないんですが、定位置で暴れるので近接での攻撃チャンスポイントかというと微妙です

対するグレンゼブルですが、ホーミング付きダッシュ有りトトスのような水流吐き有りと多彩な攻撃を繰り広げてきます

なのでこちらも隙を見て一撃入れるというガチ攻撃が基本になりそうな戦いになってしまいました

そのうち攻略法とかも出て来るのでしょうが、ガチバトルな今の状態が新モンスターと戦っていて一番楽しい時だと思います

そうそうグレンゼブルの攻撃で一番やっかいだったのが

100930g

この麻痺ガス攻撃

バサルモスのように攻撃の前振りはあるのですが、効果範囲が少し広いらしくバサと同じように避けていると麻痺ってしまいます

通常より1回多く回避なりステップするなりして避けるのがいいかと

そんなグレンゼブルですが何度かチャレンジして

100930h

捕獲~♪

下位で5分針、上位で15分針くらいだったと思います

今回グレンゼブルで気になったのが頭の硬さです

最初青ゲージの大剣で叩いてみたのですが弾かれてしまい断念

次は匠を付けて白ゲージの同じ大剣で攻撃したら問題なく普通に攻撃が通りました

これだけなら単に硬いだけなので問題はないのですが、3回目に青ゲージの槍を持って行ったんですよ

なんと弾かれずに頭部攻撃が可能じゃありませんか

しかも緑ゲージに落ちても問題なく貫通してる…

どうなっているのか謎仕様です

もしかしてエスピナスみたいに怒ると軟らかくなる肉質とか、もしかしたら角のほんと先っぽだけ硬いとかそんな仕様なのかなーと考えてしまいます

更には特定の武器は弾かれちゃうとか???

100930j

あとは部位破壊ですが、角・胸部・背中・翼・尻尾を確認しました

今回面白いのが尻尾で第一段階で部位破壊

100930i

第二段階で切断となっておりました

かなり尻尾を攻撃してみたんですが中々切断は出来なかったので 、もしかしたらエスピナスのように捕獲可能なくらい体力が低下しないと切れないのかもしれません

本日の一枚

100930k

夕日と漁港その1

錆び具合がなんともいいなー

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

2010 INDY JAPAN 300mile その5

100927a

さーて、今日でINDY JAPANレヴューも最終回ですぞ

最後なのに何故か初日のガレージ付近ののんびりムードをお届けします^^

100927b

オイラはラファエル・マトスだぜ~

退け退け~!

100927c

ちょ…蝶野!?

違った、アレックス・タグリアーニさんです^^;

100927d

やたら見かけたのがこの人、ミルカ・デュノー

あまりに多く見かけたのでミルカ多人数説やクローン説が…

100927e

去年は暴れん坊でしたが今年は意外といい走りをするEJ・ビソ

琢磨と絡んだりもありましたが家主一押しのドライバーです…いろんな意味でw

100927f

小学生相手にお話中の噛みそうな名前のシモーナ・デ・シルベストロ

顔に似合わず物凄いガタイをしてました

家主が3人がかりで戦っても負けそうです

100927g

去年は大クラッシュで大怪我をしたヴィットール・メイラ

松浦考亮のダチですw

100927h

武藤のチームメイトのグラハム・レイホール

お父ちゃんはあの頭部がピカーッなヒゲメガネの人です^^;

100927i

先日のライアン・ブリスコーに引き続きこっち見んななマリオ・モラエス

某ストリートコースでチームメイトの琢磨に突っ込んで呪われたのか、日本のもてぎではクラッシュしてドクターヘリで搬送されていきました

あ、怪我の心配は無いそうですよ~

100927j

ラストは琢磨のチームオーナーで元CARTチャンピオンのジミー・バッサー

ちょっと太った?

これで5回に渡りINDY JAPANをお送りしましたが、今年はなんと言っても佐藤琢磨人気が一番記憶に残る3日間になりました

これまでのシーズン成績はあまり良くないですが来年も走ってくれて、このINDY人気を持続させて頂きたいものです

本日の一枚

100927k

コアなINDYファンなら誰だかわかるはず

あえて答えは言うまいw

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

2010 INDY JAPAN 300mile その4

うほw

久しぶりに阪神がマジック点灯とな!

セ・リーグ制覇には殆ど負けが許されない状態ではありますが、阪神ファンとしては久しぶりに嬉しいニュースであります

そして今日もINDY JAPANでありますよ~

100926a

去年はあんなにピットやガレージで見かけたダニカ・パトリックでしたが今年は何故か一回も見ず…な~ぜ~だ~?

100926b

同僚のマルコ・アンドレッティーも間近では見なかったなぁ

100926c

やっぱり同僚のトニー・カナーンも遠くで何回か見かけただけ

100926e

最後の同僚ライアン・ハンターレイ

100926d

何故かこの人だけやたら見かけました^^

やさしそうな兄さんですな~

100926f

久しぶりの日本でのレースのポール・トレイシー

痩せている!!

俺の知っているトエイシーじゃなぁ~い!

100926g

レースでも終盤サイドウォールにタイヤを軽くヒットするなどいい所無しでした

100926h

オーバル大好きのダン・ウェルドン

今年もだんうぇる丼が好評だったようで売り切れてました

今年のセーフティーカーはホンダ・アコードでした

100926i

実はINDY JAPAN その1の最後の画像はこの車のボンネットなのですよ…フフフw

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

2010 INDY JAPAN 300mile その3

模型ネタは無いのかといいますと先日ワンフェスの本申請を発送したくらいでしょうか

なのでINDY JAPANネタはもう少し続きます

本日は近くで会ったドライバー達の画像パート1です

100925a

佐藤琢磨人気でファンが散ったおかげか終始穏やかだった武藤英紀

こんなに落ち着いたもてぎも初めてだったのではないでしょうか

100925b

一時は2位を走りましたが、イエローのタイミングが悪く14位フィニッシュでした

100925c

第三の日本人…と言っていいのか微妙な感じのロジャー安川

100925d

流石に一年ぶりのINDYカーでは上位を望むのは難しく20位フィニッシュでした

それでも完走したのは大したものです

100925e

去年のもてぎの優勝者のスコット・ディクソン

100925f

今年は予選も11位、決勝も光る所無く残念でした

100925g

意外とお茶目なダリオ・フランキッティー

100925h

今回のもてぎでオーバルチャンピオンを獲得し最終戦の年間チャンピオンに挑みます

100925i

こちらはそのダリオと年間チャンピオンを争っているウィル・パワー

女子高生にモテモテで嬉しそうw

100925j

そんなデレデレのパワーでしたが決勝はオーバルコース初の表彰台に立つことが出来ました

最終戦はもう優勝しかない?

100925k

今年はペンスキー第三の男になりつつあるライアン・ブリスコー

目線いただいて言うのもなんですが、こっち見んなw

100925l

決勝はほんの少しだけトップ争いもしましたが表彰台まで一歩届かず4位フィニッシュでした

本日の一枚

100925m

ピカピカなメッキホィールはF1じゃありえない?

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

2010 INDY JAPAN 300mile その2

国歌独唱そして…

100924a

100924b

100924c

なんと航空祭でも見た事のない超低空でのキューバンエイト!

しかもアフターバーナー焚きっぱなしという迫力満点の超起動で、観客をはじめドライバーやチームのスタッフも驚いていました

つーか、関係者がいないと思っておもいっきりやってるだろコレw

去年のF-2登場がかなりショボかったので今回もあまり期待はしていなかったのですが、この起動飛行はもう大満足でした

そしてF-2の余韻も残る中いよいよスタート!

100924d

レースは終始ポールポジションのエリオ・カストロネベスがトップを快走

100924e

もう早いのなんのって10数周もあれば周回遅れが出てしまう始末

100924f

しかし流石はオーバルでのレース、至るところでツーワイドやスリーワイドでの攻防が展開されます

やはりオーバルのレースは楽しいですな

100924g

フルコースイエロー後のピットは殆どのマシンが入ってくるのでここも見物です

そしてオーバルといえば

100924h

クラシュ!

100924i

そしてまたもやクラッシュ!!

超高速でのクラシュは生で見ていると恐ろしいですが、ドライバーは全員無事とのこと

良かった良かった^^

こうしたクラッシュによる度重なるイエローがありましたが

100924j

INDY界の横山やすしことエリオ・カストルネベスが優勝!

この速さ、誰もが納得の勝利でした

そしてエリオと言えば

100924k

このスパイダーマンのパフォーマンス

家主も生で見られて嬉しいです^^b

100924l

2位のダリオ・フランキッティーと3位のウィル・パワ-とのシャンパンファイト

皆嬉しそうです

この後エリオは下に降りていってチームの皆にもシャンパンをかけていました

100924m

さらに今回のポイント獲得によりダリオがオーバルチャンピオンが決定

これで現在ポイントランキングトップのストリートチャンプのウィル・パワーと、オーバルチャンピオンのダリオの対決で年間チャンピオン争いは最終戦へ突入です

本日の一枚

100924n

INDYのマシンはどれもピカピカ、いつもピカピカ

ガレージでの被写体は無限です

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

2010 INDY JAPAN 300mile その1

お待たせしました!

先週ツインリンクもてぎで末開催されたINDYJAPANのレヴューを今回も数回に渡ってお伝えしたいと思います

20100922a

今年も金曜日の初日から観戦してきたのですが、例年より人が多い…

何だろうと思っていると妙に緑色のキャップを被っている人が多いんですね

そうですロータスの帽子です

お察しの通り今年は佐藤琢磨人気でいつもよりかなり観客が多いのです

家主はサーキットの狼世代という事もあり、ロータスが大好きですのでやはり緑のロータスキャップを買い込んでの観戦です

しかしまぁこの佐藤琢磨人気は凄いもので、ピットの前が緑頭の人だかりでして、琢磨が動くとその塊が一緒に動くので遠くのスタンドからでも琢磨が何処にいるのかよく分かってある意味便利でしたw

しかしその数故ガードも固く、今回はサインを貰うことが出来なかったのは残念でした

何せ唯一サインが貰えるチャンスのサイン会に500人もの数が琢磨ブースに並ぶというトンデモ状態で、一時間しかないサイン会で300番目付近に並んだ家主は開始30分ほどで断念しました^^;(ちなみに開始前に1時間並んでます)

終了間際に見てみると、家主の手前10人付近で最後となっていましたので正しい判断だったかなと…

あのまま並んでいたら2時間無意味な時を過ごすはめになる所でした

20100922b

そんな大人気の佐藤琢磨選手ですが最初の練習走行を数周走った所でマシンのリアを滑らしクラッシュ!

20100922h

よりによっていきなり琢磨かよ~><

どうやらこのスピンはマシンからオイルが漏れていて、それに乗ってしまいアクシデントになってしまった模様

心配なのはこの後の昼の連取走行と午後の予選が出場できるのかという事

今年がINDY初参戦の琢磨ですからもちろんこのもてぎのサーキットも初体験です

このままマシンが直らないと予選も出来ないまま本選にぶっつけ本番という場合も考えられます

20100922i

ガレージに戻ってきた琢磨のマシン

リアウィングが外れ右リアのサスペンションも折れ曲がってしまっています

20100922j

ダン・ウェルドンも心配そうです

20100922k

アンドレッティ軍団はオーロラビジョンを見ながら何やら話していました

20100922l

琢磨は救急車で医療センターへ直行

20100922n

ガレージでは琢磨のマシンを何とか直そうと特急作業

最初の練習走行は再開されたものの、このまま琢磨は復帰することなく終了

そして昼の2回目の練習走行が開始しなりました

しかし琢磨が復活する気配はありません

が、開始30分もした頃でしょうか、ガレージ付近の琢磨応援軍団の集団が動き出しました

琢磨復活か?

お、なんと車が直ったようです!!

2時間余りで直してしまうとは凄いです!

20100922m

残り15分…ついに

20100922o

佐藤琢磨復活!!

兎に角このサーキットでの走りこみが全然出来ていないので、セットアップもそこそこにひたすら走って練習走行はこれにて終了となりました

20100922p

何とか直ったとはいえこの後の予選はかなり不利と言えるでしょう

いやそのはずだったのですが

なんと

20100922q

去年のもてぎ優勝者のスコット・ディクソンをも抜く10位というすばらしい結果が!

そして翌日の決勝ではピットに入る度に順位を落としましたが、そこから何度も追い抜きを掛けて最終的にラップされずに12位フィニッシュを飾りました

今年はここまでミスや不運が重なり今ひとつの結果ばかりでしたが、今回は順位こそ12位でしたが応援のしがいのあるレースだったと思います

本日の一枚

20100922r

今年のINDY JAPANの来場プレゼントは佐藤琢磨プリッツでしたw

中身は普通のプリッツでしたよ

けっして砂糖味じゃなかったです^^;

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

秋のイベントとホビーショー

次回のワンフェスも参加が決まったので早速入金済ませて、これで気兼ねなくアイテム製作できるぜ~と思っていたら明日から毎年恒例のINDY JAPANです

例年ですと金曜予選で土曜決勝なのですが、今年は連休という事もあってか土曜予選で日曜決勝となっております

金曜日はフレンドシップデイで色々とイベントがあるそうなのでそれも楽しみなのです

日曜日は三沢基地祭もありますが流石にどちらも行くことは無理なので今回はINDY優先となりました

そういえば秋は色々とイベントがあるんだよな~と思い出したのでチェックしてみると…

9/17~19:INDY JAPAN 300mile

9/25~26:スカイレジャージャパン10in福井

10/3:2010航空祭 in KOMATSU

10/9~10:曲技飛行競技会La Festa Mille Miglia

10/24:スカイパークフェスティバルエアーフェスタ浜松2010

なんだ、この毎週続くイベントの量はw

しかも重なっているイベントもあるしどうしろと…

それとは別に秋といえば全日本模型ホビーショーです

それにあわせて新製品情報も上がってきましたね

タミヤ

1/350 日本重巡洋艦 利根

1/18 マクラーレンM8A 1968

1/20 ウルフWR1 1977

1/20 マルティーニロータス タイプ79 1979

1/20 マクラーレンM23 1976

1/12 ウルフWR1 1977

1/12 マアクラーレンM23 1974【仮】

1/12 ヤマハYZR-M1’09 モンスターヤマハ テック3

1/35 Ⅲ号突撃砲G型”フィンランド軍”

1/35 ソビエト歩兵 突撃セット(1941-1942)

1/25 ドイツ陸軍 駆逐戦車ロンメル

1/16 レオパルドA4(ディスプレイタイプ)【仮】

ついにM23が再販ですよ!

しかもウルフWR1の再販もあるとは、オールドF1ファンには嬉しい事になってます

マルティニ97?もちろん買いますよw

他にはF1用シートベルトなども嬉しいラインナップ

ハセガワ

1/12 スコットレーシングチーム ホンダRS250RW 2009 WGPチャンピオン

1/350 アメリカ海軍 護衛空母 CVE-73 ガンビアベイ

1/200 スペースシャトル オービター&ハッブル宇宙望遠鏡

1/48 S-61A シーキング南極観測船しらせ

1/100 電脳戦記バーチャロン マイザー・デルタ

1/35 Ma.k ナッツロッカー

思いの他心に響くアイテムは無し

新作の飛行機が見当たらないのが気になりますが会場発表アリなんでしょうか?

アオシマ

1/24 ランボルギーニ カウンタック5000QV

1/24 メルセデスベンツ SL65 AMGブラックシリーズ

1/24 スバル GBRインプレッサWRX STI5door’07

1/32 トラック野郎 突撃一番星

1/32 アートトラック 丸美グループ成田商事 大虎丸

1/32 ヘビーフレイト 日野プロフィア冷凍車 

1/700 スーパーディティール日本海軍 駆逐艦 子の日1933

1/700 スーパーディティール日本海軍 駆逐艦 初春1933

1/700 日本海軍 戦艦 扶桑1938 フルハルモデル

1/700 日本海軍 戦艦 長門1945 フルハルモデル

1/350 PTボート PT132 

1/64 大間のクロマグロ一本釣り漁船 第三十一漁福丸 フルハルモデル

1/72 HTV(宇宙ステーション補給機)

1/48 フルメタル・パニック アーバレストARX-7 緊急展開ブースター付き

今回も熱いなアオシマ!

スーパーカーシリーズの第二弾はLP500Sと思わせておいてまさかの5000QVとは!

そして4ドアセダンで実車が出てしまったので、もうキット化は無いと思ったGBRインプレッサWRXも発売決定!しかもフジミじゃなくてアオシマとは!!

でも一番驚いたのが大間のクロマグロ一本釣り漁船w

しかも喫水線仕様とフルハルモデルの2種類販売とはやる気マンマンですな

値段もフルハルで¥3600ですし、割引を考えるとそれほど高くないので買ってしまうかも^^;

フジミ

1/20 ロータス97T ポルトガルGP

1/20 ウィリアムズ FW16 ルノー パシフィックGP

1/20 マクラーレン MP4/5 ベルギーGP

1/24 ホンダ CR-Z

1/24 ニッサン 180SX RPS13後期型 TYPE X’96

1/72 F-35B ライトニングⅡ STOVL

1/700 日本海軍 駆逐艦 秋月フルハルモデル

1/700 日本海軍 巡洋艦 利根フルハルモデル

1/700 日本海軍 航空戦艦 伊勢

1/700 日本海軍 航空母艦 翔鶴

1/700 日本海軍 航空母艦 大鳳

1/700 日本海軍 巡洋艦 筑摩

1/350 日本海軍 戦艦 扶桑

今回はF1以外にも目玉商品が目白押しのフジミです

どれも欲しいアイテム選定なので困る…←何が?

と主だったメーカーで現在判明しているのはこんな所です

うん色々とマズイな…←何が?

本日の一枚

100916a

まさかのキリン+キリンw

| | コメント (2)

2010年9月15日 (水)

岩舟漁港その2

最近、夜がちょっと寒いと思う家主えりあんです、こんばんも~

寒いのは嫌いなので今日も8月末の暑い岩舟漁港の夕焼けでもお届けしましょう

100914a

夕焼けに色付くフェリーあわしまの艦橋の窓

100914b

こういう写真を撮るときは目が死にます^^;

逆光は露出が難しいので補正を掛けながら何枚か撮影してチェックします

こういう時はデジカメは便利でいいなぁと実感しますね

100914c

赤く染まった風景を見ていると夕暮れは日中の100倍はシャッターチャンスが潜んでいると思います

100914d

殆ど夜ですが、新潟沖にあるガス油田採掘場です

三脚が無かったので手すりにガッチリと押し付けてホールドしてブレないように撮影しました

もちろんISO感度もガッツリ上げてありますよ~

本日の一枚

100914e

こちらの世界の夕焼けも綺麗ですな

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

岩舟漁港その1

台風が過ぎてから夜がめっきり涼しくなってきましたが、今日は8月の末に岩船へ行ってきた時の写真をお送りします

100912a

漁船の窓のアップです

日が落ち始めた頃なので少し色が弱いかな?

100912b

岩舟といえば粟島へのフェリーの港でもあります

100912c

夕焼けに休む漁船たち

100912d

クレーン船のクレーン部分を逆光で切り取りました

夕焼けはこうした何気ない風景もドラマチックに見えて感動しますね

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

変な物はまだ続く…

100911a

MHFやっている人ならお分かりですね、レイトウマグロの強化武器のレイトウ金マグロです

レイトウ銀マグロでもいいんですけど金の方が目立つしさw

でも何故だかデフォルメなのです

何でかなぁ?

本日の一枚

100911b

数日FF14のオープンβをやってみた感想なんですが、物凄く淡白なゲームという感じ

最近アクションゲームばかりやっていた所為か、この妙にぬる~いシステムに馴染めないんですよねぇ

一日でやれるクエストも少ないし、戦闘もアクションゲームっぽいのかと思っていたんですが、やはりナンバリングは増えてもやはりFFという事で、あくまでリアルタイムで戦うRPG系のコマンド選択の戦闘システムという事みたです

いや、もしかしてモンスターとの戦闘はオマケみたいなもので、FF世界をマタ~リ過ごすというのが正解なゲームなのかな?

そうだとしたら殆ど会話の無い街も気持ち悪いよなぁ…

そうなのです、オープンβだからなのかキャラクター同士の交流が全くといっていいほど無いのです

ギルドリーヴのクエストもひたすら受けたら一人で戦っているという…

正直言ってそこかしこで小型モンスターをいじめているようでちょっと異様です

それと致命的なのがチャットがやりにくい

折角友人と出会っても個人チャットモードにするのが数アクション必要なので面倒くさくて仕方が無いです

グラフィックは今までにないくらい綺麗なんですから、もっと頑張って欲しいですね

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

モンスターハンターポータブル 3rd LIMITED EDITION

モンスターハンターポータブル 3rd LIMITED EDITION発売!

う~ん…新型PSP同梱版はやはり出ないのか…

いやもう少し待ってみるで~!!


本日の一枚
100910a

妙に上手そうな音たててます

腹減った~

| | コメント (2)

2010年9月 9日 (木)

これで3作目の…

100909a

100909b

100909c

新作のおっきいプーギー・ヴォルっぽい服です

以前のおっきいキリン風の服のプーギーと同サイズなので転がすとゴロンゴロという感じです

そういえば「おっきい(大きい)」って言葉は新潟弁なのかなぁ?

パーツは全部で4点

そして気がつけばヴぉるプーギーは今回で3作品目なんですね

やはりヴォルプーは可愛いのです

だから何度でも作るのですよ、フフフ

本日の一枚

100909d

買って2ヶ月のノートパソコンのログインが出来なくたってしまい、FF14を9600GT入りのデスクトップでやったんですが、完全に力不足で動きがいまいち

昨日のギルドリーヴを交換できないというのは翌日ログインしたら直ってました

代わりに3種類使えていた魔法が1種類しか使えなくなるという新たな謎も出てきました

詳しい説明書が無いので、これがバグなのか仕様なのか分からないのが困り者ですな

あ、ノートPCは結局OSの再インストールという事で解決しますたよ^^;

| | コメント (2)

2010年9月 8日 (水)

2010日本海クラシックカーレヴューその3

100908a

来た!

100908b

来た来た!

100908c

キタ────(゚∀゚)────ッ!!

100908d

そうです、昨日の謎の車はデ・トマソ マングスタなのでした~!!

100908e

正面から見るとよく分かりませんが

100908g

このくらいの角度でフロントを見るとシャークノーズのようになっていて実に格好よろしい

100908f

リアのハッチはガルウィングドアになっているそうですが今回は残念ながら確認は出来ませんでした

100908h

スーパーカーショウなんかでも中々見ることの出来ない車ですね

100908j

この角度だとBMW M1のようにも見えます

100908k

大きな二枚のリアガラスはウルトラセブンに出てきたポインターのようにも見えなくもない?

100908l

最後はスーパーカーらしい角度で終わりです

今回はこの車を見られただけで良かったくらい嬉しいサプライズでした

本日の一枚

100908m

どうやらFF14は走り続けるゲームのようだ

そういえばギルドリーヴが4つ溜まったので新しいのに交換したいのだけど何故か選択出来ない…バグか?

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

2010日本海クラシックカーレヴューその2

  台風が近づきつつあるのか今日は久しぶりに朝から雨でして、猛暑も一息ついたといった所でしょうか

そういえば明日兄貴が中国から飛行機で帰って来る予定なんですが大丈夫なんか…

天気予報見ていると真ん中のコースを辿ると新潟へはストライクだしなぁ

心配しても仕方がないので今日も日本海クラシックカーレヴューのレビューなのだ

本日は外車編ですよ

100907a

ロータスヨーロッパSP

スーパーカー世代ドストライクな人たちにはカウンタックと並ぶスーパーカーオブスーパーカーですね

タミヤのヨーロッパも久しぶりに再販かからないかなぁ

100907b

トライアンフTR4

TR2やTR3もヘッドライトが特徴的な車でカニ目とか言われていましたが、TR4はシャコっぽい顔つきに見えます

100907c

モーリスミニクーパー

老若男女ファンの多い車です

もちろん家主も大好物w

ターコイズカラーも相俟って可愛さ倍増ですな

998ccですし、ドアヒンジからするとMk.1か2のようです

100907d

アルファロメオGT1300ジュニア

旧型アルファの中でも人気を誇るジュニア君

これもタミヤの再販が待たれます

100907e

アルファロメオ ジュニアザガード1300

同じジュニアでもこちらはスペシャルモデルとして作られたジュニアZことザガードです

流石ザガード、いい仕事してますね~

100907f

フィアット500L

ルパンⅢ世でお馴染みのフィアット500

ピカピカに仕上げられたボディーからはオーナーの愛が感じられます

長のく作られたイタリアの大衆車なので未だに本国では現役で走っているのでしょか?

100907g

フィアット500R

もう一台フィアット500を載せちゃいます

一瞬アバルトかと思いましたがどうやらアバルト風味のチンクのようです

これも決まってってカワ格好いいですな~

100907h

カルマンギア

実は中身はワーゲンと同じというおは有名な話

なんかロータスヨーロッパ→ミニ→ジュニア→フィアット500→カルマンギアとタミヤ行脚しているみたいに思えてきました^^;

100907i

ウィリスMB1/4tトラック

ミリタリー好きにはたまらないソフトスキン車両です

もちろん家主も( ゚д゚)=3ムッハ───ですわw

あ、これもタミヤか…

100907j

そして今回のイベントであの車が登場!?

本日の一枚

100907k

FF14のオープンβを始めました

しかーし!面白いくらい繋がらないwww

ログインしてアップデートして途中でスタックしてやり直してとか、ゲーム開始まで3時間とか既にマゾゲー決定です^^;

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

2010日本海クラシックカーレヴューその1

昨日は年に一度の旧車の祭典「日本海クラシックカーレヴュー」へ行って参りました

毎年恒例のイベントなのですが今年は暑かった^^;

本当にもう救急車が来ていないのが不思議なくらいの暑さで、またもや日焼けしに外出したよううなものでしたよ

そんな猛暑のイベントの様子を数回に渡ってお伝えしたいと思います

第一回は日本車編です

100906a

パブリカコンバーチブル

大衆車だったパブリカをオープントップにしてスポーティーにした車です

この車からパブリカスポーツを経てトヨタS800になるわけですね

100906b

スバル360

この手のイベントには無くてはならない車ですね

カワイイので女性にも人気です

そういえば中学の頃に担任(当時50歳くらい?)の男の先生が突然車の免許をとったと思ったらこの車を乗ってきて驚いた記憶があります

100906c

フロンテクーペGXCF

ジウシアローデザインの小粒ですが格好いいヤツです

家主が小学生の頃から大好きだった車種です

今でも乗ってみたいですね~

100906e

ホンダシビック

当時は右を見ても左を見てもこのシビックが走ってましたね

小僧だった家主もなんだか分からなかったけどCVCCエンジンなんだな~と思ってましたw

100906f

コンパーノスパイダー

これもパブリカコンバチーブルと並ぶ日本の大衆スポーティーカーです

こんなのに乗って海岸線を跳ばしてみたいです

100906h

ダイハツミゼット

お馴染みの三輪車の新旧揃い踏みです

後期の方は映画三丁目の夕日に出ていましたので若い方も見たことあるのでは?

100906i

トヨエース

農家ではこの車を使っていた所が多かったみたいです

家主の子供の頃よく見ましたね

100906j

ホンダライフステップバン

今の軽バンの先駆けともいえる車種です

良く見ると痛車使用?

100906k

トヨタ2000GT前期型

そして日本の旧車でなくてはならないのがこの2000GT

グラマラスなこの形は本当に日本車?と今でも思ってしまうデザインです

前期型は補助ライトが大きいのが特徴です

100906l

トヨタ2000GT後期型

こちらはリトラクタブルヘッドライトを上げた状態の後期型です

ライトを上げると別の車みたいですね

| | コメント (2)

2010年9月 3日 (金)

ニンゲン…

連日連夜の暑さでついに熱帯魚のネオンテトラが全滅してしまいました(TT)

さすがに毎日30℃超えの水中では小型魚のテトラは体力が持たなかったようです

それでも水温の上昇に弱いと噂される小型プレコはどれも元気なのは唯一の救いか…

ボスとして君臨している20cmオーバーのハーフスポットロイヤルは食欲も変わらず大食いしていますし、プレコ軍団はなんとか夏場を乗り越えそうです

100903a

そんな中、昨日の続きで謎い物の製作

100903b

いやぁ、全くわけ分かりませんね

何せ元ネタがわけ分かりませんから^^;

これが何かといいますと「ニンゲン」なのです

ちょっと前にネット内で話題になった南極に住むと言われる巨大UMAなのですよ

気になる人は「南極 ニンゲン」でググルと幸せになれます、多分^^;

100903c

姿は良く見ないと氷山と区別が付かないという話からなるべく起伏の無い形状にしつつ、海の生物という事からマナティやジュゴンを参考にしてみました

足は二本付けるか魚のようにするかとか色々と迷ったのですが、ここも海牛類を参考に鰭としました

100903d

スケールは一応1/144でパーツはベース込みで4パーツです

とりあえず複製出来るようにパーツ分割してありますがどうすんだコレw

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

モンスターハンターポータブル3rd発売日決定!

MHP3rd・12月1日¥5800にて発売決定!

昨日の情報どおりでしたね

秋の東京ゲームショウではプレイアブルもあるそうです

この発売情報がもう少し早く出ていれば次回WFのアイテム選定ももう少し考えられたんですけどねぇ

そして今日からFF14のオープンβテストが開始なのですが、全然繋がらなくてクライアントのダウンロード以前の状態で止まってます

今日は少し夜更かしして繋いでみましょうかね…

・・・・・・・・・・・・・・・・

WFアイテムと平行して変な物を作り始めました

10902a

さて何でしょう?

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

富士山へ登ってみたのだ その3

最後の鳥居をくぐってついに

100901a

山頂到着ぅ~!

100901b

登りは計6時間で制覇いたしました!!

今までは5時間で登っていたんですが、今回は写真撮ったり少し長めに休憩をとったりしたので少し長めのタイムになってしまいました

時間は掛かりましたが、上空は薄い雲が掛かっていて日が差さなかった事もあり、今までで一番楽な登山でした

何時もなら8合目超えあたりから空気が薄くてかなりしんどいはずなのですが、長めの休憩が効いたのかあまり身体には堪えませんでしたね

もしかしてレベルアップしている?

いやそれはないな…

むしろレベルダウンしてそうなくらい運動してないし^^;

100901c

山頂は山小屋も多く以外とにぎやかです

お土産も色々と売っているんですが、山頂でないと買えないアイテムも多くありますので、ここまで来ることが出来たなら何か買っておいてもいいんじゃないでしょうか

家主は金色の草鞋の幸運のお守りみたいなのを買いましたよ

100901d

富士山の火口です

当たり前ですが火口は塞がってました

火口にはまだ雪も残っていますね

こうして無事山頂まで登ることが出来たのですが、肝心の山頂からの下界の景色は

100901e

このように雲が厚く見ることが出来ませんでした(TT)

周りが雲だらけで逆に面白かったりはしましたが^^;

で、今回は体力も比較的残っていましたし余り寒くなかったので、いつもより長めに山頂を楽しむことができました

もう少し時間があれば火口一周しても良かったくらいですw

そして山頂とお別れ…

100901f

ひたすら急な砂利道を下ります

山登りで一番きついのは下りなのです

そう、分かってはいましたが今回も足にダメージを負い、下るのに4時間も掛かってしまいました

腿もかなり力を使ったので立っているだけでプルプルしちゃうんですよ^^;

ほんと生まれたての子羊って感じでした

そして予測どおり翌日からず─────っと筋肉痛だったのですが、今日になりやっと痛みが消えました~

という事で子羊の気持ちが知りたい人は富士登山へGo~♪

・・・・・・・・

とのんきなブログをUPしていたら友人より「2chでMHP3の発売日が決まって盛り上がっているらしいよ」との噂が…

調べtみるとどうやら12月1日発売で¥5800だそうな

新モンスターはウサピョン…

きっとウサの女防具はバニーガールでしょうな

詳しくは明日発売のファミ通にて

新潟は金曜日発売だけどね^^b

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »