« 2010 INDY JAPAN 300mile その5 | トップページ | MHF日記 難解!グレンゼブル »

2010年9月30日 (木)

MHF日記 シーズン9.0爆突、グレンゼブル

久しぶりの大型アップデートは新モンスターのグレンゼブルの他、高地という新たな狩場も追加されまたもや楽しみが増してきました

100930a

もちろん行ってきましたよ、高知

今年は坂本竜馬がクローズアップされていますからやっぱり行かないとね…ってそれ高知県だから!

違うよ高地だよ!!

さて、一人ボケツッコミが終わったところで高地です

100930b

前に実装された峡谷と同じように高台付近からのスタートですが、こちらの方は少し水気があるような感じです

そのまま前へ進むと釣り橋が

100930c

そういえばつり橋ってありそうで無かったですね

ちなみにキャンプの反対側からも別のエリアへ移動が可能になっています

で、初めてのマップという事で色々と迷いつつグレンゼブルを発見しましたよ

100930d

後ろ姿は色の所為もあてかトトスっぽくも見えますね

まずは相手を知らないと戦いようもないので色々とアイテムを使ってみました

まずは落とし穴

100930e

これはOK

ついでに麻痺も有効

もちろんシビレ罠も大丈夫でした

ここで気になったのは落とし穴の中のグレンゼブルが他の飛竜同様バタつくのですが、これがちょっとやっかいでたまに当たり判定があるみたいなのです

家主は翼攻撃中に2度ほどすっ飛ばされてしまいました

最初は他のメンバーにぶっ飛ばされたのかと思っていたのですが、どうも違うみたいでこれはもう少し観察してみないとですね

100930f

動きを封じ込める閃光玉も有効

しかし移動はしないんですが、定位置で暴れるので近接での攻撃チャンスポイントかというと微妙です

対するグレンゼブルですが、ホーミング付きダッシュ有りトトスのような水流吐き有りと多彩な攻撃を繰り広げてきます

なのでこちらも隙を見て一撃入れるというガチ攻撃が基本になりそうな戦いになってしまいました

そのうち攻略法とかも出て来るのでしょうが、ガチバトルな今の状態が新モンスターと戦っていて一番楽しい時だと思います

そうそうグレンゼブルの攻撃で一番やっかいだったのが

100930g

この麻痺ガス攻撃

バサルモスのように攻撃の前振りはあるのですが、効果範囲が少し広いらしくバサと同じように避けていると麻痺ってしまいます

通常より1回多く回避なりステップするなりして避けるのがいいかと

そんなグレンゼブルですが何度かチャレンジして

100930h

捕獲~♪

下位で5分針、上位で15分針くらいだったと思います

今回グレンゼブルで気になったのが頭の硬さです

最初青ゲージの大剣で叩いてみたのですが弾かれてしまい断念

次は匠を付けて白ゲージの同じ大剣で攻撃したら問題なく普通に攻撃が通りました

これだけなら単に硬いだけなので問題はないのですが、3回目に青ゲージの槍を持って行ったんですよ

なんと弾かれずに頭部攻撃が可能じゃありませんか

しかも緑ゲージに落ちても問題なく貫通してる…

どうなっているのか謎仕様です

もしかしてエスピナスみたいに怒ると軟らかくなる肉質とか、もしかしたら角のほんと先っぽだけ硬いとかそんな仕様なのかなーと考えてしまいます

更には特定の武器は弾かれちゃうとか???

100930j

あとは部位破壊ですが、角・胸部・背中・翼・尻尾を確認しました

今回面白いのが尻尾で第一段階で部位破壊

100930i

第二段階で切断となっておりました

かなり尻尾を攻撃してみたんですが中々切断は出来なかったので 、もしかしたらエスピナスのように捕獲可能なくらい体力が低下しないと切れないのかもしれません

本日の一枚

100930k

夕日と漁港その1

錆び具合がなんともいいなー

|

« 2010 INDY JAPAN 300mile その5 | トップページ | MHF日記 難解!グレンゼブル »

モンスターハンターフロンティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010 INDY JAPAN 300mile その5 | トップページ | MHF日記 難解!グレンゼブル »