« ブロンコ 1/48 RQ/MQ-1 プレデター その2 | トップページ | タミヤ 1/24 アストンマーチンDBS その3 »

2011年7月 2日 (土)

ブロンコ 1/48 RQ/MQ-1 プレデター その3

プレデターがほとんど完成したので今日は添え物の製作です

用意したのはコレ

110702_1

タミヤ1/48アメリカ現用多用途装輪車”グレネードランチャー搭載型”

名前長い…

これは版権の問題でハ○ーって表記できないのかな?

ここではグレネード付きなので略してグレハマと呼ぶことにしましょう(・∀・)ノ

まずはここまで組んでみる

110702_2

とはいえ内装を塗らないといけないのでボンネットと窓枠に屋根は接着していません

110702_3

内装の基本塗装完了後窓や屋根のターレット部分の穴をマスキングテープでカバーします

ちなみにドアは椅子の塗装がやりにくいのでマスキングテープで仮止めしてあります

そして屋根はこのままだと塗装がやりにくくなってしまうので

110702_4

ピットマルチ2を使用します

これはここ半年くらい前から使い始めた文房具なのですが、接着したいパーツに薄く塗って使えば接着に、塗ってから乾燥させてから貼り付ければ後で剥がせる事が可能になるという便利アイテムなのです

乾燥すればほぼ透明状態になるので透明パーツの接着にも有効です

使い心地は乾燥前は木工用接着剤で乾燥するとゆるめのゴム系接着剤という感じです

また乾燥しても簡単に剥がれますし、はみ出た部分はエナメル系の溶剤でも落とすことが可能なのでかなり使いやすいです

110702_5

そんで、こうして塗装開始

110702_6

110702_7

塗装完了

ミラーとヘッドライト内部はミラーフィニシュを貼ってあります

ミラーの方は軍用車にしては綺麗すぎますがこの後ウェザリングするので気にしてはいけません

ウィンカーやテールランプは下地にグロスホワイトを使用します

普通この手の下地にはシルバーが一般的かと思いますが、ホワイトの方が上に塗るクリアーレドやクリアーオレンジの発色がいいのでこちらを使っています

フィギュアは2体ともポーズ変更してあります

ドライバーのポーズ変更に伴いドライバー側のドアは開いた状態にしてあります

ここのドアは接着面積が小さいので0.3mmの真鍮線で固定できるようにしてあります

またステアリングをきってありますがタイヤの位置を斜めにして接着しただけのなんちゃってステアです(^^;)

この後プレデターと絡ませます

|

« ブロンコ 1/48 RQ/MQ-1 プレデター その2 | トップページ | タミヤ 1/24 アストンマーチンDBS その3 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブロンコ 1/48 RQ/MQ-1 プレデター その2 | トップページ | タミヤ 1/24 アストンマーチンDBS その3 »