« タミヤ 1/48 F-117A ナイトホーク その1 | トップページ | キネティック 1/48 F-16I SUFA その8 »

2011年10月17日 (月)

秋の映画レヴューその2

その1とサブタイトルが違いますが気にしてはいけませんぞ~

そんなこんなで10月の映画レヴュー第二弾です

◎とある飛空士への追憶

久しぶりの長編アニメ映画です

飛行機好きとしては逃せない映画だったのですが、TVや映画館での予告を見ただけで何となくストーリーが分かってしまうという、あまり驚きの無い内容だったのは残念

ただ物語自体はつまらないわけではないのでまぁ良しとしましょう

しかーし!

この映画の華である飛行機がよろしくない!!

CGなのはこの御時世仕方がないとして、肝心の飛行でラダーやエルロンが全く動かないで機動するのは見ていてとても気持ちが悪いです

動きも軽すぎでラジコンみたいでした

飛行機のアドバイザーがいたとしても、少なくともあくまで設定だけで作品内容は見ていないのは明らかで、とーっても薄い設定なのが見ていてわかります

どうせCGなんだからちょちょいっとなんとかならんかったんですかねぇ?

評価:55点

◎猿の惑星:創世記ジェネシス

こちらの映画も予告がほぼネタバレという困ったちゃん映画なので、あまり期待せずに見に行ったのですがこれがとても面白かったです

猿の惑星シリーズは初期の連作と近作の2種類がありますが、初期の連作の方はこの作品の位置にあたる話はありますから、少なくとも関連性は無いようです

さて主役の猿達なのですが、これが全部CGという事でどうなんだろうと思っていたのですが、モーションキャプチャーで人間の表情を使用しているので見れば見るほど猿の格好をした人間です

なのでこれがなんとも気味が悪い

しかしこの映画はそれでいいんじゃないでしょうか

そしてそれは見ていただければなるほどと思ってもらえると思います

面白かったのはエンディングで効果的にある事を示しています

物語のラストがやや中途半端な感じがしていたのですが、このエンディングを見てスッキリしました

猿の惑星の最初の一本としてもオススメです

評価:85点

この映画のタイトルって少し怖い感じがしますが、頭に「お」を付けるだけで一気にファニーな雰囲気になりますよね~

お猿の惑星w

◎キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 2D

正直言ってあまり興味が無かったのですが、一応マーベル物の最初のヒーローという事なので見ておかないといけない気がして行ってきました

やはり思いっきりアメリカ万歳的な話なのですが、期待していなかっただけに予想外に面白かったです

ちなみに3Dもやっていたのですが、最近3Dに魅力を感じる映画が無かったのであえて2D観賞にしました

さて、このてのヒーロー物で楽しみの一つはヒーローの秘密兵器ですが、アメリカ側の秘密兵器らしい物は全然無く、強いていえばあのとてつもなく硬い盾だけで、対する超兵器だらけのドイツ軍となんとも対照的

ヒーロー物にありがちな苦悩なんかもありますが、これも時代背景によくあっていてそれなりに説得力はあります

キャプテン・アメリカ・ガールズ(?)のダンスも良かったし、ある意味見どころかも?

マーベル物のシリーズなんだなぁと思わせてくれたのが、アイアンマンのスターク社長の親父が出てくるところ

こういうのは他のシリーズじゃ中々できないのでどんどんやって欲しいですね

そしてサブタイトル(?)のザ・ファースト・アベンジャーなのですが、てっきりマーベルで最初の時代のヒーローだからかと思っていたら、なんとエンディング後にその謎がわかります

絶対エンディングが始まっても早まって席を立たないように!!

それと多分一番3D映えするのはエンディングじゃないかと思います(笑)

評価:70点

ガンダムUC episode4 「重力の井戸底で」冒頭6分先行配信

我慢できすに見たんですが、旧型MSのオンパレードは燃えますね~

ブライトさんの声も違和感なく感じましたし12月の発売が楽しみです

今INDYの最終戦のラスベガスのVTRを見ながらタイピングしているのですが、何か凄いクラッシュですね

ちょっとここまで酷い事故は見たことがないです

ダン・ウェルドンが心配です…

ネットで調べるのは簡単だけど今は調べたくない気分…

※追記

残念ながらダン・ウェルドン選手はこの事故により亡くなられてしまいました

今年はスポット参戦のインディ500で優勝したり、その後もTVでのピットインタビューなどでも楽しませてくれたりと色々あった一年でしたが、まさかこのような結末を迎えるとは考えられませんでした…

もてぎで中々勝てなかったホンダで初優勝をしたのもダン・ウェルドンでしたし、その甘いマスクから日本でも人気が高くそれでいて早いという一流ドライバーだったドライバーでした

華やかなイメージのINDYですがこのような形で最終戦の結末となるとは残念で仕方がありません

今はダン・ウェルドン選手のご冥福をお祈りするだけです…

|

« タミヤ 1/48 F-117A ナイトホーク その1 | トップページ | キネティック 1/48 F-16I SUFA その8 »

映画」カテゴリの記事

コメント

電人ザボーガ‐が結構良いですよ
旧作へのリスペクトはもちろんですが、元気の無い日本への応援歌とも取れる内容で好感触です
劇場内はかつて良い子だったオッサンばかりでしたけどw

投稿: | 2011年10月19日 (水) 17時18分

>>???さん

>電人ザボーガ‐が結構良いですよ
 旧作へのリスペクトはもちろんですが、元気の無い日本への 応援歌とも取れる内容で好感触です
 劇場内はかつて良い子だったオッサンばかりでしたけどw

いらっしゃいませ~
ザボーガーももちろん見に行く予定です。
なにせ家主もかつて良い子ですからw
楽しみでゲソ~

投稿: 家主えりあん | 2011年10月20日 (木) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミヤ 1/48 F-117A ナイトホーク その1 | トップページ | キネティック 1/48 F-16I SUFA その8 »