« 映画プロメテウス ネタバレ満載 その1 | トップページ | 2012 日本海クラシックカーレヴュー »

2012年9月 4日 (火)

映画プロメテウス ネタバレ満載 その2

ネタバレプロメテウスの続きです。

ストーリー順では無いので見ていない方にはサッパリかもしれませんか.が、今回はコアはエイリアンファン向けなのでご勘弁を。

宇宙船プロメテウスの目的地はLV223と名付けられた惑星。

映画エイリアンでの惑星はエイリアン2で明らかになっているようにLV426です。

今後の展開からすると同じ惑星と考えた方がしっくりくるのですが何故か違います。

プロメテウスとエイリアン2までどのくらい時間が経っているのかわかりませんが、もしかしたらその間に何かあって名前が変わったのかもしれませんね。

その経過はわかりませんがプロメテウス2とかあったら…

プロメテウス号はLV223へ着陸。

そして未知の建造物に出会い探査する人々

アンドロイドのデイビッドが通路のスイッチを何気なく操作すると立体ホログラムで過去の映像が映写されます。

デイビッドが作動できたのは大量の古代語を勉強したからなのか。

だとすればやはりエンジニアと人との間には何か繋がりがあるという事だろう。

ホログラムには何かから走って逃げる3人のエンジニアの姿が。

その姿はエイリアンファンにはお馴染みのスペースジョッキーそのもの!

スペースジョッキーは映画エイリアンで惑星探査に出かけた3人が難破した宇宙船内で発見した、胸部が内側から破裂していたミイラの巨大エイリアンの.事です。

エイリアン関連書でのスペースジョッキーは椅子型メカと一体化したバイオノイド的な書き方をされていたと思いますが、ホログラムでは普通に四肢のある人型になっています。

ホログラムで再生された3人の最後の一人がつまずいて倒れ、運悪く上から扉が降りてきて首チョッキン∑(゜□゜;)

エンジニアの死体のある扉を静止も間に合わず開けてしまうデイビッド。

何かノストロモ号へフェイスハガーが引っ付いたケインを入れるアッシュの行動も脳裏に浮かんできました。

部屋の中に入ると大量の筒があります。

足元にはミミズのような虫が蠢いていてその内筒から黒い液体状の物が流れ出してきます。

その後ミルバーンとファイフィールドが遭遇する蛇状の生物は虫が黒い液体に触れて進化した姿なのではと想像させられます。

だとしたらもっと多くいてもいいと思うのですが、黒い液体に触れたファイフィールドがどうなったかがヒントになると考えました。

ホロウェイはあの液体を飲んで冒頭のエンジニアのようになってしまいましたが、ファイフィールドは常人に無い怪力を持つ怪物になってしまいました。

つまりあの液体は投与される個体によってある程度違ってくるのではないか?

それなら二人の行く末の違いもそれなりに納得いくのではないでしょうか。

その後エリザベスと液体に感染したホロウェイとの間に出来るイカのような生物。

これを取り出したときは4本足なのですが、その後成長した姿では6~8本くらいあったように見えました。

8本と考えると一本の足が分裂して二本になったと考えるのが妥当か。

そしてエンジニアに襲いかかる巨大イカ生物。

口の中にチ○コを挿入するその行為はまるで巨大なフェイスハガー。

最後に死んだエンジニアの中から胸を破って出てくるエイリアン風の生物。

そのまんまエイリアンのデザインでは無いのがこの後まだまだ進化するという事を示唆しているのでしょうか…

話は少し戻りますがエンジニアが地下の宇宙船を飛ばそうと操縦席を作動させ乗り込みます。

ここで操縦席と一体化し映画エイリアンでのあの姿になるんですね~

これを見たときはそういう事かと嬉しくなってしまいました。

出てきた宇宙船はエイリアンの巣があったあの宇宙船そのもの。

また操縦席は望遠鏡や砲台じゃなかったんですね。

これが分かったのも嬉しい誤算でした。

そういえばエンジニア達は何から逃げていたのか?

一番確率が高いのはあのチェストバスターのような蛇状生物でしょう。

映画では述べられていませんでしたが、もしかしたら口の中に入った後フェイスハガーのように体内に卵を産み付けるのでは?

そう考えるとその後発見される胸が破裂した大量のエンジニア達の死因も納得ではないでしょうか。

ちなみに小説ではミルバーンの口から出てきたのは蛇状生物ではなくて、頭が大きく、細い全身を濡らしていて乳白色で小さな四肢がある爬虫類のような生物とされています。

映画では一瞬しか見えませんが蛇状生物に見えましたので同じ生物のようですね。

そして生物で一番気になるのはやはりラストのエイリアン風の生物。

どうみてもこいつがエイリアンの元になるのだと思いますが、ここで思い出して欲しいのがエイリアンの生態系です。

エッグ→フェイスハガー→チェストバスター→エイリアンと変わって行きますがエッグの前は?

そうですね、エイリアン2で初めてお目見えしたエイリアンクィーンがいない事には話が進みません。

なにせ映画エイリアンでは宇宙船内に無数の卵がありましたから、まず最初にクィーンが誕生しないといけないですよね?

ただ一つ気になるのはあのエイリアン風生物がエイリアンクィーンとあまり似ていないという事。

映画エイリアンの段階ではエイリアンが捕まえた人間(生物)を卵自体にしてしまうという設定でした。

エイリアン2でキャメロン監督がクィーンを登場させたのでこの生態系は変わってしまったのですが、もしかしてリドリー・スコット監督は自分が手がけた映画エイリアンだけを真の続編として2~4までは無かった物としているのでは?と勘ぐってみたりしたのですが…

そうすると最初にクィーンが誕生する意味はなくなりますし、これによってエイリアンの誕生が確立するのでは…?

ただしこれはLV223=LV426であって、プロメテウスに出てきたエンジニアの宇宙船=映画エイリアンの宇宙船だとしたらの話なんですよね。

黒い液体における進化の仕方が多々あるとしたら、あのエイリアン風生物はあくまでエイリアンに似ているだけの生物という可能性もあるわけですし。

ああ、でもよくよく考えるとパイロットであるエンジニアは船外で死んでいるわけだし、コクピット周辺にあったコールドスリープの装置も映画エイリアンでは無かったから別の宇宙船なのかな?

もしかして映画エイリアンで出てきた宇宙船は他に残っていた船?

う~ん妄想が止まりません。

最後に気になるのはエリザベスが残したラストメッセージ。

普通に考えればこの送信メッセージはLV426から発せられていた警告と捉えられると思います。

ただしこれもLV223=LV426だったらという裏付けがあってからこそなんですよね。

とここまでプロメテウスとエイリアンシリーズの関連性について色々と考察してきたわけですが、結局の所

答えは監督の頭の中

でもあーだこーだと考えるのはやっぱし楽しいですわw

|

« 映画プロメテウス ネタバレ満載 その1 | トップページ | 2012 日本海クラシックカーレヴュー »

コメント

>>マサさんいらっしゃいませ~

実は映画やゲームのネタはオマケで実態は模型のブログなんです。

エイリアンシリーズは大好きな映画シリーズなのでいつも以上に熱が入ってしまいました。

あれから何ども見直していますが、やはり完全に謎は解明されませんね。

次回作があれば何とか辻褄合わせをして貰いたいものです。

投稿: 家主えりあん | 2014年1月 3日 (金) 18時48分

映画だけのブログやないんですね、プロメテウスの解説、興味深く読ませてもらいました。不思議な映画です。貴方の解説で、そうなのかぁ、と判明しましたよ^^;
ありがとう!

投稿: マサ | 2014年1月 3日 (金) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画プロメテウス ネタバレ満載 その1 | トップページ | 2012 日本海クラシックカーレヴュー »