« エブロ 1/20 ゴールドリーフ ロータス72C(1970) その2 | トップページ | 映画プロメテウス ネタバレ満載 その2 »

2012年9月 2日 (日)

映画プロメテウス ネタバレ満載 その1

9月に入ったとたんに夜風が涼しくなってきましたね~

今日は久しぶりに映画ネタです。

ここの所映画レヴューはツイッターで行なっていたのですが、家主の夏映画イチ押しのプロメテウスだけはどうしてもブログで長々と感想を書きたくなったのですよ。

ここからはネタバレ満載なので未見の人は読まないように~

観る予定はないけど気になる人はレッツゴーです。

観に行ったのは最初に字幕3D版。

次に吹き替え3D版。

ここで小説のプロメテウスを読んで、最後にもう一度字幕3D版を観てきました。

最初に言っておきますが観るならやはり字幕3D版ですね。

それもできれば3D効果の出やすい真ん中よりやや前の席がいいかと思います。

字幕版は主役のエリザベスの吹き替えを剛力彩芽が行なっているのですが、演技が下手な上に更に役柄と声質が合っていないので、聞いていて最後まで辛かったです。

小説版は映画だけでは分かりにくかった部分を多少補ってはいるのですが、ヴィッカーズがウェイランドの娘ではなく単にウェイランド社の部長という役柄なのが違っています。

SF映画好きならウェイランド社の名前を聞いてピンときた人もいるでしょう。

そうです、映画エイリアンシリーズで出てくるウェイランド・ユタニ社なのです。

ユタニが付かないのはウェイランド社がプロメテウス後に日本企業のユタニ重工と合併するからという事だそうです。

小説ではウェイランド社長とユタニ重工の社長が個人的な知り合いとされているので作品の2093年から近い内に合併するのではないかと思われます。

ちなみにAVPシリーズでもウェイランド社は出てきますがプロメテウスを観ると時間軸の関係でパラレルワールド扱いと言っていいでしょう。

ここまで書くとお分かりでしょうが、プロメテウスはエイリアンシリーズの同軸時間上の作品で、映画エイリアンの前日譚のお話なのです。

さて映画序盤のエンジニア(本当はエンジニアではありませんが便宜上こう記載させていただきます)が例の黒い液体を飲んで死んでしまうシーンですが、ここはこの作品で一番の謎ともいえます。

空に浮かぶ宇宙船はエンジニア達の宇宙船なのではないかと思われます。

もしかしたらエンジニアを作った真のエンジニアの船の可能性もありますが、流石にここは不明です。

小説ではここのシーンは全く記載されていないので、映画から読み取るしかないのです。

で、ここで思ったのが、もしかしたらあの星は原始の地球で、あの黒い液体の効果を見るための人体実験じゃなかったのかと。

黒い液体を飲んだエンジニアの身体はDNAの鎖が壊れ朽ち果てバラバラになって滝に飲まれてしまうわけですが、最後にダメになったかと思われたDNAが復活して細胞分裂が起こる所が描かれています。

おそらくこれが元で人間が出来上がったんじゃないかと想像させられました。

初見じゃ内容が全然分からなかったのでエンジニアが黒い液体飲んで死んじゃったーくらいにしか思わなかったのですが、何度か観ているうちにそう思えてきたわけです。

そしてここでタイトル画面。

PROMETEUSの文字が少しづつ現れてタイトルが出来上がるのは映画エイリアンの様で思わずニヤリとしました。

場面変わって星間飛行中のプロメテウス号内。

エイリアンシリーズで欠かせないアンドロイドが出てきます。

このアンドロイドのデイヴィッドはウェイランド社製の最新モデルで、まるで感情があるかのような振る舞いはエイリアンのアッシュと比べても見劣りしません。

映画エイリアンの年代は不明ですがもしかしたらプロメテウスとそれほど離れた時間なのかもしれませんね。

目的地の惑星に近づき2年ぶりに人口冬眠から目覚めるクルー達。

この冷凍冬眠装置もエイリアン時代とそれほど変わっているわけでもないのがわかります。

そして冬眠から起きたらお馴染みの食事シーン。

ノストロモ号の合成食事より美味そうには見える。

話が進んでホログラムのウェイランド社長が出てくるときの曲は、エイリアンのノストロモ号のシャトルが惑星へ降下する時のアレンジ版で、またまたニヤリw

ここで今回のミッションが人類を作ったとされるエンジニア探しの旅とエリザベスとチャーリーから教えられるのですが、どう聞いてもこの二人の妄想ですw

なぜこのエリザベスがそんな事を言い出したかというと、子供の頃に巨人と星座の壁画を見て、いつか宇宙人が宇宙船で宇宙へ連れていってくれるに違いないと思ったのをずーっと引きずっているという、とんでもない妄想家だったからなのです。

でもそんな妄想を信じ込んだ挙句、大金をつぎ込んで宇宙船まで作らせて星間飛行までさせちゃうウェイランド社長スゲー

まだ序盤なのに長くなったので今日はここまで。

明日は糸魚川の日本海クラシックカーレヴューへ行く予定で、朝が早いので寝るでございます。

|

« エブロ 1/20 ゴールドリーフ ロータス72C(1970) その2 | トップページ | 映画プロメテウス ネタバレ満載 その2 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エブロ 1/20 ゴールドリーフ ロータス72C(1970) その2 | トップページ | 映画プロメテウス ネタバレ満載 その2 »