« タミヤ 1/35 M4A3E2 ジャンボ その3 | トップページ | タミヤ 1/35 M4A3E2 ジャンボ その5 »

2013年1月10日 (木)

タミヤ 1/35 M4A3E2 ジャンボ その4

もう少しだけ工作を進めます

120110_1

履帯のタレ具合を再現するため4箇所に真鍮線を通して履帯を押さえます

120110_2

実写写真を見ると矢印の部分に接合面らしき跡が見受けられるのでラインを引いておきました

この部分がちょいと謎で、恐らく側面の増加装甲が長すぎるために前後に分けたと思われるのですが、ただ単に二枚に分けてあるのかそれとも接合部分が溶接されているのか不明なんですよね

タミヤのキットはこの部分の接合面がなく一枚で再現されてあります

レストアした車両も明らかに前後二枚になっているのは分かるのですが、どんな感じの接合面になっているのか分からない…

かなり悩んだのですが分からないという事は、少なくとも大きく溶接されているとは考えられないという答えとして単にケガキ線を入れるということにしました

120110_3

車体前と砲塔にラッカーパテで鋳造表現を施します

シャーマンの鋳造はあまりゴツゴツした感じではないようなので控えめに

120110_4

車体後部左右の予備履帯のケースは形状が随分違うようなので使用しませんでした

接着箇所はエポパテで埋めておきます

ではいよいよ塗装です

120110_5

一旦全体にMr.42のマホガニーを吹きます

そしてMr.38オリーブドラブ

  ↓

Mr.38+303グリーンFS3410

  ↓

Mr.303

  ↓

Mr.303+127中島系コクピット色

の順番でいつものようにグラデーション塗装しました

120110_6

いつもはもう少し明るめにするのですが、今回は試してみたい塗装方があるのでこの程度にしておきました

このキットが発売されていた頃に塗装で困るのがポリ製履帯です

そのままだと何のプラカラーを塗っても定着しないので困りものなのです

前回製作のM4A1やドラゴンのDSキャタピラも塗料の定着が悪く悩みましたので、今回はネットで色々と調べてみました

良さそうだったのが

120110_7

ソフト99の自動車用のバンパープライマーでコートしておくというもの

実際履帯に吹いてみた所、問題なく定着しました

120110_8

Mr.33つや消しブラックを塗装しましたが曲げてもこすっても塗装が剥げるという事はありませんでした

よし、今度からポリキャタピラはこれを使うとしましょう

|

« タミヤ 1/35 M4A3E2 ジャンボ その3 | トップページ | タミヤ 1/35 M4A3E2 ジャンボ その5 »

模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、バンパープライマー!、イイですね、私も覚えておこう。しかし塗装に入るまでが早い!!。

投稿: ko-tin | 2013年1月11日 (金) 02時24分

>ko-tinさん

バンパープライマー中々いいですよ。
是非ともお試しあれ!

投稿: 家主えりあん | 2013年1月11日 (金) 08時56分

バンパープライマーとは!?
なるほど~φ(..)メモメモ

ためになります…!

投稿: ポカモト | 2013年1月12日 (土) 20時28分

>ポカモトさん

グーグル検索バンザイですw

投稿: 家主えりあん | 2013年1月13日 (日) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミヤ 1/35 M4A3E2 ジャンボ その3 | トップページ | タミヤ 1/35 M4A3E2 ジャンボ その5 »