« タミヤ 1/24 ポルシェRSR934 イェーガーマイスター その2 | トップページ | 瓢湖桜まつり »

2013年4月15日 (月)

タミヤ 1/24 ポルシェRSR934 イェーガーマイスター その3

昨日の続きです

130415_1

小さくてなくしそうなパーツはランナーに付けたままクリップに挟むと塗装が楽です

130415_12

ちょっとしたパーツは竹串の後ろに布ガムテープを巻きつけてくっつけます

130415_2

このような小さい丸穴があるパーツはラッキーアイテム

130415_3

竹串の後ろにマスキングテープで爪楊枝を貼り付けて

130415_4

丸穴に刺せばOKです

130415_5

ステアリングなどの丸穴が途中で埋まっている場合は爪楊枝がスカスカで上の方法を応用して

130415_6

爪楊枝の先端を少し切ってやれば

130415_7

テーパーがついているので差し込みやすくなります

130415_8

リアウィングは昨日紹介したプラ材を接着する方法を使ってもいいのですが、接着面積が小さくて難しいので

130415_9

0.5mmの穴を開けて

130415_10

竹串に0.5mmの真鍮線を取り付けて

130415_11

このようにします

1mm以上の場合はわざわざ竹串に取り付けなくてもいいのですが、細い真鍮線の場合塗装するときに曲がって安定しないのでこのようにした方が下手こかなくていいですよ~

なぜ全部竹串を使うかというと、持ち手の長さが一定になるので感覚的に扱いやすかったり、発泡スチロールに刺してパーツを置いておく時も見やすくて便利だからです

以上竹串を利用した持ち手の紹介でした~

久しぶりの本日の一枚

130415_13

本日の~と言いつつ先週撮影した庭の梅の花です

今度はそろそろ桜の撮影に出向きたいですね

|

« タミヤ 1/24 ポルシェRSR934 イェーガーマイスター その2 | トップページ | 瓢湖桜まつり »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミヤ 1/24 ポルシェRSR934 イェーガーマイスター その2 | トップページ | 瓢湖桜まつり »