« 2013 ワンダーフェスティバル夏レヴュー その1 | トップページ | 2013 ワンダーフェスティバル夏レヴュー その3 »

2013年8月 1日 (木)

2013 ワンダーフェスティバル夏レヴュー その2

気がつけばもう8月でまだワンフェスレポートが終わっていない家主えりあんです、こんばんも~

暑いやら大雨やらでイマイチやる気が起きませんがにょろっと頑張ります

本日は企業ブースで気になったアイテムを紹介しちゃいます

130801_1

まずはボークスの1/144バッシュ・ザ・ブラックナイト

1/100も見ごたえがあっていいですが1/144は密度感が半端ないですね

でもボークス製だから地方じゃ中々手に入らないのよね

130801_2

こちらもボークスの製品で1/35エーデルワイス号

ゲームとアニメからの立体化ですが実際にありそうで格好イイ

ガルパンなんて関係なく売れそうですね~

130801_3

130801_4

130801_5

前回のワンフェスで発表されて驚かされたマックスファクトリーのダグラムシリーズ

ダグラムは11月、ラウンドフェイサーとブロックヘッドは来年1月発売予定だそうです

130801_6

キューズQからは蒼き鋼のアルペジオからメンタルモデルのイオナとタカオが発売

アニメ版での立体化だそうです

個人的には原作のデフォルメのが欲しいw

130801_7

もう一つキューズQからレジンキットの紅蜘蛛が長き沈黙を破ってついに発売決定

色々と細かいところまで見させてもらいましたが、ファンなら間違いなく買いのキットでしたよ

130801_8

アオシマの1/72ミリタリーの新作は陸自60式自走106mm無反動砲です

小ぶりながら内部再現もされていています

130801_9

そしてアオシマからもアルペジオのタカオとイ401が発売されます

こちらもアニメ版でもちろんフルハルモデルです

残念ながら超重力砲発射モードは無いとの事

これはワンフェスで改造パーツを出す所が出そうな予感

それと一応ウォーターラインの協会にOKを出してもらっているそうですよw

他にも色々と面白い話を伺いましたがちょっとヤバそうなのでオフレコにしておきます(^▽^;)

あと模様が入りますがデカールで再現の予定だそうです

130801_10

お昼休み模型講座でお馴染みの長谷川マスターと小森巨匠が生製作しておりました

もうあのまんまで和気あいあいそしてボケとツッコミで楽しそうでした

130801_11

そして伝説の9時間生製作で作っていた10式が展示されていましたよw

お土産にシルバーリーフを持っていったら良かったかな?

|

« 2013 ワンダーフェスティバル夏レヴュー その1 | トップページ | 2013 ワンダーフェスティバル夏レヴュー その3 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013 ワンダーフェスティバル夏レヴュー その1 | トップページ | 2013 ワンダーフェスティバル夏レヴュー その3 »