« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その8

130930_1

各パーツに持ち手を付けてサフを吹きしました

小さいけど結構パーツは多いですね

130930_2

と思っていても塗装後にこうして小袋に収めるとこれしかないのよね

それではボディの塗装に入ります

130930_3

まずはマホガニーを塗装します

今回はブラウン系?

いえ違います

130930_4

Mr.カラーの316グレーを少し角を残しつつ塗装します

130930_5

イエロー系を色々と交ぜつつ3段階塗装

ルーフはMr.315グレーだったかな?

さてこれからどうなりますやら…

| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その7

すっかり週一ペースの更新となってしまいましたが、やはりモンハン4が楽しくてねぇ…

今回はオトモアイルーの装備も面白いものが多くて久しぶりにフルスクラッチしてみたい気分になりますね

肝心のゲームの方はG級が無い為かかなりサクサクいける感じです

新モンスターはやたらと動きの早い物が多くて、ソロの初心者ハンターさんは少し苦労するかもですね

さてミニ・ピックアップですが各部品も整形が終わりサフを吹こうかなと思ったら肝心のパーツを忘れていました

それはサイドミラー!

う~ん、全部切り取ったはずなのに見つからないって事は、ランナーに付いたまま捨てちゃったかなぁ?

仕方ないので作り直すことにします

折角なのでカスタムカーという事でオリジナル仕様でいきます

ゲージは30年前頃このキットが発売されて直ぐに製作したジャンクのミニのミラーを使います

130926_1

それをヤスリで平らにして(左)市販のプラパーツの半丸パーツに接着します

130926_2

それに曲げた真鍮線を差し込んで

130926_3

車体のフェンダーにも穴を開けてそこに差し込んでバランスを見ます

いい感じなのでこのまま行きます

130926_4

フェンダーにメンタムを少し塗ってミラーの支柱にエポパテを盛り付けます

メンタムを塗ることでエポパテが硬化しても綺麗に取り外しができるわけです

130926_5

硬化したら整形してサフ吹いてほぼ完成

130926_6

アンダーガードの一部が割れてしまったのでこれもジャンクから移植することにしました

130926_7

マフラーの先っちょもカスタムっぽくアルミパイプを差し込んで太くしました

130926_8

キットにバケットシートは1個しか入っていないので、これもジャンクからもう一つ持ってきました

130926_9

バケットシートは右側にしか付かないので左にもプラ材で台部分を製作

130926_10

載せてみるとこんな感じ

130926_11

そしてノーマルシートの取り付け基部が邪魔なので削っておきました

これで全パーツの工作は完了したはず

130926_12

5時間かけて持ち手を付けてこれからようやくサフ吹きができます

やっぱり問題はボディ色だよなぁ

何色がいいですかね?

| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その6

いやもう、大方の予想通りこの一周間は殆どモンハン4ばかりやっていたので、少ししか模型をいじっていなかったのですが、このまま放置も嫌なので少しだけ更新いたします

130921_1

ルーフの縁の部分ですがここがちょっと実車と違います(黄色矢印部分)

キットだと半丸の形状なのですが、実際は内側部分がえぐれているんですね

実際にそこまでやるのは大変なので、エングレーバー等の切削工具を使ってそれっぽくしました

もう一つ、先端の両サイド(赤矢印部分)に水抜き用のらしき穴が空いているのでピンバイスとデザインナイフで開口しておきました

130921_2

左右のサイドの縁はもう一段突起部分があるのでプラ材で工作

130921_3

燃料パイプを吸入口から車体へ導くパイプをスプリングで再現してみました

130921_4

車体下のアンダーガードの前部分のモールドをピンバイスで開口

130921_5

ここでエキゾーストパイプの矢印部分を折ってしまったのでくっつけて修正しました

130921_6

ステアリングの穴もピンバイスで開口しました

ここでボディにサフを吹いて修正、またサフを吹いての修正の繰り返しで

130921_7

130921_8

130921_9

なんとか塗装まで漕ぎ着けました

問題は何色にするかなんですよね~

まだなんも考えていないのれす

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その5

いよいよモンハン4が発売という事で模型の方も暫く手につかない予感があるので、製作意欲のあるうちにリアのハッチの開閉工作をやっつけてしまおうと思います

色々と悩んで特殊なヒンジ製作の実行もしたのですが、結局普通のヒンジを作ることにしました

130913_1

手持ちの一番薄いプラ材にL型プラ棒を切り出して2個接着

130913_2 

L型プラ棒の間に平棒を置いて0.5mmの真鍮線を差し込んで可動部分を確保しておきます

130913_3

そしてひたすら削って完成です

130913_4

このように可動します

130913_5

同じものを2個製作

130913_6

失敗すると思ってこれだけ基本パーツを用意したのですが、すんなり完成して拍子抜けしちゃいました

130913_7

車体とリアハッチに取り付け

130913_8

実車よりかなり大きめなので削ります

130913_9

まだ大きいですがこれ以上削ると強度が無くなっちゃいそうなので終了~

実際このリアハッチはオリジナルですし、荷台から荷物の出し入れが頻繁で通常のものより強度が必要でヒンジもこれでいいよね?っていう後付け設定で勘弁してくださいませ

130913_10

でもちゃんと可動するのは気持ちイイです~(^^)b

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その4

モンハン4が今週末に発売されるので今のうちに工作を進めねばならない家主えりあんです、こんばんも~

今回製作のミニのピックアップは先の見えない大改造ですが、こういうのは妙に楽しいものですね、グフフw

130912_1

キャビンとの仕切りをプラ板で作り、リアのフロアを敷くために位置決めのプラ材を接着して行きます

130912_2

ある程度敷けたらデバイダーなどを使ってサイズを出し0.5mmプラ板で少しづつ敷板を置いていきます

130912_7

4分割で敷板が出来たらその間の上にプラ板を置いて接着

130912_8

それを取り出して基本パーツとして再度プラ板に写し取って

130912_9

一枚の板にします

130912_10

コピーしたものなので少し隙間ができてしまい、その部分をエポパテで埋め整形

130912_11

仕切りにプラ材でモールドを追加

130912_12

敷板が0.5mmだと薄いのでもう一枚0.5mmのプラ板を貼って厚くします

これで歪みにくくなったはず

そして敷板にもモールドを追加しました

130912_13

後ろから見るとボディとの隙間が開いてしまうので3mmプラ棒を曲げて接着

これで敷板の完成です

130912_4

少し戻って、ここに隙間があったのでエポパテを盛ってメンタムを塗った天井を押し付けて剥がします

130912_5

この状態で硬化させますが、乾燥機で強制硬化させると膨張してしまうので、ここは自然硬化させます

130912_6

硬化したら整形して完了

130912_14

仮組みするとこんな感じ

130912_15

リアハッチの内側カバーを上と同じ要領でエポパテで作りました

130912_16

リアハッチに乗せるとこうなります

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

第22回 日本海クラシックカーレビュー

今年もやってまいりました日本海クラシックカーレビュー

気が付けば第22回という事で随分長いことやってますね

残念な事に雨模様でしたが10時頃からは何とか雨は止み、天気予報よりはマシな天気で助かりました

それでは今年も写真で振り返りましょう

130910_1

個人的にBMWで一番好きな2002ターボ

後ろの謎の怪しい車はなんでしょうね?

130910_2

エランとヨーロッパSPが並んでパレードランです

130910_3

このロンドンタクシーですが緑ナンバーって事は実際にタクシーとして使っているのでしょうか?

だとしたら乗ってみたいなぁ

130910_4

アルファロメオ・ジュリアSS

フロントのデザインが秀逸ですね

130910_5

去年に引き続き登場のマセラティ・メラクSS

やはりこの頃のスーパーカーは格好いいです

130910_6

赤色が眩しいジャガーEタイプ

これが街中を走っていたら二度見する事は間違いなし

130910_7

残念ながらミニ・カントリーマンにキノコは生えていませんでした

130910_8

一見国産車風ですが列記としたミニ・バリエーションのクラブマン

最近めっきり見かけなくなりましたね

130910_9

オースチン・セブン・ルビーなんていう珍車もありました

130910_10

ポルシェ356Cも来ていましたがこちらの356Bの方が好きなデザインですね

フジミのエンスーのキットはピストンまで再現されていて驚きなのです

130910_11

356Bと殆ど同色のポルシェ911T

ライムグリーンだともっとカエルっぽくて可愛いんですよ~

130910_12

日本車で一番賑わっていたのは今年もやはりトヨタ2000GTでした

特に前期型は美しいっ!

130910_13

その隣には値段を聞くのが怖いACコブラ427が鎮座しておりました

二年連続でこの姿が見られるとはラッキーです

130910_14

ウィリスMBなんていうミリタリーマニアも喜ぶ車両もありました

隣のミニ・ウィリスにも注目w

130910_15

ツートーンカラーも眩しいポルシェ914

オリジナルカラーだそうです

130910_16

今年の特別展示車はローラF3000無限でした

カラーリングのためかマクラーレンMP4/7に見えてしまいます

と、今年も素晴らしい世界の名車や珍車が勢揃いのイベントでした

レビューに日本車が少ないのは家主の趣味であります^^;

それと忘れてはいけないのが見物にやってくるマニアの方の車たちです

今年もこんな名車も来ていたりして

130910_17

やっぱりたまらんすなぁ

ちなみにオーナーの方に展示されないんですか?と聞いたら、生産してから30年しか経っていない新しい車なんでダメなんだそうです…

30年で新しいってw…と心の中でそう思ったのは俺だけじゃなかったはず

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その3

今日は年に一度の日本海クラシックカーレヴューへ行ってきますので早めの更新ですというか早すぎんだろw

130908_1

ミニのピックアップといえば後部がこのように垂直面になっているのですが実は昔からここがあまり好きじゃありません

折角コロコロした可愛らしいスタイルなのに、ここだけ平面になってしまっていて違和感を感じてしまうのです

130908_2

それにミニの一番のチャームポイントはあの可愛らしいプリケツだと思っていますから、今回はそれを生かしてオリジナルの荷台を作ろうと思います

130908_3

ケガキ針とエチングソーを使ってリアハッチを切り離します

130908_4

矢印部分はノーマルミニのハッチ開口部のラインなのでパテで埋めてしまいます

その際に上部モールドを少し削ってしまったのでエポパテで修正

130908_5_2

修正完了

グレーの部分がモールドのあった所です

130908_6

今度は車体のリアゲート部分を”自動車模型フル開閉化編”を参考に作ります

マスキングテープを貼ってマジックでアタリをとります

それを0.5mmプラ板に貼って切り出して

130908_7

裏側から貼り付けます

130908_8

ハッチを戻すとこんな感じ

130908_9

接着したサイド部分は後から丸見えなのでエポパテで慣らしておきました

130908_10

リアゲート内側にゴム部分をプラ材で追加

ゴム部分は実際はもっと内側にあるんですが、ハッチが閉まらなくなる恐れがあるのであえてこの位置にしました

130908_11

それでもやはり干渉してしまうのでハッチ裏のピンク色にした部分を若干削って修正しました

130908_12

再び合体!

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その2

前回ズコーンっと後部をカットしてしまいましたので何とかしなくてはいけません

このままだと雨が降ったら大変ですからね

130907_1

屋根をマスキングテープで仮止めして0.5mmプラ板をキャビン後部にあてがって同じように仮止めします

内側からマジックでアタリをとってプラ板を切り抜きます

これが基本パーツになります

130907_2

ここに後部の窓枠をプラ材で作って内側を切り抜きます

窓枠の角部分は曲線にします

130907_3

後部に取り付けてみるとこんな感じ

このままだと薄すぎてしまうので

130907_4

同じものをもう一つ用意します

130907_5

一枚目の裏の外枠にに0.5mmのプラ材を接着します

ただし下部分にはプラ材は接着しません←ここポイント宿題に出るよ!

130907_6

そこに二枚目を接着

130907_7

0.5mmの透明プラ板を用意して

130907_8

隙間の空いた下側から差し込めば塗装後にガラス部分を入れる事ができるわけです

130907_9

今度はこのピンク色の部分のモールドを落とします

というのもここは後席の内張りになるので、ピックアップにしてしまうとオカシイのです

130907_10

前席のモールドを消すといけないのでマスキングしてからリューターでガリガリ削ります

そしてペーパーを掛けて慣らして

130907_11

プラパテを塗って乾燥後再びペーパーを掛けてとりあえず終了

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

タミヤ改造 1/24 ミニ・クーパー・ピックアップ その1

秋めいてきたせいか少し涼しくなってきて模型製作意欲が湧いてきたので新作を作りましょう~

130903_1

取り出したブツはこれ

タミヤのミニ・クーパー1275Sラリーです

実は家主は初代のミニが大好きなのです

なのでタミヤのミニはノーマルとラリー合わせて今までで3台製作しているので大体どんな物かは承知しています

確か最後に作ってから15年ぶりくらいだったかな?

そのままラリー仕様で製作してもいいのですが、バリエーションやオプション、そしてカスタムの多いミニですからオリジナル仕様で行きたいと思います

基本コンセプトはミニ・ピックアップのカスタム仕様

ミニのピックアップといえば

130903_2

130903_3

これですが、カスタムなのでこのとうりには作りません

というのもピックアップはカタログモデルですが、今回製作するのはキット同様通常のミニ・クーパーを改造してピックアップにしたというオリジナル設定で製作します

130903_4

130903_5

まずはサクッとボディとシャーシを仮組み

やっぱり小さくて可愛いね~

130903_6

工作の第一歩はおもむろにカットだ!

130903_7

そしてヤスリで整形

130903_8

Bピラーは細すぎるので実車のピックアップに見習ってプラ材で太くしておきました

ルーフも太くしたBピラーに合わせてカットします

130903_9

スースーしてスカートの中を覗かれたみたいな気分

スカート履いたことないけどw

130903_10

Bピラーの整形完了~

そういえばこのキットの箱を開けたら

130903_11

懐かしい物が入っていました

触るとムニュムニュするのでまだ使えそう

それにしても接着剤入りってこのキット何時買ったんだっけ?

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

世界戦車選手権(WTC) 1/72 チャレンジャーⅡWTC

上越合同模型展示会で今年は「世界戦車選手権(WTC)」という戦車を使ったバイアスロンとF1を掛け合わせたような架空レースをでっちあげて、それに出場する戦車を1/72で作ろうというオリジナル企画がありました

ここ最近ガルパンの御陰でミリタリー熱が上昇中の模型業界ですが、この企画は去年の夏以前からあったもので、今回丁度そのタイミングがあって中々オモシロ企画になったんじゃないかと思います

という事で家主も参加させていただいて遊ばせていただいた車両がこれです

130902_1

イギリスチームがチャレンジャーⅡを改装して作ったチャレンジャーⅡWTCです

130902_2

巨大な155mm砲と後部の可変ジェットエンジンが特徴の凄い奴です

130902_3

主砲は実は1/100エルガイムMk.Ⅱのパワーランチャーより流用

130902_4

砲塔後部のウイング兼カウンターウエイトはチャレンジャーⅡのドーザーを使用しています

130902_5

砲塔後部のエアダクトはジェットエンジン展開時に空気を送り込む為の物です

130902_6

130902_7

ジェットエンジンはこのように可変します

ジェットエンジン本体はミニジェットのスカイクレーンのインテイク+ヤマトメカコレの地球軍駆逐艦のエンジン+FA-18Cのエンジンノズルを使用して作りました

コンセプトはアニメに出てきそうな戦車として製作

たまにアイデア勝負の変テコな物を好き勝手に作るのは楽しかったです

来年も引き続きこの企画を進めていくそうなので今からネタを考えておかねばいけませんね

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

2013上越合同模型展示会その4

上越模型展示会から一周間経ち、既に9月へ突入してしまいましたがようやくレヴューも完結です

ラストはガルパン特集ですよ~♪

130901_1

宮澤さんのプラウダのT-34/85&76

KV-ⅡとIS-2も作って欲しいぞなもし

130901_2

徳井さんのねんどろいど西住殿乗車のⅣ号D型

実に可愛いであります…ん?後ろに変な物が???

130901_3

最終話のあの名シーンキタ━(゚∀゚)━!

知らない人が見たらなんでこうなっているの?って絶対思うけど、ガルパン最終話を見ていたら確実に盛り上がるディオラマですね!

今度はこれにⅣ号も追加してほしいな~

130901_7

130901_8

そんな徳井さんの三つ目の作品はガルパントレーラー

キャラメインなのでピンクのカラーもよく似合っていますね

130901_4_2

ダイサコさんの三式中戦車ガルパン仕様

本編ではあっという間にいなくなってしまいましたが映画では活躍してくれるはず…と一番思っているのはファインモールドのはず

車体の色味が実に絶妙!

130901_5

NOZOさんの秋山殿ガーリースタイル

ワンフェスで購入したキットの改修版

原型はなんとリアルJKの初ガレージキットとの事

なんか色々と凄いw

130901_6

こちらもNOZOさん製作のボークス製秋山殿

可愛いでござる

もう秋山殿のコーナーだけ別に作っても誰も怒らない気がしますな

と、今年も多種多様で、特にネタ物率が多くて楽しめた上越合同模型展示会でした

来年もパンツァーフォー!

130901_9

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »