« タミヤ 1/35 プテラノドン ステルンベルギ その1 | トップページ | 年末恒例 »

2013年12月22日 (日)

タミヤ 1/35 プテラノドン ステルンベルギ その2

全体の形状出しが終わったので体表表現に移ります

しばらく前から翼竜の体表は薄ら体毛があったという話になっているのでそれっぽくしたいと思います

やり方は単純

表現したい部分に濃い目のビンサフ(#500)を薄く筆で塗り、完全乾燥少し手前くらいでデザインナイフでケガいていくだけ

もっといい方法もありそうですが、家主はこれくらいしか思いつかなかったのよね

131222_1

右側が体毛表現した翼です

131222_2

アップで見ると少し甘い気もしますが、これ以上やると乾燥したサフが剥がれてしまいそうな感じなのでここら辺までとします

ちなみにサフの完全乾燥後にやると表面が硬くなっていて、かなりケガきにくくなってしまいます

微妙に乾燥していない所の見極めがいるので、このやり方は少し時間のある時にやった方がいいかもしれません

131222_3

131222_4

そして前面に施しました

これで塗装にいよいよ移れそうです

|

« タミヤ 1/35 プテラノドン ステルンベルギ その1 | トップページ | 年末恒例 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミヤ 1/35 プテラノドン ステルンベルギ その1 | トップページ | 年末恒例 »