« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月27日 (火)

エブロ 1/24 シトロエン2CVフォルゴネット その5

前回の製作記事の最後にたまごひこーきが出てきてなんぞや?と思った方も多いかと思います。

今回のディオラマはややネタ気味にしようかと思いまして、そのポイントになるのがこのたまごのP-51なのです。

これはほぼストレートに組みますが、やはりプロペラは回したいですよね。

という事で電池ボックスを買ってきました。

140527_1

しかし単三電池二本の物は直列しかなかったので並列になるように改造。

流石に1.5V二本分のパワーはありすぎですからね。

モーターは小型のRCヘリ用の物を使用。

140527_2

仮接続してみてちゃんと可動したのを確認できたら、次はこれを本体に仕込みます。

140527_3

そのまま固定するのは何か嫌だったのでプラパイプに仕込んだのですが、ピッタリの径が無かったので少し小さめの物を片側だけ切ってそこに入れるようにしました。

これならピッタリの物よりしっかり固定できそうで、逆に良かったかな?

140527_4

エポパテを本体片側に盛り付けてそこに固定するようにしました。

この後こちら側にもエポパテを盛って固定します。

機体サイドに持ってあるエポパテはこの後プラパイプを仕込む為に使います。

140527_5

プロペラの軸にはそのままモーターを取り付けるには径が大きいので、プラパイプを火で軽く炙って同じ径にした物を入れて接着。

この後プラパイプの径はモーターの軸と同じ穴に広げておきました。

140527_6

仮組みしてプロペラを回してみたのですが、これだけでも楽しいですわw

140527_8

胴体にはこんな感じで穴を開けてプラパイプを差し込み、パイプの中にリード線を入れて外に出す仕組みです。

140527_7

中はこうなっています。

エポパテの御陰でモーターもプラパイプもしっかり固定できています。

140527_9

今回唯一の改造箇所はアンテナブレードで、絶対折るよなぁと思っていたらやっぱり折ってしまったので、アルミパイプを叩いて平たくした物を削って作り直しました。

| | コメント (2)

2014年5月22日 (木)

2014 静岡ホビーショー その3

最近の夕飯は釣ってきたイナダしか食べていないような気がする家主えりあんです、こんばんも~。

まだ捌いたのが冷凍してあるんですよね。

でもまた釣りに行くという…

さて今日でラストの静岡ホビーショーレヴューです。

最後は合同展示会のネタアイテムも含めて紹介したいと思います。

140522_1

日東の1/20フェラーリP5

車体のデザインも美しいですが仕上げも美しい一品です。

140522_2

変な言い方ですが綺麗な汚さが見事なボンネットバス。

140522_3

色々と細かかったです。

そしてワンコw

140522_4

これは流石に子供の食いつきが良かったようです。

140522_5

バイクは人を乗せるだけでドラマになります。

140522_6

タミヤの1/12ハーレー・ダビッドソンの超絶改造。

どれもカッコイイのよ。

140522_7

1/35のミリタリーモデルの路面電車を利用したカフェのディオラマ。

実にいい雰囲気。

140522_8

こういう独特の塗装は大好きなんですよね。

リアルとは少し違うんですが、模型として見て実に上手い塗装です。

140522_9

なんとこの空母ニミッツはペーパークラフトだそうです。

このまま前後の部分も作って完成した物も見てみたいです。

140522_10

新旧伊勢といせ。

こういう事が出来るのも模型の良い所ですね。

それにしてもいせデケぇ…

140522_11

はっ!これは!!

140522_12

こちらは007サンダーボール作戦で悪者が乗っていた前後が分離する船ですね。

140522_13

メガフォース!?

違和感無いですねぇ。

140522_14

宇宙戦艦ヤマト物では珍しい感じのディオラマです。

140522_15

なんとガタッカの群れがwwwwwww

この前貰ったガタッカもネタ系で何かしよかな。

140522_16

リボルテック・ガンガルなんて出てましたっけ?

>出ていません。

140522_17

毎年恒例のジム軍団。

いったい何処まで増えていくのだろうか…

140522_18

今回で一番印象に残ったヤツです(^▽^;)

この発想は中々出ない…出ても作れない…というより作らないわw

| | コメント (0)

2014年5月21日 (水)

2014 静岡ホビーショー その2

昨日は寝落ちして更新できなかった家主えりあんです、こんばんも~。

という事でUPし損ねた静岡ホビーショー合同展示会のレポート前偏です。

140521_1

1/12ポルシェ935ターボ。

物凄い出来のカットモデルでした。

140521_2

佐藤琢磨が駆るDW12なんていうキット化されていない車なんかもあるんです。

これ欲しいわぁ~。

140521_3

この艶!そしてエンジンを見るのだ!!

140521_4

かと思えば、俺のつや消し具合を見ろ~!

140521_5

ロボじゃないオプティマスもいいな~。

コンテナ部分も是非見てみたいですね。

140521_6

ブレーカー・ワンナイン・ラバーダックですね。

しかもジャガー付きという事はオープニングだ!

140521_7

実はこれの見せ場は後ろの大量の南京錠だと思うんです。

140521_8

たまごひこーき…だと!?

140521_9

WWIの戦闘機も多かったですがこのアルバトロスが個人的に一番でしたね。

なんと言っても木目が美しすぎるっ!

140521_10

このサラマンダー全く違和感ないんですけどw

140521_11

艦これのお陰か、艦船模型の多さも目立ちました。

そういえば企業展示のWLブースであんなに人が多くいたのを見たのは始めてだったなぁ。

140521_12

なんと紙製の痛艦船。

紙ならではの発想と工作ですよね。

140521_13

中四国AFVの会で単品金賞をとったチェロキーなんですが、塗装の手の混み具合が尋常じゃなかったです。

画像じゃ再現できないのが残念です。

140521_14

こちらは今月のアーマーモデリングに掲載のM3リー。

これも紙面じゃ分からないほど手の込んだ塗装でした。

やはり模型は直に見てみるべきと実感しました。

140521_15

スター・ウォーズのラストの名シーンをシャドーボックスで再現。

光や機体が動いたりと実に見ていて楽しかったです。

140521_16

今年はベアッガイⅢの改造ネタアイテムが一番多く作られていたような気がします。

140521_17

家主の大好物のランドシップ。

デラバスギャランの他にも色々置いてありました。

140521_18

リアル海苔巻家。

ガッちゃんて女の子だったの?

140521_19

ガンダムvsグフならぬクフ。

140521_20

ラルさーーーーーん!

今回で一番笑わせてもらいましたw

| | コメント (0)

2014年5月19日 (月)

2014 静岡ホビーショー その1

140519_1

今年も毎年恒例の静岡ホビーショーへ行ってまいりました。

恒例と言いつつ去年は用があって行けなかったので、今年は二倍いやそれ以上に楽しんできましたよ。

会場入口には

140519_2

陸自の最新戦車の10式が鎮座しておられました。

しかも期間中はデモンストレーションを何度も行うというサービスっぷり。

来年は新型機動戦闘車とか来てくれたら嬉しいなぁ。

さて今日は企業ブースの紹介ですが既に各ブログなどで知っていると思いますので、ここは家主が気に入ったアイテムを紹介しましょう。

140519_3

まずはハセガワの赤城。

もう側面のディティールが凄すぎて感動しますよ~。

この後にタミヤのサラトガを見たんですが…いやサラトガが悪いんじゃないんですけど、完全にこれの御陰で「ふ~ん」という感じでしたね。

140519_4

そのタミヤのブースでは、この巨大ディオラマが素晴らしかった!

家主が連合軍好きというのもありますが、要所要所に見所があって暫くずっと見ていました。

140519_5

楽しみにしていたのがエブロのルノー4。

来月発売という事なので楽しみにしていますよ~。

140519_6

もう一つエブロからティレル003。

こちらは7月発売なので二ヶ月連続で楽しめそうです。

140519_7

アオシマの日野HHトラックも気になるアイテムです。

140519_8

シャーシも気合入れてますね。

トレーラー部分の発表もいつになるか気になりますね。

確率は低そうですがタンクローリーがいいなぁ。

140519_9

こちらもアオシマの探査船トライトン。

冗談でダイオウイカは付かないですよね?って言ったらペーパークラフトで付属するんだそうです。

これは嬉しいですね~!

140519_10

更にアオシマのPAC3。

もう1/72とは思えない出来で、もちろんバリエーションもあるんでしょうなぁ。

140519_11

こちらは会場発表だったアオシマの磁力牽引車。

シャーシはモールと一緒なのかな?

140519_12

DOZZYの新作ベース2点。

どちらもディオラマやビネットの素材として重宝しそうです。

140519_13

最後はボークスのレッドミラージュV3。

半透明の装甲は玩具っぽくて好きではないんですが、この格好良さは危険ですね…財布の中身的に^^;

そして今回のお買い物は

140519_14

モデラーズフリマで買ったのはアカデミーのヘルキャットとカステンの履帯。

なんとセットで¥1500のお買い得価格です!

140519_15

切れ味の落ちてきたタミヤのニッパー2点と買い逃していたオートモデリングNo.30。

しかし最大のラッキーアイテムは

140519_16

ダイソーのメタルジグ各色!

もちろんホビーショーで買ったのではありませんよ。

実はこのメタルジグが結構使えるというのが新潟ではかなり広まっているようで、近所の何店かでは暫く前から品切れ状態だったのです。

家主の持っているジグもだいぶ使い込んできていたり、すっ飛ばして失くしちゃったりで数が無くなってきていたので、静岡のダイソーで大量に置いてあるのを見てもう大人買いです。

と言ってもこれだけ買っても税込¥1080ですよ。

しかも見た事のなかったピンク系もあったりと、これはほんとラッキーでした。

早速帰ってフロントに

140519_17

アシストフックを装備させました。

実はこのアシストフックは4本入りで¥450なのです。

つまり一本でもジグより高いんですよねw

それでもこうやってセットにしても¥250くらいなので、普通のメーカー製のジグを買うより1/3くらいの価格なのです。

そして夕方ちょっと投げてみると

140519_18

37cmサイズの極小イナダ。

140519_19

52cmのもう少しでサワラとなりそうな初のサゴシを釣り上げる事ができました。

他にも2度ほどバラシがありましたが、周りの状況を見てみる限りあまり上がってはいなかったので結構いい釣果だったんじゃないかと思います。

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

エブロ 1/24 シトロエン2CVフォルゴネット その4

いよいよホビーショーが今日から始まり色々と新製品が発表されているようですね。

個人的にはエブロのルノー・キャトルとアオシマのPAC3が気になります。

家主も土曜そ日曜に見学してきますので後日レポートをしたいと考えています。

その前に少しだけ2CVの進行状況をば。

140515_1

屋根の裏にはプラ材で作った釣竿ホルダーを追加。

140515_2

サイドミラーのステーはキットのままだと確実に折ってしまうので、0.5mmの真鍮線で作り直しました。

140515_3

屋根の上にはライトを追加。

140515_4

そして突然1/24釣竿!

真鍮線とプラ材で作りました。

更に突然ですが

140515_5

たまごひこーきのP-51が登場!

さて一体どうなるのか刮目して待て!!

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

エブロ 1/24 シトロエン2CVフォルゴネット その3

H.R.ギーガーが亡くなったそうで、個人的にかなり影響された画家そしてデザイナーだっただけに実に残念です。

ご冥福をお祈り致します。

さて今日のフォルゴネットは車両の方ではなくて展示台のジオラマの方へ進みます。

同時に少しづつ進めていかないとイメージが付きにくいんですよね。

当初は波止場に停車しているフォルゴネットというイメージだったのですが、展示として高さが無いのです。

前回とその前のディオラマは木や街頭を使って高さを出しましたが、同じことをやっても面白くないのでどうしようかと考えていたのですが面白い事を思いつきました。

まずは木材を用意し寸法を決めたら切り出します。

140513_1

これを並べて木工用ボンドで接着します。

140513_2

今度はまた別に木材を切り出して

140513_3

こんな風に接着して

140513_4

更にこうやります。

そしてオラオラオラ~!っと組み立てて行くと

140513_5

橋の完成~!

140513_6

下側はこんな感じ。

140513_7

140513_8

140513_9

140513_10

フォルゴネットを置いてみました。

橋というよりは桟橋ですが、こうするだけで面白そうでしょ?

ネタも二転三転していますが、きっと予想も付かないものになると思いますよ~!

| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

アオシマ 1/700 駆逐艦 子日1933 その7

今日は珍しく朝からの更新の家主えりあんです、おはようございモス。

なんでかと言うとですね

140511_10

また釣ってきましたw

朝4時起きで行ってきたのですが堤防はもう満員(=▽=;)

皆どんだけ釣り好きなのよ~って自分を置いといて思ってしまうくらいの混雑で、何とか駐車場に入れられ釣り座も確保して5時~7時までルアーを投げてました。

食いつきは少し弱かったものの何とかイナダを7本確保できました。

写真が5本なのはお向かいさんに2本 あげたので減っています。

最大は一番下の46cm。

もう少しで今年の最大サイズ更新だったのに惜しい!

明日も条件いいんですよね…朝っぱら行ってみようかなぁ…

そしてここからは模型ネタですよ。

今回のフォルゴネットのディオラマなんですが課題は水の表現なのです。

しかし水の表現なんてやった事ありませんからまずは本題の前に試してみることにしました。

持ってきたのは一月ほど前に完成したばかりのアオシマの子日です。

こいつの展示台を水というか海の波として作ってみたいというワケです。

まずは展示台の大きさに切った1.7mm透明プラ板を用意して、片面とサイドをマスキングしてクリアーブルーを塗装し、乾燥したらダークブルー(色忘れた^^;)を塗装します。

140511_2

マスキングを剥がしてひっくり返せば凪の日の海面の出来上がり~。

しかしこんなのでは海面と言っていたら笑われてしまいます。

という事で

140511_3

おもむろに子日を接着!

ここで用意したのは

140511_4

水性グレインペイントのブルーグリーンです。

色々調べた結果これが一番使いやすそうだったので試しに使ってみる事にしました。

140511_5

海面にグレインペイントを盛り付け、スパチュラで波が立っているように造形して行きます。

艦首周りと艦尾は少し大げさにした方が動きがあるので、少し派手に盛り付けました。

そして一緒に買ったモーリンの水泡表現素材という名の単なる白い粉を飛沫の上がっている箇所に振りまきました。

140511_6

140511_7

そして一日乾燥させて

140511_8

透明度が出た所で状態を確認してまずは満足。

これに木の台を接着して

140511_9

完成~♪

うん、ベース無しの状態より断然いいですね!

水表現も何となく分かったし、グレインペイントの使い方も確認出来たので安心してフォルゴネットのベース作りも行えそうです。

| | コメント (2)

2014年5月 8日 (木)

エブロ 1/24 シトロエン2CVフォルゴネット その2

 来週はせっかく大潮だというのに新潟は明日から暫く雨模様…凹むわぁ(T□T)

途中一日でいいから晴れてくれないもんですかねぇ?

仕方ないのでプラモを作りましょうか。

てぇ事でフォルゴネットの続きです。

140508_1

キャビンと荷台部分に何故か結構な幅のスキマが開いてしまってます。

ということで

140508_2

プラ材を切り出して

140508_3

裏から貼りました

140508_4

最も屋根を付けるからあんまり目立たないとは思うんですけどね、それでも気になったので一応埋めておきました。

140508_5

フェンダーのシャーシとの取り付け位置が少し歪んでいたので、輪ゴムを巻いてお湯につけて矯正しました。

140508_6

シートの縦モールドですが、前面した部分が金型の抜きの都合で消えているので目立てヤスリを使って掘りました。

そのシートですがちょいと改造しちゃいます。

140508_7

真鍮線をこのように曲げた物を4本用意しました。

140508_8

シートの下側左右を切り飛ばし下面をエポパテで埋めます。

そして先ほどの真鍮線を取り付けて、プラ棒で二ヶ所繋げました。

本当はここも真鍮線にしてハンダ付けした方が強度があるのですが、まぁキャビンに接着しちゃえば関係ないよね~って事でお手軽な方法にしてしまいました 。

140508_9

乗っけるとこんな感じ。

| | コメント (0)

2014年5月 7日 (水)

2014釣り日記その2

元々予定はなかったんですが、出掛けた先で昼間にちょっと暇が出来たのでまたもや関屋へ行ってきました。

今日はなんとダイソーの100円メタルジグで釣れるかチャレンジです。

色はブルーで重さは40gを使用。

ただフックに少し不安があったのでアシストフックを追加で装着しました。

結果~

140507_1

いやぁ~釣れるは釣れる!

今なら潮の満ち引きや時合いも関係なく面白いくらい釣れますね。

ただ今日釣れたイナダは昨日よりも少し小さめのサイズでどれも40cmほどでした。

それにしてもここまで釣れるとワラサクラスが釣りたくなってくるのは贅沢かな?

140507_2

昨日のイナダはブリ大根ならぬイナ大根で美味しくいただきました。

ウマー(。→∀←。)ノ

| | コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

2014釣り日記その1

連休最終日の今日ですが殆ど家の掃除をしておりました所、お昼頃に友人のツイートで何やら関屋で魚が釣れているという話が来ておりまして、それならば明日にでも行ってみようかと当初は考えていたのですが、夕方にする事も無くなりどうにも我慢ならんという事でちょっと行ってきました。

到着時刻は4時半頃で、帰ってくる釣り師のい方もいますがイナダの束を持ち帰ってきています。

これはもしかして今年初釣果いける!?

6時半までルアーを投げていたのですがその結果は

140506_1

イナダ6匹!

粘ればもっと釣れていそうだったのですが、そんなに釣れても後で困るのでこの辺にしときました。

今回はイナダ狙いということもあり、メタルジグを30mほど投げて底まで落としてのダダ巻きで釣り上げました。

カラーはピンク系とブルー系にグリーンも試しましたが、今日はブルーが当たりカラーでしたね。

食いつきの距離としては20mほどでしたのでかなり釣りやすかったです。

またアシストフックに食いつくパターンが多かったのですね。

なにせ一度はメインフックとアシストフックの両方にイナダが掛かってきましたからw

やけに重いと思ったらまさか2匹も食いついているとは、流石に笑っちゃいましたw

ようやく関屋でイナダが釣れ始めましたし、こうなると新川漁港でもそろそろ釣れますかね?

釣れた4匹は友人宅へ配って大きめの二匹だけ持って帰りました。

140506_2

そこで計測した所、最大で46cmでした。

他は大体42~43cmくらいだったかな?

今日の釣れ具合を見ていると、潮の満ち引きはあまり関係なく暫く釣れそうな感じだったので、近々また行ってこようかと思います。

それとホビーロビーでの模型コンテストのカーモデル部門で金賞をいただきました。

投票していただいた皆様ありがとうございます。

これで今年は年初めの玩蔵コンテストのガレージキット部門の金賞に引き続き二度もタイトルをいただき嬉しい限りです。

これは益々気合を入れて模型道に取り組まねばいけませんね~

| | コメント (2)

2014年5月 4日 (日)

エブロ 1/24 シトロエン2CVフォルゴネット その1

タミヤのRSR934を始めたばかりですがもう一つ工作開始をしております。

140504_1

こちらはジオラマ用で製作するので934よりは長く楽しめそう。

キットはタミヤの2CVにエブロのフォルゴネットのパーツを追加したメーカーコラボ製品です。

まずは金型の押し出しピンの跡がそこかしこにあるので、ひたすらプラパテを盛って消していきます。

140504_2

カーモデルにしては多い方ですね。

140504_3

ボディ後部をここまで組み上げて良く見たらヒケがあったのでここも消します。

140504_4

浅いんですが結構目立つのでここは完成度を高めるポイントになりますね。

今度はべースの方に一旦移ります。

140504_5

バルサを二つ木工用ボンドで接着して必要な長さにしました。

140504_6

ベースは横長のフォトスタンドを利用します。

今回は波止場のイメージで製作予定で、ベースが海でバルサ材が防波堤なんですね~。

140504_7

イメージを掴むため車両を置いてみました。

う~ん、微妙だなぁ。

波止場じゃなくて橋にしようかな?

ちょっと保留にして車両の方を進めましょうか。

140504_9

シャーシ後端のボディに接触する部分は切り落とすようにと説明書きされていたので切り取ったんですが、逆に隙間ができてしまったので隙間分だけの厚さのプラ材を貼り付けました。

ここは説明書通りに切り落とすよりもヤスリがけして調整した方がいいと思います。

140504_10

それと説明書に矢印部分のピンとシャーシの穴を合わせるようにとなっていたのですが、知らないうちに切り落としてしまったのか、はてまた最初から無かったのか不明なのですが、ボディ側のピンが無かったので真鍮線を取り付けました。

御陰でかなりガッシリと組み合わせる事ができました。

| | コメント (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »