« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月29日 (金)

海洋堂 1/20 ブラキオサウルス その2

ここ最近は朝が寒くて、もう秋なんですかねぇ?

今年の夏の前半は車をぶつけられて代車生活で、後半は雨続きで夏らしい事を殆どしていないのでちょっと残念な家主えりあんです、こんばんも~。

さてブラキオサウルス完結編です。

基本塗装とウォッシングは終わったのでハイライトを入れて行きます。

まずはタミヤのエナメルのバフ等でドライブラシをして

140829_1

様子を見ながら足したり引いたりして立体感を出して行きました。

次は茶色単色だと面白くないので胴体側面に黄色のラインを入れようと思います。

140829_2

黄色のドライブラシを入れて模様にしますが、茶色の上からだと発色がしにくいので一旦きつめにバフでドライブラシしてから黄色を入れました。

最後は眼を入れて、

海洋堂 1/20 ブラキオサウルス完成しますた~♪

140829_3

140829_4

140829_5

140829_6

あまりに大きくて背景の幕を入れられなかったので部屋にドンっと置いての撮影です。

チャンスがあったら野外で撮影してみたいですね~。

そして明日明後日の8月最後の土日は毎年恒例の上越模型展示会があります。

家主も日曜日に、このブラキオサウルスを持って参戦する予定です。

場所はいつもの上越市民プラザ1Fギャラリーで9時~16時までとなっております。

時間のある方は是非いらっしゃってくださいませ~♪

| | コメント (0)

2014年8月24日 (日)

海洋堂 1/20 ブラキオサウルス その1

高校野球で新潟の日本文理は残念ながら準決勝で負けてしまいましたが、今年の新潟を熱く燃えさせてくれましたね!

ベスト4という成績も素晴らしいものでしたし、よく闘ったと思います。

明日はいよいよ三重と大阪桐蔭の決勝戦ですが、打撃力とピッチャーが二枚いる大阪桐蔭の方が少々有利でしょうか?

しかしどうなるか分からないのが高校野球ですから三重にも頑張って貰いたいですね。

さて今日のモデリングですが、先月末の展示会でチラ見させていたアレです。

20年くらい前に海洋堂から発売された恐竜の1/20ブラキオサウルスです。

ソフビキットなのですがとにかくデカイです。

なんと高さだけでも80cm!

完成した後にどこに置くか悩みますが、そんな事考えている内に20年も押入れに入ったままになっていたので、気にせず作ってみようという事で製作を始めました。

まずは4肢を胴体へ接着して内側に油粘土で接着箇所の隙間を埋めます。

その状態で2kgの石膏を流し込み、夏の暑さで変形しないように脚と胴体下面を固定させました。

設置箇所が脚の4箇所なので石膏を入れなくても大丈夫かな?と思ったりもしましたが、重量が半端ないので念の為入れておきました。

後は残りのパーツを接着して、接合箇所にエポキシパテを盛って成形して組立て完了。

140824_1_2

お次はサフ吹きです。

あまりに大きくて手に持って缶を吹けないので

140824_2

庭に新聞紙を敷いて横倒しにして下の方から順番にスプレーしました。

140824_3

全部でLサイズのタミヤサフを2缶使いました。

本体色をどうしようかと3週間ほど悩んだのですが、あまり見た事のない黄色ベースで開始する事にしました。

140824_4

逆光で分かりにくいですが色々と調合しつつ全体を黄色に塗装。

う~ん、ちょっと現実には無いだろうなぁという色ですね(^_^;)

少し現実っぽくする為と立体感を出す為にクリアーブラウンで要所を塗装しました。

140824_5

だいぶ肉感的になりましたね。

あ、忘れていましたが黄色を塗る前に口の中と爪を塗装しております。

なので口の中にティッシュを入れて塗料が入らないようにしてあるわけですね。

お次は

140824_6

タミヤのスミ入れ塗料のブラウンを灰皿にドバドバ入れます。

ちなみに灰皿はタバコを吸うためではなく、製作途中の小物を入れたりハンダ付け等の対熱工作をする時にベースとして使う時用に用意してあります。

んで、この塗料を

140824_7

100均で買った刷毛で全体を塗り塗りします。

数十年模型作ってますが、ベースとかじゃなくて模型に刷毛塗りしたのは始めてかも。

140824_8

ふぅ~(;´Д` )=3

乾燥したらいらないタオルにエナメル溶剤を少しだけ付けて余計な部分の色を落としていきます。

140824_9

一気に立体的になってきましたね!

次回で完成しそうかな?

| | コメント (0)

2014年8月20日 (水)

タミヤ+スタジオ27 ポルシェRSR934 Vaillant その2

忘れた頃のRSR934ヴァイラントでございます。

仕上げをどうするか悩んでいたので製作が中々進まなかったのですが、どうせなら新しい事を試してみようかと。

何をするかと言いますと通常艶有り塗装で仕上げるレーシングカーをつや消しで仕上げてみようかというわけです。

まぁやった事ないんで失敗するかもしれませんが、タミヤのキットも発売されましたし気楽にやる事にします。

140820_1

とりあえずタミヤのヴァイラント934用に発売されたスプレーのコバルトグリーンを瓶に移して、少し薄めてエアブラシで塗装しました。

次に退色表現としてクレオスのMr.カラーの20番を少し混ぜ、色を明るくして塗装…と行きたかったのですが、何故かタミヤのスプレー塗料と混ざらないんですよね。

粒子が分離しちゃうみたいな感じになってしまうのです。

うすめ液は問題なく使えますので塗料の顔料の問題かと思うのですが理由は不明です。

仕方ないのでガイアノーツの013番と018番を混ぜて近似色を作りそこへMr.20番を混色する事で快傑しました。

140820_2

塗装するとこんな感じ。

更にMr.20番を追加して明るくして塗装。

140820_3

我ながら思い切った事するなぁ…

この後はマスキングしてつや消しブラック部分の塗装に移ります。

| | コメント (0)

2014年8月11日 (月)

タミヤ 1/700 軽巡洋艦阿武隈 その1

ワンフェスが終わってから暑いやら風邪をひくやらで殆ど模型をいじっていない家主えりあんです、こんばんも~。

まだ風邪っぴきなんでしんどいですがちょっとだけ更新させていただきます。

140811_1

新作はタミヤWLの阿武隈です。

5500t級軽巡好きなんですよね~。

どこが?と言いますと弱っちい感じのする所が最高w

今回もお手軽ディティールアップ程度の製作なので、あまり期待せずに見てやってください。

資料も無いので参考になるのが箱絵なのですが、気になったのが後部左の上甲板と下甲板の間にある支柱です。

これが再現されていないようなので

140811_2

ちょちょいっとプラ材で工作しました。

載っけるとこんな感じ。

140811_3

まずますかな?

そして最大の苦行である手摺り製作です。

140811_4

子日は0.2mmの穴を開けたのですがドリル刃を折りすぎたので今回は0.3mmの真鍮線にしました。

イメージ的には少々太いですが背に腹は代えられません。

140811_5

子日と同時に作っておいたベースです。

これに載っけてみたのですが前後が反り返ってしまっていたので

140811_6

輪ゴムで押さえつけて暫く放置しました。

…が、上手くいかなかったので

140811_7

ネジで固定する事にしました。

140811_8

船体を接着して輪ゴムで固定。

140811_9

何とか上手く行きました。

このままだと塗装やパーツの接着でベースが汚れてしまうかもしれないので

140811_10

マスキングで覆いました。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »