« 2014新潟モデラーズ倶楽部展示会 | トップページ | バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その2 »

2014年10月 2日 (木)

バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その1

気が付けば10月という事で、やっぱり気がけば先月は殆ど模型を作っていないという事なんですが、今一つお手付きキットを進める気持ちも弱いので久しぶりにキャラクターモデルを作ろうかと思います。

ガンダムAで連載中の「ジョニーライデンの帰還」で、いよいよジョニーゲルググが登場し大活躍。
気分的にかなり盛り上がって来たのでこれを作ろうかというワケです。
ジョニーの搭乗機体は06R2とゲルググの二種類がありますが、実は家主はジョニーのMSってあんまり好みじゃなかったんですよね。
色からしてシャアの二番煎じみたいだし、良くわからないキャラだし、06Rは脚のメカがむき出しなのが格好いいのに脚カバーが付いちゃっているしであんまり良い印象がないんです。
でも漫画を読んでガッツリヤラレちゃったんですよね。
いやマジ格好いいわジョニーゲルググ。
そんなジョニーゲルググですが8年ぶりくらいにMGで作ろうかと思います。
ですがジョニーゲルググってMG初期に出た物しかなくて、Ver.2.0では発売されていないんです。
見た目はVer.2.0の方が太めで家主のゲルググのイメージに近いのでそちらベースで作りたいのですが売っていないなんて(´Д` )=3
ですが色々調べたところ最初のジョニーゲルググのバックパックがVer.2.0に合うという事なので二個一で仕上げる事にしました。
しかーーーーし!ジョニーゲルググが全然売ってない(ToT)
どうやら最近再生産をしていないらしくネットを見てもプレ値が付いていたりして買う気が起こりません。
ですがラッキーな事にAmazonで1個だけ普通に売っていたので即ゲットし、メインのシャアゲルググVer.2.0は馴染みの模型店にて購入しこれで準備万端となりました。
ざっと仮組みして見た所、プロポーションには特に不満は無かったのですが、細かい所が気になったので修正して行きます。
一番気になったのは指です。
141002_1
可動の兼ね合いもあってか、拳を握ると指の付け根部分と手の甲部分の間が開いてしまって気に入らないので
141002_2
エポパテを盛って
141002_3
成形しました。
これによって第一関節は可動しなくなりましたが、あれこれ武器を持ち替えて遊んだりする分けでは無いので良しとします。
それと手の内部に
141002_7
ネオジム磁石を仕込みました。
というのも、一応手の平とライフルのグリップには取り付け用のダボがあるのですが、イマイチ固定の具合が良くないんですよね。
なので
141002_4
ビームライフルのグリップも穴を開けてネオジム磁石を仕込んで
141002_5
エポパテで塞ぎます。
これで
141002_6
こんな事やっても外れなくなりました。
左手も同様にネオジム磁石を仕込みました。
シールドのグリップ部分は、アームがデザイン的に邪魔に感じたので切り取りました。
そしてグリップも
141002_8
こんな感じに改造してネオジム磁石を仕込みました。
141002_9
こちらは蓋をした所です。
141002_10
シールドに取り付けてみました。
アームが無くなったのでスッキリしました。
141002_11
手を入れて持たせてみました…が、なんと磁力が重量負けして上手くくっ付きませんでした。
まぁこちらは右手と違ってしっかりグリップ力があるので問題ないでしょう。

|

« 2014新潟モデラーズ倶楽部展示会 | トップページ | バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その2 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014新潟モデラーズ倶楽部展示会 | トップページ | バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その2 »