« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

お買い物通信

阪神見事に散ったぜ…orz

という事で凹んでいる家主えりあんです、こんばんも~。
ここ暫くは日本シリーズがあったりモンハン4Gをやらなくちゃいけなかったりして殆ど模型を触っていないのですが、お買い物だけはちょこちょこしてました。
141031_1
141031_2
141031_3
久しぶりにアニメ関係のプラモが多めです。
でも一番気になるのは一番下のアオシマの1/72陸上自衛隊の機動戦闘車。
プロトタイプとはいえ初のキットですし、ステアリングを切ると車体が傾くという面白いギミックがあるという事でかなり楽しみなのです。
でもその前にTVアニメも始まっちゃったし、シリーズ展開も早そうなので先にGセルフを組んでみました。
141031_4 
141031_6
1/144ですが思ったよりパーツが多くて時間が掛かりました。
基本的には良いキットだと思いますが、継ぎ目消しや塗装を考えると分割したりマスキングしたりしないといけなさそう。
あと個人的にですがバックパックのデザインが機体に比べて普通すぎてつまらないので何とかしたい所ですね。

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その4

ちょいと思ったんですが、今年我が阪神タイガースは、クライマックスシリーズでは4連勝、今日のドラフトでは3度目で選手を獲得、ペナントレースでは2位、こうなると日本シリーズは勝ってプロ野球の1位になる事が決まっていますよね?ね?ね?

そんな妄想して喜んでいる家主えりあんです、こんばんも~。
て事で今日もというか、今週もジョニーゲルググです。
P1140753
腰アーマーのインナーの取り付け穴はエポパテで埋めて
P1140754
整形しました。
P1140755
肩アーマーの整形が済んだので組み合わせてみました。
P1140756
搭乗ハッチの可動部分はどうしても隙間が開いてしまうのでエポパテで埋めてモールドを入れ直しました。
P1140757
頭部アンテナはシャープに。
そしていよいよ塗装です。
P1140769
今回サフは始めてオキサイドレッドを使ってみましたが、思ったより明るくて赤っぽい…
ここで暫くどうしたものか悩みましたが結局このままの下地で行くことにしました。
P1140770
通常は濃い目の色から塗装して行きますが、今回は基本色が明るくなってしまったのでマホガニーをエッジや継ぎ目部分に細吹き。
P1140772
広い面積の部分にキャラクターフレッシュ2を基本にMr.327を少し混ぜてピンクを作って塗装。
このままだとシャアゲルググみたいですが、この上にMr.327を少し薄めてコートすると
P1140773
あっという間にジョニーさんのゲルググ色になりました。

| | コメント (0)

2014年10月16日 (木)

バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その3

モンハン4Gが発売されたり、台風が来てやる気が起きなかったりと中々進みませんがちょっとだけジョニゲルの更新です。
腰アーマーは前垂れ左右と側面左右と後部の5パーツで、前垂れ部分と側面は別個に可動するんですが、この前垂れ部分の可動部分が好みじゃないのと、側面アーマーと別個に動くのが気に入らないので
141016_1
141016_2
前垂れと側面アーマーを接着して、前垂れの可動部分が入る開口部分をエポパテで埋めました。
141016_3
前垂れ内側の構造物の可動軸はもちろん切り落として整形しておきます。
お次は肩アーマーですが、トンガリ部分の先が丸まっているので
141016_4
先っちょに1mmの穴を開けプラ棒を差し込み
141016_5
周りにエポパテを盛り付けて硬化後削るとこんな感じになります。
先っちょがエポパテだと脆いですが今回はプラの軸が先端に出ているので滅多な事では欠けません。

| | コメント (0)

2014年10月 9日 (木)

バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その2

今週末も大型の台風が来るそうで、いや~んな気分な家主えりあんです、こんばんも~。
子供の頃から大きな台風が来る度にドラえもんで出てきたフー子が助けてくれると思っているのですが、恥ずかしがり屋なのかまだ一度も出てきてくれた事ないですよね。
そんな大荒れの天気の時は家にこもってプラモデルですよ。
という事でジョニーゲルググの続きです。
B型ゲルググの一番の特徴であるバックパックですが、MGのゲルググでは初期のジョニーゲルググでしかパーツが無いのでコレを使います。
141009_1
メインノズルの塗装の関係で最後にノズルのユニットを取り付けたいので、可動用の棒を切り落とします。
141009_2
メインノズルのユニットはバーニアの取り付け面にプラ板を貼って穴を塞ぎました。
で、本体を組み立ててエポパテを中に入れて
141009_3
ノズルユニットをギューッと押し込んで取り外して硬化させれば、位置決めをしなくても簡単に塗装後接着をする事ができます。
脇の蛇腹はそのままだと不自然な感じなので、外側の3枚の穴を少し大きめにして取り付けると
141009_4
上画像左側のようにしっくりくるようにになりました。
141009_5
脚のふくらはぎ裏のバーニア基部は肉抜き穴が空いているので、プラパイプやプラ棒で埋め込み
141009_6
ジャンクパーツをその上に接着してデッチアップしました。
141009_7
装着するとあまり見えませんがやはり気になりますからね~。

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

バンダイ 1/100 MG ジョニーライデン専用ゲルググ その1

気が付けば10月という事で、やっぱり気がけば先月は殆ど模型を作っていないという事なんですが、今一つお手付きキットを進める気持ちも弱いので久しぶりにキャラクターモデルを作ろうかと思います。

ガンダムAで連載中の「ジョニーライデンの帰還」で、いよいよジョニーゲルググが登場し大活躍。
気分的にかなり盛り上がって来たのでこれを作ろうかというワケです。
ジョニーの搭乗機体は06R2とゲルググの二種類がありますが、実は家主はジョニーのMSってあんまり好みじゃなかったんですよね。
色からしてシャアの二番煎じみたいだし、良くわからないキャラだし、06Rは脚のメカがむき出しなのが格好いいのに脚カバーが付いちゃっているしであんまり良い印象がないんです。
でも漫画を読んでガッツリヤラレちゃったんですよね。
いやマジ格好いいわジョニーゲルググ。
そんなジョニーゲルググですが8年ぶりくらいにMGで作ろうかと思います。
ですがジョニーゲルググってMG初期に出た物しかなくて、Ver.2.0では発売されていないんです。
見た目はVer.2.0の方が太めで家主のゲルググのイメージに近いのでそちらベースで作りたいのですが売っていないなんて(´Д` )=3
ですが色々調べたところ最初のジョニーゲルググのバックパックがVer.2.0に合うという事なので二個一で仕上げる事にしました。
しかーーーーし!ジョニーゲルググが全然売ってない(ToT)
どうやら最近再生産をしていないらしくネットを見てもプレ値が付いていたりして買う気が起こりません。
ですがラッキーな事にAmazonで1個だけ普通に売っていたので即ゲットし、メインのシャアゲルググVer.2.0は馴染みの模型店にて購入しこれで準備万端となりました。
ざっと仮組みして見た所、プロポーションには特に不満は無かったのですが、細かい所が気になったので修正して行きます。
一番気になったのは指です。
141002_1
可動の兼ね合いもあってか、拳を握ると指の付け根部分と手の甲部分の間が開いてしまって気に入らないので
141002_2
エポパテを盛って
141002_3
成形しました。
これによって第一関節は可動しなくなりましたが、あれこれ武器を持ち替えて遊んだりする分けでは無いので良しとします。
それと手の内部に
141002_7
ネオジム磁石を仕込みました。
というのも、一応手の平とライフルのグリップには取り付け用のダボがあるのですが、イマイチ固定の具合が良くないんですよね。
なので
141002_4
ビームライフルのグリップも穴を開けてネオジム磁石を仕込んで
141002_5
エポパテで塞ぎます。
これで
141002_6
こんな事やっても外れなくなりました。
左手も同様にネオジム磁石を仕込みました。
シールドのグリップ部分は、アームがデザイン的に邪魔に感じたので切り取りました。
そしてグリップも
141002_8
こんな感じに改造してネオジム磁石を仕込みました。
141002_9
こちらは蓋をした所です。
141002_10
シールドに取り付けてみました。
アームが無くなったのでスッキリしました。
141002_11
手を入れて持たせてみました…が、なんと磁力が重量負けして上手くくっ付きませんでした。
まぁこちらは右手と違ってしっかりグリップ力があるので問題ないでしょう。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »