« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月29日 (日)

バンダイ 1/48 AT-ST 帝国の逆襲版 その3

花粉症で今日も鼻水ドバーの家主えりあんです、こんにちも~。

今日はコクピット前部分の改修です。
150329_1
画像の赤線より前部分が長いと感じたので
150329_2
大胆にピラニアノコで切り落としました。
切った前部分は再利用するので捨てないでとっておきます。
150329_3
まずは裏側の邪魔なモールド等を切り落としてペーパーで平らにします。
150329_4
機銃の出る開口部はEP.Ⅵ版より広いので削っておきました。
150329_5
側面の角度と合った位置で接着します。
上部に隙間が空きますが、そこはプラ板で埋めてしまいます。
前面装甲はプラ板を切り出して接着。
150329_6
さらに
150329_7
赤線より下部分が長いのと角度が違うので
150329_8
ここも切り落とします。
するとこの部分のアーマーも
150329_9
当然小型化。
150329_10
とりあえず取り付けてみましたがもう少し小さくてもいいかな?

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

バンダイ 1/48 AT-ST 帝国の逆襲版 その2

今日は側面の装甲部分の形状変更を行います。

150325_1
このパーツなんですが、本体の上部を低くしたのでもちろんこのままでは合いません。
なので
150325_2
このラインから
150325_3
切り取って、更に前部分の角度も変更しないといけないので
150325_4
このように切り取ってヤスリ掛けしておきました。
それと本体とのハメ込み部分の丸モールドは必要ないので
150325_5
ちょちょいっと切り落としておきます。
そして上面部分は本体の曲面と合わせないといけませんので
150325_6
裏からプラ板を貼り付けて
150325_7
後ろに向かってRが付くようにヤスリ掛けしました。

| | コメント (0)

2015年3月24日 (火)

バンダイ 1/48 AT-ST 帝国の逆襲版 その1

今年初めて買ったプラモがAT-STだったのですが、今年2個目もAT-STだった家主えりあんです、こんばんも~。

そうです、スター・ウォーズ好きなら察しが付いたと思いますが、今度はEpisode.Ⅴ 帝国の逆襲版のAT-STを作ろうと思います。
この帝国の逆襲版AT-STは映画では2カットしか登場せず、当時の写真なども殆ど存在しないらしく資料探しも大変なのですが、今のご時世やはりネットで検索してみたら少ないながらも参考になりそうな画像をいくつか発見できました。
これまでEP.ⅤとⅥのAT-STはかなり違いがあるんじゃないかと思っていたのですが、資料とバンダイのキットを比べてみると基本的には同じで、大まかな違いは砲塔のサイズが違うという事と脚の長さが部分的に異なるという事くらいのようです。
これなら思ったより大改造しなくても済むかもしれません。
ではまずは砲塔の形状変更から。
見た所天井部分が低くなっているようなので
150324_1
カットしやすいように側面をポリパテで埋めて平面を出し、プラ板でカットする部分の形を作りパーツにあててケガきラインを入れてからノコギリで切り取りました。
これに伴い後部のパーツもサイズ変更せねばいけないのですが、下部分のモールドはF1のギアボックスの流用パーツのようで、ここを短縮するという事は考えにくいので
150324_2
矢印部分から下を8mmほどカットしました。
上面パーツは接着する際突起部分が邪魔になるので
150324_3
ざっくり切り落としておきます。
また若干Rが付いているので指で軽く曲げておきました。
150324_4
上面に0.5mmプラ板を貼り付け。
150324_5
キューポラ部分がぶつかりそうな感じがしたので天板に穴を開けて
150324_6
上部パーツを接着。
上部パーツの前部分に隙間が出来てしまったので少し延長しておきました。

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

バンダイ 1/48 AT-ST その5

完成と見せかけてベースを作ってました~♪

150322_1
150322_2
150322_3
150322_4
150322_5
150322_6
150322_7
100均のリーフ何かを使ってお手軽に仕上げました。
そして
150322_8
おや?これは???

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

バンダイ 1/48 AT-ST その4

バンダイ 1/48 AT-ST 完成しました~♪

150317_1
150317_2
150317_3
150317_4
150317_8
150317_9
150317_10
このキットは特に大きな改修ポイントも無いですし、簡単に完成させられて息抜きにピッタリですねぇ。
昔のMPCのキットを作った身としては本当に何にもしなくていいの?って感じです。
この勢いでメカ物もドシドシ発売して貰いたいです。
あ、でもスターデストロイヤーは最低でも50cm以上でお願いします~。

| | コメント (0)

2015年3月16日 (月)

バンダイ 1/48 AT-ST その3

昨日今日と比較的暖かかったのでAT-STを塗装しました。
その前にちょっとだけ追加工作です。
150316_1
そのままだと綺麗すぎるのでリューターを軽くあててダメージ表現をしました。
150316_2
グレネード発射機をピンバイスで深くし、連装ブラスターの発射口は同様に広げました。
これで工作は終わりなので、いつものようにクレオスのマホガニーサフを吹きかけてから塗装に入ります。
今回はタイヤブラックから明灰白色まで5段階のグラデーションを付けて塗装しました。
150316_3
今後のウォッシングを考えて少し明るめにしておきました。
ウォッシングはあまり派手な色を付けたくなかったのでMr.ウェザリングカラーのグランドブラウンを使用。
150316_4
これで一段階トーンが下がって落ち着いた感じに。
この後油彩のオレンジとブラウンで汚しを入れて
150316_5
いい雰囲気になりました。
150316_6
150316_7
この後ドライブラシでハイライト入れしてとりあえず完成かな?

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

EBBRO 1/24 ルノー4L その10

すっかり冬に逆戻りの新潟からお送りする家主えりあんです、こんばんも~♪

今日も小物をチマチマ作って行きますよ~!
まずは置き位置の決まったネコ氏に服を着せねばならないので、邪魔な腕は一旦切り離して胴体部分から始めました。
150312_1
エポパテが硬化する間に
150312_2
家の雨樋をプラパイプの組み合わせで製作しました。
150312_3
家に取り付けるとこんな感じ。
一気にリアルになりますね~。
小物をもう一つ。
150312_4
木材で梯子を作りました。
150312_5
それとドアノブを忘れていたのでアクセサリーの一部を切り取ってそれらしくして差し込みました。
150312_6
一通り配置するとこうなります。

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

EBBRO 1/24 ルノー4L その9

今日は全国的に荒れ模様ですがこんな時こそ模型製作ですよね~。

ルノー4Lのディオラマの方は中々アイデアがまとまらずに四苦八苦していますが、まずは建物を完成させようという事で屋根の製作に入ります。
まずはプラ板をひたすら小さく切って
150310_1
この後角を落とします。
ちなみに100個以上作りました。
これを屋根の形に切ったスチレンボードに
150310_2
こんな感じで貼り付けていきます。
150310_3
貼り終わったら濃い目のプラパテを筆で叩きつけるようにして塗りつけて完了です。
150310_4
ベースとの接合には先を尖らせた真鍮線で行う予定ですが、スチレンボードの接着に瞬着やGクリアーを使うとスチロール部分が溶けてしまうので
150310_5
真鍮線を差し込む部分をえぐってエポパテを盛り、そこに真鍮線を入れました。
エポパテが硬化してからピンバイスで穴を開けて差し込んでもいいのですが、柔らかい状態でやった方が角度修正がやりやすいのでそちらの方がオススメです。
ちなみに真鍮線の長さを全て同じにするとベースとの位置決めをする時に失敗しがちなので、端っこの二ヶ所のみ少し長めにしています。
こうすれば端で位置決めしてから全体を固定させる事ができます。
150310_6
看板の支柱はプラ棒の組み合わせ。
150310_7
こんな感じに取り付けます。
150310_8
建物脇の柵は木材で製作。
150310_9
主役のネコ氏はここに置くために右腕の角度を調整しました。
ここでディオラマの全体像についてですが、前回まで建物は左側に置いていたのですが、建物の再現が左側だけなのでその位置だと建物の続きのある背景の右部分がガラ空きになってしまって不自然なので右に持っていきました。
150310_10
で、4Lをこう置いたのですが、これだとネコ氏が車両に隠れて見えにくいので
150310_11
反対向きに置く事にしました。
折角ドアを開けたのに見えにくくなりますが、ネコ氏の方にドアが開いた方が自然なので良しとしましょう。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

バンダイ 1/48 AT-ST その2

バンダイのAT-STですが、最近塗装していなかったので今回はとりあえずこのまま完成させることにしました。

実に出来の良いキットですが一つだけ不満点があります。
P1160109
実は殆ど脚が可動しないのです。
これはトップヘビィな為、脚に負担が掛かるからだと思われますが、ちょっとした改造でフル可動にする事が可能です。
P1160111
P1160135
P1160134
画像の矢印の部分を削るだけで
P1160136
P1160138
この通り~♪
実際はもっと可動範囲は広いです。
P1160139
P1160140
これで展示する時に色んなポーズが付けられますね!
P1160141
帝国の逆襲版だとこんなポーズかな?

| | コメント (2)

2015年3月 2日 (月)

バンダイ 1/48 AT-ST その1

ついに発売されてしまいました!

そうです、バンダイのAT-STがっ!!
150302_1
実はスター・ウォーズに出てくるメカで一番好きなのがこのAT-STでして、自身初のフルスクラッチもこのAT-STでした。
ちなみに製作したのは帝国の逆襲版の方です。
150302_2
150302_3
まずはサクっと組立ててみました。
このキット不思議なことに脚の関節の鳥でいう踵の関節が殆ど動かないのでポーズを変更させるのは至難の業なんですよね。
もっともちょっとした改造で動かすようには可能なので、その辺は作る方の力量に任せた設計なのかもしれません。
で、このキット非常に出来が良くてそのまま塗装してもいいのですが、やはり帝国の逆襲版が気になって仕方がないのです。
という事で資料を探してみたのですが
150302_4
150302_5
映画に登場するのはこの2カットのみ。
後は唯一公式の資料らしい
150302_6
この画像のみ。
頭部がジェダイ版より小型で上面に緩やかなカーブがあるのが特徴です。
それとスラリとしたイメージがあったのですが
150302_9
それは脚のこの赤色部分が少し長めだからのようですね。
ここでもう一つ資料を発見しました。
150302_7
150302_8
ホビージャパンの1981年10月号です。
特集のスクラッチビルド入門でAT-STが取り上げられていました。
が、今見ると致命的に似ていませんねぇ。
先のフルスクラッチしたAT-STはこれを見ながら製作したんだよなぁ。
さてどうしよう…もう一つ買って帝国の逆襲版とジェダイの帰還版を並べるのもいいですよね。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »