« ユニオン 1/25 フォルクスワーゲン その8 | トップページ | GILLGILL ラギアクルス その1 »

2016年4月15日 (金)

ユニオン 1/25 フォルクスワーゲン その9

昨夜は東港付近でアジが釣れているという話だったので今シーズン初の夜釣りへ行ってきました。

0_1
0_2
狙っていた尺サイズとは行きませんでしたが、最大24cmとまずまずの物を含め計21匹の釣果でした。
サゴシも釣れているようですがアジの方が美味しいですからねw
ビートルのボンネットですがやはり開閉機構を入れねばなりません。
可動パーツはあんまり得意ではないのですが見よう見まねで工作します。
アルミパイプを叩いて曲げて
160415_1
こんな感じのを2個製作。
160415_2
ボディ裏にピンバイスで穴を開けたL字のプラ棒を接着。
160415_3
先ほどのヒンジを真鍮線で通します。
160415_4
コの字プラ棒とプラ板でロの字型のパーツを製作。
これをヒンジに差し込んでからボンネット裏へ接着します。
160415_5
これで
160415_6
パッカ~ンが出来るようになりました。
お次はリアランプの製作です。
160415_7
デバイダーで左右のリアランプの取り付け位置を出したらピンバイスで穴開けをします。
160415_8
ここへ4mmプラパイプを接着し
160415_9
先っぽに市販のプラパーツをくっつければ完了。
塗装後クリアーパーツを接着する予定です。

|

« ユニオン 1/25 フォルクスワーゲン その8 | トップページ | GILLGILL ラギアクルス その1 »

模型」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜
可動パーツが得意じゃないって・・・
さらっ、と工作されてしまうえりあんさんに脱帽!
なるほど〜、こうやるのかぁφ(・。・)メモメモ

投稿: dotage-dog | 2016年4月17日 (日) 16時26分

>dotage-dogさん

お久しぶりです。
この手の可動は昔から苦手なので今回はリアルな可動というよりなるべく壊れにくくて頑丈なやり方でやってみました。
もちろん後付けも出来るように取り外し可能というのもポイントですね。

ネットでカーモデルのドアやボンネットのヒンジのやり方はリアルじゃなくても面白い物が多いので調べてみると結構参考になります~。

投稿: 家主えりあん | 2016年4月17日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユニオン 1/25 フォルクスワーゲン その8 | トップページ | GILLGILL ラギアクルス その1 »