« 第13回 柏崎模型展 | トップページ | バンダイ 1/144 ミレニアム・ファルコン »

2016年7月14日 (木)

ファインモールド 1/48 サボイアS.21

最近中々更新ができていなかったのですが、それというのも複数のプラモを同時進行で作っていまして、机がプラモで溢れかえってしまってPCが出せなかったのです。

週末の土曜は新潟エアクラフトモデラーズ、日曜はNIPCOMと連続で新潟の展示会がありまして、それに向けて製作していたのですが何とか完成に持っていけました。
最初はファインモールド1/48サボイアS.21です。
160714_0
基本的にストレート組みなのですが排気管の開口だけはしておきました。
かなりギリギリの穴を開けたのですっかりスリットも開口させる事ができました。
160714_2
機体製作のポイントとして尾翼の部分ですが水平尾翼の支柱は尾翼部分のみ接着して胴体部分は位置決めで留めておくと、取り外しが出来るようになるので後々塗装する時が楽になります。
160714_1
木目部分の塗装は白(今回はMr.316ホワイト)を塗装した後、エナメル塗料のブラックやブラウン系を点々と塗料を置いてエナメルシンナーを軽く染み込ませた綿棒で若干残るように伸ばします。
ちなみに色は3色以上使った方が自然に見えます。
エナメル塗料が乾燥したらラッカー系のクリアーイエローとクリアーオレンジを3:1くらいの割合で混色してエアーブラシでコーティングすればOKです。
通常エナメル塗料の上にラッカー系を上塗りするのはNGなんですが、このくらいなら問題なく塗装できます。
160714_6
内部もしっかり塗装して組み込みましたが、ハッチは固定しちゃうんで完成するとコクピット以外見えないんですよ…
160714_7
各パーツ塗装完了~
160714_8
160714_9
ちょっと分り難いですが機体色のモンザレッドを塗装する前にマルーンをパネルラインに吹いておきました。
最後は機体の艶出しにグッスマのスーパークリアー100%のツヤを使ったのですが、若干専用シンナーを入れた方が吹きやすいかもです。
これで完成としても良かったのですがあまりに芸が無いのでベースを作る事にしました。
160714_10
百均で買ってきたガラスの皿に木工用ボンドを塗ってジオラマにいつも使っている天然砂をふりかけて接着。
乾燥後海草や小石を追加で接着します。
160714_11
タミヤの透明エポキシにエナメルのクリアーブルーを少量だけ入れて色を着けた物を3mmほど入れます。
160714_12
硬化したらサボイアを置いてもう少し薄めにした透明エポキシを2mmほど入れ
160714_13
160714_14
最後に無塗装のエポキシを皿の縁ギリギリまで入れて硬化すれば完成です。
160714_15
160714_16
久しぶりにファインモールドのキットを作りましたがパーツの合いも良くストレス無く作る事ができました。
そう言えば飛行機を完成させるのも久しぶりですね~。

|

« 第13回 柏崎模型展 | トップページ | バンダイ 1/144 ミレニアム・ファルコン »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第13回 柏崎模型展 | トップページ | バンダイ 1/144 ミレニアム・ファルコン »