« ガルウイング その4 | トップページ | ガルウイング その6 »

2016年12月10日 (土)

ガルウイング その5

いよいよ新潟市内もチラホラと雪の姿が見え始めましたが皆様の地域はいかがでしょうか?

海も冬の日本海らしく毎日荒れ模様で釣りへ行けないので、こんな時は家へこもってプラモ作りです。
300SLは流石タミヤの新し目のキットという事もあり殆ど手を入れる所は無いのですが、ドアの内張りのリベットだけは極細のインセクトピンに置き換えました。
161210_1
そして各パーツにサフをシュ~♪
161210_2
ボディもサフったのですがどうせなら人と違う事をしようという事で
161210_3
161210_4
161210_5
前後のバンパーとサイドモールの取り付け穴を埋めてしまいました。
これで少し雰囲気の違う300SLになるかな?
ここでベースの仕上げに掛かろうと思ったのですがアクシデントが(^^;)
161210_6
細部の塗装のさいに灯台をちょっとぶつけて細い支柱部分がポッキリと折れてしまいました。
普通に接着しただけでは強度に不安があったので、0.8mmの真鍮線を2本仕込んで補強して再接着しておく事に。
161210_7
レンガの海中部分と少し上になる部分にはコケが付着していると想像できるのでグリーン系を薄く塗装しました。
161210_8
船に繋ぐロープは100均のタコ糸を染めた物。
161210_9
レンガの道路部分の隙間に雑草(100均のリーフ)を植え込み
161210_10
短調にならないように部分的に何種類かの雑草(ドライフラワー)を植えつけました。
161210_11
レンガの壁部分も雑草を植えましたが、こういう所は地面と別の雑草が生えてそうなので違う草を植えました。
161210_12
海の中には魚やカニ、海藻を設置しました
魚とカニはエポパテ製、海藻はドライフラワーやライケンです。
161210_13
そしてエナメル塗料のクリアーブルーとクリアーグリーンを少量加えたタミヤの透明エポキシを注入してここは完成です。
ちなみに二度に分けて注入していますが、二度目のエポキシには色を付けずにそのまま入れてあります。
それと多少泡が出来てしまいますが、半日くらいして少し固まったくらいの時に爪楊枝で突っついて消すとある程度泡を抑える事ができます。
161210_14
ベースの主だった所が完成したので仮にハドソンホーネットを置いてバランスをチェック。
う~ん、灯台の右側に何か欲しいですかねぇ?

|

« ガルウイング その4 | トップページ | ガルウイング その6 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガルウイング その4 | トップページ | ガルウイング その6 »