« 2017年3月 | トップページ

2017年4月20日 (木)

アオシマ 1/12 ナイトトレイン その2

いきなりですが完成です(^_^;)

170420_1
170420_2
170420_4
170420_3
170420_5
普通に塗装して組み立てただけなのであっという間の完成となりました。
このキットは旧今井科学のハーレーがベースの古いキットかと思いますが、思ったより作りやすい好キットですね。
これ作っていたら通常のハーレーも作りたくなってきましたよ。
最も版権の問題で難しいかとは思いますがハーレーの再販をして貰いたいものですね。

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

アオシマ 1/12 ナイトトレイン その1

依頼品の1/350艦船連続3隻の製作も終了し今度は1/12のバイクです。

170408_1
と言ってもこちらも依頼品。
ストレート組みでいいという事なのですが、少し気になった部分だけいじります。
まずはメッキパーツは塗装に変更するので、百均で買った塩素系漂白剤を3倍ほど薄めた物と一緒に瓶に入れてシャカシャカして10分ほど放置。
170408_2
すると
170408_3
このように見事にメッキが剥がれます。
メッキパーツのパーティングラインとか気になって塗装し直したい人はこれをやると簡単に落とせるので便利です。
キットで一番気になるのがマフラーとフレーム下部に付くタンク(?)の肉抜き穴です。
170408_4
ここはエポパテにて埋めてしまいます。
マフラーの先端パーツは接着すると段差が出来てみっともない事になるので、接着して一緒にエポパテで滑らかに繋がるように修正しました。
バイクは折れそうなパーツが多いので気を付けないといけないので一部金属パーツに置き換えます。
170408_5
今回はサイドミラーのステーを真鍮線に変更しました。
単純な形状でハンダ付けもいらなかったので楽チンです~。
一番重量のかかるサイドスタンドですが、今回は保持出来そうなくらい頑丈そうだったのでそのままとしました。
燃料タンクの上にメーターのユニットを接着するのですが
170408_6
隙間がかなりあったので削って合いを良くしておきました。
前後のウインカーも接着後折れそうなパーツリスト(自分調べ)にあるので接着部分の穴を伸ばしランナーで埋めてから真鍮線を入れて接着しときました。
170408_7
接着部分の穴を伸ばしランナーで埋めてから真鍮線を入れて接着しときました。
仮組みして気がつきましたがシート下のタンクはフレームに左右から接着となっていたので
170408_8
塗装の兼ね合いを考えて後付けにするために一旦接着してから切り離して
170408_9
真鍮線で取り付け出来るように加工しました。
各所あるパイピングの基部も折れそうなリストにあるので
170408_10
全て真鍮線に変更しました。
そしてここで組み付けの難題が発覚。
マフラーとエンジンの接着部分が全然合わないのです。
取り付け部分は二ヶ所あるのですが、フレームとマフラーを接着する基部を調整しても後ろ側しか合いません。
170408_11
という事でギリギリのラインまで調整したら前部分のみエポパテを使って上手く落とし込みました。
他は押し出しピンの跡消しとかやって一通りパーツチェックが終わったので
170408_12
サフをシュ~。
この後は傷消しでーす。
そしてここの所自分のプラモを作っていなかったので気分転換に
170408_13
バンダイのAT-ATを素組みしてました。
基になったタミヤのsd.kfz222とか地獄の四連装とかエアフィックスのハリアーのエンジンとかよく分かって凄いんだけど、当時から今までMPCのキットで育ったオッサンにはこんなにハイディティールでしたっけ?みたいな感じです。
一応形になってますが、月末発売予定のAT-STとスノースピーダーのセットを使ってジオラマを作りたいので暫く塩漬けにしておきます。

| | コメント (2)

« 2017年3月 | トップページ