« パンダの八百屋さん その3 | トップページ | パンダの八百屋さん その5 »

2018年4月 2日 (月)

パンダの八百屋さん その4

木の設置は接着だけだと重みで簡単にとれてしまいそうだったので、ベースの裏からネジでの固定を併用してガッチリ止めました。

180401_1
ただ手持ちのネジがちょっと長かったのでスチレンボードを3枚かませておきました。
次はベースの塗装です。
単色だと面白みがないのでライトグレー系とレンガ色の二色に。
180401_2
土台に置いてクレオスのMr.ウェザリングカラーを調色して軽く汚して調子を見ます。
180401_3
悪くないんですが車両を置いてみたら
180401_4
レンガ色とトラクターの赤色がもろに被ってしまって大失敗。
という事で、レンガ色の上にMr.カラーのキャラクターフレッシュの1と2を少し斑になるように塗装して明度を上げました。
180401_5
これなら問題ないですね。
今度は木の根っこを作ります。
エポパテを盛りつけてスパチュラでディティールを入れます。
180401_6
そしてドライフラワーを枝に見えるように移植。
180401_7
そのまま接着するだけだと枝の太さが不自然なのでエポパテで調整してあります。
エポパテが固まったらプライマーを塗って、乾燥後油彩で塗装して一体化させました。
180401_8
コーナーをプラ棒で作ってから内側にリキテックスのマットジェルメディウムを薄く塗って、その上からサンドマチエール(画材店で買える天然砂)を振りかけ、木工用ボンドを水で薄く溶いた物を更にバシャバシャと振りかけ、その上にまたまたサンドマチエールを軽く振りかけておきました。
180401_9
この時マスキングテープで覆っていたサイド部分を乾燥前に一旦剥がしておきます。
180401_10
そうしないと木工用ボンドでくっ付いてしまって剥がしにくくなってしまうので注意しないといけませんね。

|

« パンダの八百屋さん その3 | トップページ | パンダの八百屋さん その5 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダの八百屋さん その3 | トップページ | パンダの八百屋さん その5 »