« パンダの八百屋さん その4 | トップページ | パンダの八百屋さん その6 »

2018年4月 8日 (日)

パンダの八百屋さん その5

気が付けば静岡ホビーショーまで一ヶ月ほどという事でそろそろスパートしないといけませんね。

まずは小物から。
舞台が公園という設定なのでベンチを作ろうかと思います。
これがあれば公園に見えますからね。
タミヤの2mmの透明ソフト丸棒を曲げてサイド部分を、横の棒を普通の2mmのプラ棒で製作します。
接着だけだと強度が出ないので0.5mmの真鍮線で補強してあります。
180408_1
脚の部分も2mmのプラ棒で。
先っぽの滑り止め部分はエポパテを盛って作ります。
180408_2
硬化待ちの間にもう少しベースの方を進めますよん。
レンガ部分は単色だと面白みが無いので、薄めた油彩を5色ほど作りランダムにレンガにフィルターを掛けます。
180408_3
いい感じ~♪
ここで土台に接着するのですが、ベースが少し反り返ってしまっていたので、接着後いつも複製作業で使っている太目の輪ゴムで暫くクランプしておきました。
180408_4
ほんでもって落ち葉やら草を追加。
180408_5
そして木板を貼ったベンチを仮設置。
180408_6
うむ。
ほんでもって色塗って~
真鍮線を差し込んでベンチは一旦終了。
180408_7
でももう少し使い込んだ感じにしたいので、もう少し汚す予定です。
お次はトレーラーの製作です。
マホガニーサフを塗装後ガイアのウォームホワイトを軽く吹き付けブルー二色に塗り分けました。
180408_8
この後使い古しの神ヤスで凸部分を軽くヤスって下地のマホガニー部分を露出させ古びた感じにします。
マーキングは百均で見つけたデザイン系のインレタを使ってみました。
180408_9
看板部分も同じくインレタ。
色んなのがあってどう貼るか考えるのも面白いです。
180408_10
で、現状はこんな感じであります。
180408_11
ここまでくれば間に合いそうな気もするけどまだ先は長いんだよなぁ。

|

« パンダの八百屋さん その4 | トップページ | パンダの八百屋さん その6 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダの八百屋さん その4 | トップページ | パンダの八百屋さん その6 »