« 第57回静岡ホビーショーその5 | トップページ | GARAGE 3 その4 »

2018年5月29日 (火)

第57回静岡ホビーショーその6

さて今回でホビーショーレポートも最後です。

ラストはキャラものメインでいきますよ~!
180529_1
ビルバインカラーのヴェルヴィン。
この色になるとつくづくビルバインなんだな~と思ったりします。
180529_2
毎年恒例のコスプレベアッガイ(笑)
ネタが尽きるまでやってほしい…尽きないと思うけど。
180529_3
水没ジオラマでおなじみのMASAKIさんのザクのジオラマ。
よく見ると水中の砂の舞い上がっていたりと流石芸細です。
180529_4
多分グラブロ。
グラブロだよね?
格好いいからOK。
180529_5
ジョニーライデンの帰還からのMS達。
やっぱり並ぶといいなぁ。
ヒゲのおっさんのゲルググも欲しいですね。
180529_6
こちらはアルペジオのタカオの可愛い作品。
机の上に飾っておきたいなぁ。
180529_7
独特の塗装で魅せてくれたエイトール。
MHは通り一辺倒のピカピカ仕上げもいいけど、こういう変わった塗装もいいよね。
180529_8
BGMでドッグファイトが聞こえてきそうなVF-1J。
180529_9
ちびっこを乗せたサボイア。
ホンワカしていいなぁ。
180529_10
この筋肉モリモリなのはアニゴジですかな?
大きくて迫力がありました。
180529_11
ゴジラとくればキングギドラ。
怪光線が光りピロピロ音が聞こえてきそう。
180529_12
サンダーバード1号&2号。
TB-2が巻き起こす噴煙がTVでの活躍を思い起こさせてくれます。
180529_13
私が大好きなランドマスター。
いつかスクラッチしたいのよ。
タイヤさえ何とかなれば作れそうな気はするよね。
180529_14
見よ!この迫力!!
映画で観た破壊されるジェダから脱出するUウィングはその場面の緊迫感が蘇ります。
180529_15
テングモデラーズのブースは流石プロノライターさん達だけあってどれも見事なのですが、ネタ的に最高だったのがこの作品。
伊藤潤二ファンならギョっとするはずw
180529_16
個人的に見たかったのがこのmamoさんのしんかい6500加藤単駆郎バージョン。
ほんとこの格好良さは見ていただければ分かる通り。
ハセガワからキット化しないかなぁ。
180529_17
レトロ感溢れつつもオリジナル感もしっかりあるティラノサウルス。
塗装も渋くて素敵~。
180529_18
ラストはパイレーツ・オブ・カリビアンのバルボッサなんですが、なんとタミヤのエナメル塗料で塗装したとの事。
実際は画像よりもっと鮮やかな感じで、一見シタデルで塗装したかのように見えるのですが…いやホント凄いわ。
以上静岡ホビーショーレポートでした。
毎年思うけど皆凄いわ。
素晴らしい作品を眺めてやる気も起こるけどちょっと凹むのも合同作品展なのでした。

|

« 第57回静岡ホビーショーその5 | トップページ | GARAGE 3 その4 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第57回静岡ホビーショーその5 | トップページ | GARAGE 3 その4 »