« 第15回 柏崎模型展 | トップページ | 2018 NIPCOM第11回プラモデル展示会 »

2018年7月15日 (日)

タミヤ1/24改造 ミニクーパー・レーシング・カスタム その1

本日は先週の柏崎模型展に引き続きNIPCOMの展示会がりゅ~とぴあで行われます。

もちろん家主も参加しますのでよろしくです。
さてエスプリの製作をしているのですが、塗装の乾燥待ちにもう一つ作り始めました。
飽きもせずタミヤのミニ・クーパーでございます。
今回使用するのはミニ・レーシング。
これを少しカスタム化して作ろうというワケです。
一番やってみたかったのはタイヤのワイド化です。
しかしタミヤのミニは初期の10インチタイヤで、これに合うタイヤって全然見つからないんですよね。
数年間悩んだあげくアオシマのザ★チューンドパーツの14インチの浅リムの物が使えそうな感じなので買ってきました。
これちょっと驚いたのですが、ゴムパーツをホイールに被せると
180715_1
タイヤの部分が狭くてホィールがはみ出てしまうんですがこういうもんなのか?
どちらにせよこのままではミニには使えない。
ん~もしかして…フロントのホィールにリアのタイヤをはめ込むと
180715_2
おっ!ピッタリじゃないですか!!
これはイケそうな気がするぞ。
180715_3
ちょっとデカいけどホィールアーチを削ればなんとかなりそうな予感。
180715_4
とりあえずエポパテを盛ります。
硬化待ちの間に
180715_5
車内のロールゲージをキットの物を基本に、1.6mmのプラ棒を追加して作りました。
180715_6
試行錯誤の末オーバーフェンダーの基本が完成。
フェンダー端には0.25×0.5mmのプラ棒でモールを付けました。
180715_7
そしてドア内側とボンネットの裏のモールドを消しました。
ボンネット裏は後でディティールを入れます。
それと屋根裏は巨大な突き出しピンの跡が4か所あるのでタミヤの瞬着イージーサンディングを使って消しました。
お次はエンジンのパワーアップです。
前回のミニ・レッカー車ではミニのエンジン2つを使ってV8エンジンにしましたが、同じことをしてもつまらないので
180715_8
コレを用意。
ミニ1275Sのエンジン性能が75ps/5800rpm・11.1kg/3000rpm。
GPZ900Rが108ps/9500rpm・8.5kg/6500rpm。
馬力があるけどトルクはちょっと低いのね。
そして回転数もかなり高め。
でも面白いから載せ替えてしまいましょうw
180715_9
エンジンブロックだけ取り出して比べてみるとそんなに大きさは変わらない感じ。
とりあえず切った貼ったして
180715_10
何とか収まりました。
配管やら補器類はちょっと考えないといけませんね。

|

« 第15回 柏崎模型展 | トップページ | 2018 NIPCOM第11回プラモデル展示会 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第15回 柏崎模型展 | トップページ | 2018 NIPCOM第11回プラモデル展示会 »