« タミヤ 1/35 M3スチュアート後期型 その3 | トップページ | フジミ 1/24 ロータス・エスプリ その3 »

2018年8月 5日 (日)

フジミ 1/24 ロータス・エスプリ その2

気が付けば前回のエスプリの記事から一ヶ月も過ぎてしまいました。

工作はちょいちょいやっていたんですが、どうにも上手くいかなくて何度かやり直していたんですよ。
ここを…
180805_2
シートのチェック柄です。
チェック柄なんてやった事無いから試行錯誤で全然満足はしていないけど、もうこれ以上は無理っぽいのでこれでストップしました。
180805_1
シャーシを塗装して足回りを組んで
180805_3
バスタブ入れて内装は完成。
本当は007仕様のエスプリはドアの内張にもチェック柄があるのですが、イマイチどの範囲までなのか分からなかったので今回はオミットしました。
そしてデカール貼り。
007仕様はフロントのロータスのエンブレムが無いので注意しましょう。
ちなみにサブマリンモードの時は魚雷の発射管ギミックの関係でノーズのespritのマークの位置はかなり先端の位置になります。
180805_5
クリアー吹いて神ヤス#8000まで研ぎ出したんですが、キッチリ面が出ていない感じがするので耐水ペーパー#1500→#2000→Mr.ラプロス#2400→#4000→#6000→#8000の順で研ぎ出ししました。
今回クリアーは缶のスーパークリアーを三回吹いただけだったのですが、吹き直ししなくても研ぎ出しで塗装面まで出てしまう事はありませんでした。
一度目のクリアーは軽く吹いただけなので実質2回なんですが、こんなに使いやすかったっけ?
研ぎ出しで神経使わなくていいし、これからは缶で吹くのもいいですね~。
180805_6
コンパウンドはタミヤの荒目→スジボリ堂のシステムコンパウンド細2→同じく極3→タミヤのつや出しコーティング剤の順で使いました。
180805_7
フロントの窓枠は説明書ではクリアーの窓のモールド部分をシルバーに塗装しろとあるんですが、ボディにはめ込むとAピラーに隠れてしまうんですね。
なのでボディにモールドしてある所を塗装するのが正解です。
180805_8
リアの窓枠の方は塗装指示すら無いんですが、こちらはボディ側の矢印部分をセミグロスブラックに塗装します。
180805_9
意外と面倒くさかったのがサイドモールの黒いラインです。
ここはモール全体が黒いんじゃなくて外側の面だけが黒いので、エナメルで筆塗してはみ出た部分を拭き取れば簡単なんじゃね?と思いやってみたのですが、綺麗な均一なラインにするのが超大変。
悩んだあげくハセガワの曲面追従シートのつや消し黒を持っていたので細切りにして使いました。
この素材は細く切って貼る時に伸ばしてしまうとクルクルと丸まってしまってその後貼りにくくなってしまうので、なるべく力を入れず伸ばさないように貼るのがコツです。
工作編はここまで。
次回完成です。

|

« タミヤ 1/35 M3スチュアート後期型 その3 | トップページ | フジミ 1/24 ロータス・エスプリ その3 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミヤ 1/35 M3スチュアート後期型 その3 | トップページ | フジミ 1/24 ロータス・エスプリ その3 »