« 小型車専用展示台その1 | トップページ | ハセガワ 1/24 トヨタ セリカ1600GT その2 »

2018年12月 1日 (土)

ハセガワ 1/24 トヨタ セリカ1600GT その1

早いものでもう12月ですよ。

でもやっている事は1月から殆ど変らない家主えりあんです。
現在ダッガーとジオラマを作っていますが、ちょっと前に部屋の整理をしていたらこんなのが出てきました。
181201_1
東京に住んでいた時に作り始めたのですが、その後引っ越しなどでほったらかしにしていたセリカです。
十数年前にお手付きしたキットですが、この機会を無くすと一生作らなさそうなので完成までもっていこうかと思います。
箱を開けると一部塗装も済んでいてボディもサフ吹きまで終わっていたのですが、どうも前後の窓枠の堀を深くしようとして失敗した跡が見受けられます。
そのまま塗装しても良かったのですがちょっと気になったので
181201_2
181201_3
窓枠を一度削り落として堀の部分も埋めてから、エバーグリーンの丸棒をヤスリで半丸にしたものを速乾セメントで接着して復活させました。
181201_4
サフ吹いて完了~。
181201_5
ワイパーはアクステオンの専用エッチングがあったのでそれを使う事にしました。
エッチングの曲げ加工は苦手なので結構時間が掛かってます。
ウィンドウパーツにマスキングテープを貼っているのは、ワイパーの位置合わせをしている時に瞬着が付いたりするのを防ぐ為です。
白化とかすると後が面倒くさいですからね。
そしてこの後何色を塗ろうかと二週間ほど考えたのですが決まらないので路線変更です。
キットは普通のハードトップですがレザートップに改造しちゃいます。
181201_6 
と言っても結構簡単に改造できまして、赤矢印部分にスジ彫りを入れて、黄色矢印部分に0.4mmの丸棒を貼り付けるだけ。
そして再びサフを吹いて
181201_7
181201_8
レザートップ部分にツールクリーナーで薄めたプラパテを筆に付け、トントンと軽く叩いて置いていくとレザーのモールドっぽくなります。
181201_9
実車と比べると表現は違うんですが、遠目で見ると気にならない程度なのでこれで塗装に移りたいと思います。

|

« 小型車専用展示台その1 | トップページ | ハセガワ 1/24 トヨタ セリカ1600GT その2 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小型車専用展示台その1 | トップページ | ハセガワ 1/24 トヨタ セリカ1600GT その2 »