« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月30日 (水)

アオシマ 1/24 ホンダ・ライフ・ステップバン その6

コンテスト用の作品という事でちょっとネタを仕込みます。

191030-1

Ma.k用のフィギュアですが丁度1/20という事ですし、スパナを持っていて使えそうでしたので購入してきました。

今はとりあえず予告だけで後々使います。

191030-2

背景はガレージのイメージなのでトタンっぽい紙を貼り付けてそれっぽく。

右側はプラ板でシャッターを作りました。

191030-3

マスキングしてマホガニーサフを吹き付けました。

191030-4

一旦ベースに緑を塗りましたが特に意味はありません。

191030-5

アクリル絵の具の白をあえて斑になるように塗ります。

換装したら部分的に薄い赤や薄い青を流して単調にならないようにしました。

191030-7

Mr.ウェザリングカラーや油彩の茶系やオレンジを塗り錆を入れていきます。

191030-8

バランスを見ながら更に錆を入れてトタン部分は完成です。

続きます。

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

アオシマ 1/24 ホンダ・ライフ・ステップバン その5

ダッシュボードは平面部分の出っ張りが足りなかったので

191029-1

ますは真っ二つ。

191029-2

1mmほどプラ板を貼って

191029-3

接着。

ステアリングは角度が全然違うのともっと左寄りに位置するので作り直し&位置修正しました。

191029-5

仮組して位置の確認です。

概ね良さそうですね。

191029-6

ペダルはパーツが無かったのでジャンクから持ってきて置いてみます。

191029-7

椅子の裏が凹み過ぎていたのでエポパテで裏打ち。

シフトは支柱を真鍮線に変更しました。

サイドブレーキも位置がかなり変なので基部をプラ板で作り直しました。

全体のバランスはいいけどペダルの形状が浮きすぎるので

191029-9

プラ板で作り直しました。

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

アオシマ 1/24 ホンダ・ライフ・ステップバン その4

ヘッドライトなんですがキットの物は精度や見た目が悪いのでレンズ部分を新しくします。

191028-1

Hアイズの2に丁度良さそうなのがあったので

191028-2

縦のラインをデザインナイフで入れてそれっぽくしてはめ込んでみました。

あつらえたようにピッタリ!

191028-3

ヘッドライトの裏側の再現が無いのでこちらもオプション関係から丁度良いサイズの半丸パーツをチョイスすることにしました。

191028-4

屋根の4本のラインはサンルーフを埋めるときに邪魔だったので削っていたので、エバーグリーンの半丸棒で復活させました。

191028-5

ベースは百均の額縁にスチレンボードの基礎の周りに木を貼り付けて製作しました。

平面のジオラマの場合はこうやって地面を多少上げたほうが見栄えが良くなります。

191028-6

背景の建物の基礎をプラ板で製作して仮設置。

車の位置は小物によって変わるのでもう少し考えると思います。

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

アオシマ 1/24 ホンダ・ライフ・ステップバン その3

リアハッチの内側も再現されていないのでプラ板で作ります。

191027-1

リアウインドウはボディと内張の間に入れられるようになっています。

191027-2

ちょっとモールドを追加したりプラ板貼って完成。

191027-3

全部の内張を仮止めしたのがこちら。

ちなみに天面にもプラ板を貼っています。

191027-4

後ろから見るとこんな感じ。

191027-5

フロントウインドウはピッタリはまるようにエポパテでハマりしろを作りました。

191027-6

フロアは前後で段差があるようなので一旦切り離して

191027-7

段になるようにして修正後接着しました。

続きます。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

アオシマ 1/24 ホンダ・ライフ・ステップバン その2

実はこのキット内張が無いのでプラ板で自作しました。

191026-1

やり方は単純に内張部分にマスキングテープを貼って、ボールペンでアタリを取って剥がしたマステをプラ板に貼りなおして少し大きめに切り出し、現物合わせしつつ形を作っていきます。

後はモールドを入れたりプラ棒などで細かいパーツを作って貼り付ければOKです。

191026-2

内装はこんな感じ。

もともとモーターライズだった名残が見えますね。

内張が無いのでディスプレイキットとしてはバスタブですらない残念な仕様です。

191026-3

内装を作るには邪魔なのでなるべく平面にしたいのでピンなどをニッパーで切り落としてしまいます。

ジオラマにして台に固定するので多少酷いことになっても気にしないよ。

191026-4

ボール紙でフロアの基礎を作ってから

191026-5

それをプラ板に移してフロアを作って行きます。

191026-6

そして今回は5ドアから3ドアへ改造する為にリアサイドの窓のピラーを切って綺麗にならしたら裏からプラ板を貼ります。

イメージとしてはミニのバンタイプですね。

191026-7

このままだと段差がありすぎのように感じたので、内装を作った時と同じ方法で表から輪郭を移して更に0.5mmのプラ板に落として、それを表から貼り付けました。

これでいかにも裏から貼りました感が無くなったんじゃないかと思います。

191026-8

今度はテールランプなんですが、画像のように裏まで貫通のスカスカ状態なので

191026-9

裏側のパーツをプラ材で作り

191026-10

裏から貼って完了です。

続きます。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

アオシマ 1/24 ホンダ・ライフ・ステップバン その1

実は只今絶賛開催中のホビーロードのプラモデルコンテスト用にアオシマのステップバンを作っておりました。

Twitterの方では製作記事を上げていましたがブログの方まで手が回らず完成してからの更新になってしまいました。

完成品はホビーロードの方に展示してありますので宜しければご覧くださいませ。

191025-1_20191025215601

さてこのキット、パッケージは新しいのですが実は40年近く前のキットでして、そのまま組むには特に問題なさそうなのですが、資料を見だすと色々と気になるという当時らしいキットです。

今回は5ドアのカスタム仕様のこのキットをノーマル風3ドアの営業車風に仕上げようと思います。

191025-2_20191025215601

まずは気になったのが屋根上のサンルーフ。

実車でもちょっと見たこと無いので埋めてしまいましょう。

191025-3_20191025215601

まずはプラ板で裏打ちして

191025-4_20191025215601

そこにポリパテを盛って

191025-5_20191025215601

削るんですが、どうもプラ素材よりポリパテが軟らかく削れ過ぎるのでこれは取りやめ。

191025-6_20191025215601

ルーフ穴と同じ大きさのプラ板を切り出して接着し、隙間は瞬着で埋めました。

191025-7_20191025215601

今度は上手くいきました。

191025-8_20191025215601

お次はフロントにスポイラーらしき物があるのでこれを切り取ります。

191025-9_20191025215601

バンパーを付けてみるとこんな感じ。

続きます。

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

第12回NIPCOM展示会 その4

NIPCOMレビューもいよいよ最後です。

ラストはスケールモデル編です。

07_20191008205901

最初はあべびーさんのスカイライン。

綺麗に仕上がっていますね。

ベースは弥彦スカイライン山頂の駐車場だそうです。

06_20191008210101

ISAさんの初(?)ジオラマ。

小物が効いてますね。

05_20191008205901

テツさんのメルセデス・ベンツ300SL。

構図がちょっと面白いです。

マンホールとか作るの大変そうですが効果は絶大ですね。

10_20191008205901

中崎さんのマツダ・オート三輪のジオラマ。

色合いの統一感が渋いです。

02_20191008205901

長野よりお越しの510さんのウニモグ。

珍しいキットの完成品なだけにくぎ付けです。

01_20191008205901

おすとろんさんのトランペッターのスクーター。

こんなキットが出ているなんて知りませんでした。

しかも塗装が2018年ル・マンに出場したピンクのポルシェ911、俗称ピンク・ピッグ仕様に!

09_20191008205901

フジイさんのドカティ1199パニガーレSトリコローレ。

仕上げも素晴らしいですが横のお姉さんも素晴らしいw

08_20191008210101

水没ジオラマでお馴染みMASAKIさんのジオラマはアーマーモデリング掲載作品でした。

以前雨宿りのジオラマを作られていましたが今回も見事に雨を再現されていました。

03_20191008210101

新潟の戦車モデラーといえばダメ人間FXさん。

IDFの謎戦車(多分センチュリオン)凄く格好いいぞ!

04_20191008210101

今回特にお気に入りだったのが空冷四発さんのDD51。

同じ車両も何台か展示されていたのですが、よく見ると細かい改造がされていて結構ちがうんですよね。

いや~いい物見させていただきました。

これにてようやくNIPCOMのレヴューが終わったのですが、今週末はなんとRRMの展示会です。

私も作品を持って参加しますので皆さまよろしくです。

| | コメント (2)

2019年10月 7日 (月)

第12回NIPCOM展示会 その3

RRMまで一週間を切りましたがNIPCOMレヴュー続きます。

01

最初は拓さんのキュベレイ・ダムド。

硬質な塗装が仕上げがとても綺麗でした。

02

こちらはあべびーさんの1/220のZガンダムシリーズ。

小改造&アクリジョンで小気味良く仕上げてます。

03

このがんかすさんのグフは何と¥300のアレなのです。

全然そんな風に見えませんが製作途中を見たから間違いないです。

フィギュアもデラーらしくプラモを芯にエポパテを盛って製作されています。

04

こちらはREコンペ参加されていたナイチンゲール。

これも仕上げが綺麗でしたね~。

05

こちらモREコンペに出品されていたイフリート。

艶消し仕上げと汚しが決まってます。

06

せんこさん作の綺麗なラップ塗装の鬼カプル。

07

大迫力のCIVさん作のシャイニングガンダム。

展示には苦労してそうです。

08

トンガリマンさんのゾック。

トンガリマンさんはほんと作品の構図が上手いんですよね。

09

こちらもトンガリマンさんのGP-03ですが、こんな見せ方なんて思いつきませんよ。

10

miyanoさん作のカプール。

これも¥500のアレとは思えない…モデラーって凄いわ。

11

最後はコンペではないのですがF2ザク祭りから。

ハルウミさんのEWACザク。

新潟らしくnegicco仕様で思わず笑みがw

次回はようやくスケールモデル関係で〆です。

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

第12回NIPCOM展示会 その2

NIPCOMからだいぶ経ちましたがまだ続きます。

191001-3

中の人(中野)さんの筆塗り仕上げで雰囲気たっぷりのMGダンバイン。

191001-4

kureさんのHGビアレス。

赤い色がTV版と違って面白いですね。

191001-1

蒼獅子さんのホバギー。

初ジオラマ作品だそうですよ。

タイトルの「乾いた大地」らしくてGood!

191001-2

AGEHAさんのダッガー。

WMはやはり渋い仕上げが似合います。

191001-5

KITAさんのバイファム。

とても綺麗な仕上げです。

MGバイファム出ないかな?

191001-6

タカモーさんのメタルダー。

元キットは…?

191001-7

長野より参加の方(作者不明)のプレデターです。

塗装が上手すぎて鳥肌が立ちますね。

191001-8

まきしまむらにさんのゾイドのトリケラドゴス。

きっちり塗装をするだけでこのリアリティー…素晴らしい。

191001-10

原作10周年を迎えたアルペジオも色々ありました。(作者失念)

191001-9

今回一番オッサン心に響いたのがキバさんのフルスクラッチのマシンハヤブサ。

なんとV1~V5エンジンの換装もできるそうですよ。

191001-11

何度見ても最高のアラレちゃん。

作者はもちろんISAさん。

191001-12

こちらも何度上げてますがやはりじっくり見てしまうがんかすさんのジブリシリーズ。

191001-13

ナウシカはフィギュアだけじゃなくベースも凝ってます。

191001-14

ラストは魔女っ娘でw

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »