« ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その1 | トップページ | イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その8 »

2020年8月 9日 (日)

ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その2

梅雨も明けルノー5の塗装も進んでいますがとりあえずミウラの工作を進めます。

ノーマルのミウラSVとの最大の外見の違いであるイオタSVR型のむき出しのフュエールキャップを何とかします。

そこでドーン!

200809-1

もちろん用意したのはハセガワのSVR。

なぜ二個あるのかは気にしないでね。

200809-2

グリル裏のパーツは当然SVRからの移植です。

位置決めの箇所がミウラと違うのでプラ棒を接着して固定位置を出しました。

200809-3

燃料口の位置はマスキングテープを貼ってコピーしてミウラに写し取ります。

200809-4

ほんで穴開けてSVRのキャップを乗せれはこの通り。

バッチグーです。

200809-5

車内の方はもう一か所追加工作がありました。

オーディオの代わりに金属のプレートがビス止めされています。

どうやら何か書かれている(サイン?)様なのですが文字まで確認できなかったのでそこまで再現はしませんが、とりあえず0.3mmのプラ板を貼ってそれらしくしておきました。

そして今回の一番面倒くさい工作に入ります。

200809-6

サイドウィンドウの後ろ部分にあるフィンのパーツなんですが…太い(^^;)

このフィンが薄くないとミウラの美しさが半減してしまうので何とかしないといけません。

最初にヤスリで薄くしようと頑張ったのですが簡単に折れてしまい断念。

となるとやる事は一つですよね。

200809-7

まずは指でしごいて形状を出した少し大きめの0.3mmのプラ板を貼って、デザインナイフ等で少しづつ削って形を出します。

200809-8

次にフィン部分を貼ってから同じように整形して作りました。

と書くと簡単なんですが左右で4時間くらい掛かってます。

とにかく隙間の間隔と左右のバランスとりが難しかった…でもここはやらないワケにはいきませんからね。

後はフロントのリベット箇所の穴開けくらいかな?

|

« ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その1 | トップページ | イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その8 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その1 | トップページ | イタレリ 1/24 ルノー5アルピーヌ その8 »