« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月21日 (土)

ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その4

すっかり忘れていましたがボンネット上の矢印部分にリベットがあるのでピンバイスで穴を開けておきました。

201121-1

ただリベット用の虫ピンのサイズの兼ね合いもあって実車より若干少なめにしてあります。

そしてボディ塗装が済んだので室内も塗装して仮組み。

201121-2

実はこのミウラ5110は時期によって室内の色が黒&白の時とそれに赤が追加された3色の時があるのです。

今回は一番資料として良かった3色パターンの物にしています。

この赤が結構暗めで塗装した物がいまいち…

クリアまで吹いたボディの方も思ったよりメタリック感が出なかったので

201121-3

ドボンしちゃいました~。

201121-4

再び塗装して梨地になった塗面をヤスってまた塗装。(画像は下地のEXブラックを吹いてからヤスった所です)

今回はダイヤモンドシルバーを大幅に増やしてみました。

201121-5

室内ももっと暗めに塗装しました。

201121-6

細かい部品はだいぶ前に塗装済みだったのでシャーシの方もある程度組みました。

201121-7

ボディもクリアー掛け完了。

山善の乾燥機へぶち込んで暫く乾燥待ちで~す。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その3

早いもので今年も後二ヶ月余り、いったい今年中に完成するのか怪しいですがミウラの工作を進めていきます。

ハセガワのミウラはフェンダーミラーなのですが、5110はドアミラーなので支柱をプラ材で作ります。

201103-1

ドアとは真鍮線と接合。

201103-2

お次はワイパーです。

201103-3

キットの基部だけ残しカットしてブレード部分だけエッチングパーツに変えました。

右側のブレードの設置部分はかなりの曲面になっていて隙間が出来てしまうので力業で形状変更しておきました。

お次はボディ塗装です。

いつもは空ののスプレー缶を天井裏に布ガムテープで貼り付けて手持ちを作るのですが、サイズが合わないのでこんな物を作ります。

201103-4

5mmプラ棒を囲って接着し

201103-5

裏にプラ板を貼って完成。

201103-6

こんな風にボディ裏に取り付ければ

201103-7

持ち手の完成です。

201103-8

実車の色はメタリックブラックらしいのですが写真を見る普通のブラックにしか見えなく、メタリック感はかなり抑えめなのでは?と思いサフ吹き後EXブラック→GXクリアブラック+少量のダイヤモンドシルバーを吹きました。

201103-9

そしてクリアー掛け。

まだまだ続きます。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »