« ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その4 | トップページ | ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その6 »

2020年12月12日 (土)

ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その5

さてミウラS/N5110の製作も佳境です。

二度目の塗装はガイアノーツのEXブラックにクレオスのダイヤモンドシルバーを前回より多めに加えて吹き付け、クリアーはMr.スーパークリアーの缶で仕上げました。

201212-1

仕上げは神ヤス2000番→布ヤスリ(クレオス?)4000番→6000番→8000番→タミヤコンパウンド荒目→細目→モデラーズコンパウンド→タミヤつや出しコーティング剤で行いました。

201212-2

遠目から見るとブラックで近くで見ればメタリックブラックに見えるという塗装は何とか再現出来たんじゃないかと思います。

メタリックカラーって結構粒子が荒い物が多くてスケール感を考えると結構気になるんですが、Mr.クリスタルカラーはパール塗料なので粒子も細かくていい感じ。

種類も各色味があるので通常塗料に混ぜるというこのやり方はこれから多用するかも。

ヘッドライト周りは同じ黒でもセミグロスっぽいのでマスキングして塗装。

201212-3

デカールもあるんですが貼りにくかったのでこっちの方が楽ちん~。

フロントグリルの網部分はヒケが何ヶ所かあって気になるので、上から戦車に付いていた網が残っていたので切り出して接着しました。

201212-4

正直かなり荒いんですが黒いから分かり難いよね?

お次は車内です。

シートベルトはいつもの紙を切り出し、サードパーティ製のエッチングを仕込みました。

201212-5

sabeltのマークはデカールなんですが艶があったので上から艶消しクリアーを筆塗りしました。

201212-6

シャーシにセッティング。

白黒だけよりも赤が入ると映えていいですね。

201212-7

ドア下はクレオスのスーパーメタリックのスーパークロームシルバー2です。

201212-8

窓枠は塗装しようと思っていたのですが、窓後端のスリット部分にマスキングテープを貼る余白が無いので、ハセガワのミラーフィニッシュを貼り込みました。

201212-10

給油口周りとラジエターのエア抜き周辺のリベットは、さかつうのインセクトピンを仕込みました。

これが結構大変。

いつかイオタのパカパカをやりたいと思っているんですが、裏側の見た目が宜しくないのでこの辺はやり方を考えねばなりませんね。

そしてそれなりに順調にいっていると罠に落ちるもので…やっちまいました。

Mr.セメントSPをひっくり返してこんな状態に(T-T)

201212-10a

幸い左側だけだったのと速乾の接着剤だったので塗装と若干プラが溶けたかな?という感じだったので、山善に入れて乾かしたらマスキングして塗装のし直しで何とかなりました。

201212-11

最後はインレットやエッチングをボディに貼って完成です。

201212-12

長くなってしまったので完成写真は次回です~。

|

« ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その4 | トップページ | ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その6 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その4 | トップページ | ハセガワ 1/24 ランボルギーニ ミウラ 5110 その6 »