« ハセガワ 1/2500 アルカディア号 その2 | トップページ | アオシマ 1/16 ビゴラス その2 »

2021年1月28日 (木)

アオシマ 1/16 ビゴラス その1

先日アルカディア号を完成させていますが実は今年最初の完成品はこちらのキットでした。

年始めからTwitter内での企画でコテポ旧2021というのがありまして、それ用に作っていたものです。

これは友人モデラーで箱絵風の旧キットを製作されているので有名なコーディさん(@JkGLFKFkxFi9TtG)が企画されたもので、旧キットを使い箱絵風の完成品を二週間で作ろうという物。

ここ最近は毎年このようなTwitter企画に参加して正月休みを過ごしていたので今年はこのタグに乗る事にした次第です。

210121-1

そこで何を作ろうかと思ったのですが、期間が二週間という事もあり大幅な改造がいらなさそうな物をという事でこれにしました。

アオシマのテクノポリス21Cに登場するビゴラスです。

実はこの作品は新潟で放送されず未だに見た事がありません。

それなのに何でこのキットを持っていたかと言いますと、昨年開催された松本城下町モデルコレクションの懇親会での交換会で手に入れた物なんですが、その時来年の同作品展には作って持ってくる事という御達しがありまして、丁度都合がいいという理由もあってこれに決めました。

210121-2

箱絵風に作るという事なので説明書の写真と比べてみると結構そのままでも行けそうな感じ…

210121-3

これは楽勝だなと思い組んでみたんですが妙に細長いぞこれ。

210121-4

後ろ姿を見ても細い~。

これは意外と改造せねばならんかもなぁ。

で、しばらく箱絵&設定画と見比べていたのですが

210121-5

まず胸部アーマーの角度が浅い。

あんまり面倒なことはしたくないのですが、ここは仕方ないので

210121-7

折れ曲がる部分からバッサリ。

210121-6

そして角度を変えて再接着して隙間はエポパテで埋めました。

210121-9

胴体を短くするために矢印部分から横にカットして幅詰めして再接着。

210121-10

胸部アーマーを胴体に合わせると赤矢印部分に隙間が空いて格好悪いのでエポパテで埋め、黄色矢印部分のフィンはいかにも別パーツという感じなので小型化して内側に入れ込みました。

210121-11

胴体背面のパーツは裏がスカスカなのでプラ板で塞ぎました。

|

« ハセガワ 1/2500 アルカディア号 その2 | トップページ | アオシマ 1/16 ビゴラス その2 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハセガワ 1/2500 アルカディア号 その2 | トップページ | アオシマ 1/16 ビゴラス その2 »