« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月27日 (土)

レストア その1

草ヒロミニも片付いたのでジオラマ本体の製作に入ります。

今回のネタ元はコレ。

210227-1 

中古屋で見つけた時計です。

 210227-2  

上が蓋になっていて明けると小物入れになっていてオルゴールも鳴る仕組みがあります。

ですが時計もオルゴールもジオラマには必要ないので

210227-3

外していらない部分をバンバン削って

210227-4

ドンガラの箱にしてしまいます。

210227-5

そして内装を木材で作ります。

ほらジオラマっぽくなってきたでしょ?

210227-6

灯りは天井に穴を開けてLEDを光らせる仕組みにしたんですが、光の指向性が強いLEDなのと地面までの距離が近くて一点集中になってしまいました。

そこで色々考えたんですが距離を遠くするのは無理なので

210227-7

LED先端に瞬間接着剤を丸く盛り、固まったら軽くヤスリを掛けて曇らせてみました。

210227-8

全体にボヤっとして結構いい感じになったんじゃないでしょうか?

210227-9

LEDを中央から左右手前の二か所にして仮に色々置いてみました。

実際はここまで明るく無いんですが良い雰囲気になってきました。

これで基本部分は出来たのでこれからひたすら小物作りに入ります。

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

タミヤ 1/24 モーリス・ミニ・クーパー1275S 草ヒロバージョン その5

昨夜は突然の地震で驚きましたが皆様の所は大丈夫だったでしょうか?

こちらは震度4でしたのでそこそこ揺れましたが棚から何かが落ちたりする事もなく無事でした。

普段からあんまり模型の完成品は並べてないのですが、こういう時は倒れにくいジオラマばかり作っていると心配事が無くていいですね。

東日本大震災から10年ですがこれがあの時の余震というのですから巨大地震は恐ろしい物です。

さて気を取り直してミニの製作に移ります。

リアトランクはエポパテで作ったカバーの留め具をインセクトピンを差し込んで再現。

210214-1

エンジンも資料を見ながらディティールアップしました。

しかしミニってオーナーが改造していたり時代によって補器類の位置が微妙に違ったりするので配線を謎解くのも結構大変なんですよね。

そこがまた面白かったりするんですがw

210214-2

んでボンネットを閉めたら思ったより閉まらない(--;)

多分ボンネット裏の追加ディティールが干渉しちゃってるんだろうなぁ。

210214-3

まぁどのみち前側の追加ディティールがあるので閉まらないんですが、バックル・ミニ・モナコの時には修正したい事案ですね。

210214-4

そして車内パーツも載せました。

210214-5

油彩で色味を追加した後にクレオスのMr.ウェザリングカラーのホワイトダストで積もった誇りを再現してみました。

210214-6

サイドウィンドウは前後とも作り直しています。

210214-7

ボディも載せてとりあえず本体の完成~。

210214-8

ジオラマにするのでこの後追加で汚しやサビを入れると思いますが今のところはここまでです。

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

タミヤ 1/24 モーリス・ミニ・クーパー1275S 草ヒロバージョン その4

年末年始はキャラ物で過ごしましたが二か月ぶりにミニの製作再開です。

色は久しぶりにスカイブルーっぽい感じにしようかなと考え

210213-1

オーソドックスに水色&白のルーフ。

210213-2

シートは白とダークグレーで。

と思ったのですが久しぶりのドボン。

210213-3

というのも今回のジオラマはシャドーボックス的な感じになりまして、暗い内部に寒色だとちょっと目立たないかなと思い塗り直し。

210213-4

マホガニーサフ→縁を残しつつMr.316ホワイト→Mr.58黄橙色で基本色塗装し、退色としてMr.58黄橙色にMr.316ホワイトを足した物を部分的に吹きました。

ルーフはマホガニーサフの上にGX1クールホワイトです。

210213-5

乾燥したら600番の神ヤスで軽くヤスります。

こうすると下に塗った色とマホガニーサフが表れて退色のような感じになります。

やり過ぎは良くありませんが多少プラ地が出ても錆色でタッチアップすればいいのでそれほど神経質にヤスらなくても大丈夫。

210213-6

ヤスる方向は汚れが流れる方向と同じように行うのが基本になります。

そうしないと後で汚しを入れた時にヤレた方向がちぐはぐになってしまって変になってしまいますので注意してください。

次にエンジンの取り付けなんですが、ここは車体前側の自重が掛かるのに接着しろが少なくていつも苦労する所なんですね。

しかもアップライトの取り付けにも影響するのでかなりの重要ヶ所なんです。

おそらくタミヤのミニを作った人はここが一番苦労した箇所だと言うんじゃないでしょうか。

なので

210213-7

下部パーツのB20にエンジンを置いて右側の接着部分に真横からピンバイスで穴を開け真鍮線を差し込んで接着します。

210213-8

反対側は真横からの固定は出来ないので、斜め下側から同様に穴を開けて真鍮線を差し込んで接着しました。

ここがしっかり固定できるだけで今後の製作がだいぶ楽になるのでやっておいた方がいいですよ~。

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

アオシマ 1/16 ビゴラス その3

ビゴラスの製作記も本日でラストです。

210203-1

上腕は赤色部分から切り離して2mmほど詰めて再接着。

画像では撮り忘れてしまいましたが、その後黄色部分からも切り離して間接接合部が斜めにならないように修正して再接着しています。

その際中にエポパテを詰めて穴を塞いでおきました。

210203-2

全パーツ仮組みしてみました。

210203-3

まだ細い感じはしますが素組よりだいぶマシになりましたかね?

210203-4

粗相は箱絵っぽく塗装するという事で筆塗りしやすいタミヤのエナメルで塗ります。

210203-5

箱絵塗りは中々難しいので試行錯誤しながら塗りました。

210203-6

そして締め切りギリギリでしたが何とか完成~♪パフパフ

背景は箱絵を写真に撮ってフォトショップで加工して作りました。

210203-7

箱絵にはない後ろ姿も~。

この企画のお陰で正月休みも楽しく過ごすことができました。

企画発案者のコーディさんありがとうございました。

さて実は製作記最初に書いたように第2回松本城下町モデルコレクション用にも作っていたのですが、現在の事情を鑑みて地元会委員のみの参加での開催という事になり残念ながら参加は出来なくなってしまいました。

非常に楽しかったイベントなので今年も楽しみにしていたのですが仕方ありませんね。

来年は開催できる事を祈っております。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »