2017年4月20日 (木)

アオシマ 1/12 ナイトトレイン その2

いきなりですが完成です(^_^;)

170420_1
170420_2
170420_4
170420_3
170420_5
普通に塗装して組み立てただけなのであっという間の完成となりました。
このキットは旧今井科学のハーレーがベースの古いキットかと思いますが、思ったより作りやすい好キットですね。
これ作っていたら通常のハーレーも作りたくなってきましたよ。
最も版権の問題で難しいかとは思いますがハーレーの再販をして貰いたいものですね。

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

アオシマ 1/12 ナイトトレイン その1

依頼品の1/350艦船連続3隻の製作も終了し今度は1/12のバイクです。

170408_1
と言ってもこちらも依頼品。
ストレート組みでいいという事なのですが、少し気になった部分だけいじります。
まずはメッキパーツは塗装に変更するので、百均で買った塩素系漂白剤を3倍ほど薄めた物と一緒に瓶に入れてシャカシャカして10分ほど放置。
170408_2
すると
170408_3
このように見事にメッキが剥がれます。
メッキパーツのパーティングラインとか気になって塗装し直したい人はこれをやると簡単に落とせるので便利です。
キットで一番気になるのがマフラーとフレーム下部に付くタンク(?)の肉抜き穴です。
170408_4
ここはエポパテにて埋めてしまいます。
マフラーの先端パーツは接着すると段差が出来てみっともない事になるので、接着して一緒にエポパテで滑らかに繋がるように修正しました。
バイクは折れそうなパーツが多いので気を付けないといけないので一部金属パーツに置き換えます。
170408_5
今回はサイドミラーのステーを真鍮線に変更しました。
単純な形状でハンダ付けもいらなかったので楽チンです~。
一番重量のかかるサイドスタンドですが、今回は保持出来そうなくらい頑丈そうだったのでそのままとしました。
燃料タンクの上にメーターのユニットを接着するのですが
170408_6
隙間がかなりあったので削って合いを良くしておきました。
前後のウインカーも接着後折れそうなパーツリスト(自分調べ)にあるので接着部分の穴を伸ばしランナーで埋めてから真鍮線を入れて接着しときました。
170408_7
接着部分の穴を伸ばしランナーで埋めてから真鍮線を入れて接着しときました。
仮組みして気がつきましたがシート下のタンクはフレームに左右から接着となっていたので
170408_8
塗装の兼ね合いを考えて後付けにするために一旦接着してから切り離して
170408_9
真鍮線で取り付け出来るように加工しました。
各所あるパイピングの基部も折れそうなリストにあるので
170408_10
全て真鍮線に変更しました。
そしてここで組み付けの難題が発覚。
マフラーとエンジンの接着部分が全然合わないのです。
取り付け部分は二ヶ所あるのですが、フレームとマフラーを接着する基部を調整しても後ろ側しか合いません。
170408_11
という事でギリギリのラインまで調整したら前部分のみエポパテを使って上手く落とし込みました。
他は押し出しピンの跡消しとかやって一通りパーツチェックが終わったので
170408_12
サフをシュ~。
この後は傷消しでーす。
そしてここの所自分のプラモを作っていなかったので気分転換に
170408_13
バンダイのAT-ATを素組みしてました。
基になったタミヤのsd.kfz222とか地獄の四連装とかエアフィックスのハリアーのエンジンとかよく分かって凄いんだけど、当時から今までMPCのキットで育ったオッサンにはこんなにハイディティールでしたっけ?みたいな感じです。
一応形になってますが、月末発売予定のAT-STとスノースピーダーのセットを使ってジオラマを作りたいので暫く塩漬けにしておきます。

| | コメント (2)

2017年3月29日 (水)

野外撮影その3

野外撮影の3回目もやっぱりミニです。

ミニのハガキサイズのヴィネット三部作なので、ミニのジオラマはありますがひとまずはこれにて終わりです。
170328_1
170328_3
170328_2
170328_4
リアのトランクを開けて内部を再現し、今回初めてラッピング塗装を屋根に施しました。
このジオラマは海辺をイメージしているので海岸での撮影がピッタリですな。

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

野外撮影その2

こちらのジオラマはアメリカの少し大きめの街のモーテルの前というイメージなので、背景が海だと変なのですがその辺は気にしないでくださいませ^^;

170315_1
170315_2
170315_3
170315_4
今見ると後ろのトランクも青色にしても良かったかな?

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

野外撮影その1

天気のいい日に以前製作したジオラマの野外撮影をしてきました。

170310_1
170310_2
170310_3
170310_4
脚立が写っているのはご愛嬌という事で(^^;)

| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

ミニ・クーパー・カブリオレ その4

今日は3月2日でミニの日と言う事でミニ・カブリオレのジオラマ完成のお披露目で~す!

170302_1
170302_2
170302_3
170302_4
170302_5
170302_6
実はしばらく前に完成して撮影も終わっていたのですが、頼まれ物を作っていたりしていたので公開まで少し時間が掛かってしまいました。
野外撮影ですがいつものように近場の海まで行ってきてパシャリ。
やはり自然光だと実物より上手く出来たように見えますね(^^;)

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

2017ワンダーフェスティバル冬

そんなワケでワンフェスへ行ってきました。

企業ブースの方はいつものように模型の花道さんが詳しくまとめてありますのでそちらを参照していただくとして、やはり面白いのは一般ディーラーですよね。
やはり今回はシン・ゴジラ関係が多かった。
170224_1
170224_2
170224_3
170224_4
どれも半端無い出来で圧倒されました。
それと個人的にプチフィーバーしていたのがクトゥルー神話関係。
170224_5
170224_6
170224_7
170224_8
170224_9
クトゥルーの立体はたまにありましたが、インスマスの方の立体は初めて見ました。
かなりそれっぽくていいなぁ。
クトゥルー関係の立体って難しいのは格好いいというのは方向としては間違っていて、見ていて気持ち悪いとか欲しくないというのが正解なんですよね。
なので残念ながら再現すればするほど売れなくなるというジレンマアイテムw
そんなのがとっても欲しい変態がここにいますよ~。
皆さんどんどん作ってください。
170224_10
170224_11
フィギュアではこの辺のちょっとクセのあるヴィネット仕立てがかなりの好みです。
塗装も楽しそうだしいいよね。
170224_12
これは流石にマックスファクトリーもキット化しないでしょうw
こういうのが売っているからワンフェスはやめられません。
170224_14
GRAYのメカなんてこれ見るまで思い出しもしませんでしたw
これもワンフェスらしくて良いわぁ~。
170224_15
これ見た瞬間脳内で「アア~ッ!」ってハリアーが殺られる声が聞こえたw
どんだけコインをつぎ込んだことか・・・
170224_16_2
ネコライダー欲しかったんですが売り切れでした、残念~(TT)
再販求むであります。
そんな俺的ワンフェスでしたが東京オリンピックに向けてビッグサイトが使えなくなるとかなんとか。
代替予定地は大阪か愛知のようですが大阪はちょっと遠いなぁ。
あ~でも夏ならついでに甲子園で阪神の試合見てもいいなw

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

横浜モデラーズ合同展示会

週末はお馴染みのワンフェスへ行ってきたのですが、前日には横浜で横浜モデラーズ合同展示会が行われるというのでこちらも見学へ行ってきました。

有名モデラーを始め色んな方の作品が見られる良い機会ですしね。
基本的には飛行機モデラーの集まりという事らしくWWⅠ~第五世代の戦闘機まで数多く見られました。
170223_1
個人的には20~30年前の爆装した機体が大好物です。
170223_2
タミヤのトムキャットが発売されたばかりなので数多く見られましたが、意外とこちらのようなハセガワのキットもありました。
170223_3
この銀ピカ塗装はメッキシルバーネクストを使い、パネル毎にマスキングをして吹き加減を変更して行ったそうです。
170223_4
モスキートは実機が木製なのでそれを意識した面白仕上げ。
170223_5
FedEXの世界最速の輸送機。
もちろんネタですw
170223_6
こちらは食べても栄養満点のようど卵光カラーのたまご飛行機。
170223_7
数は少なかったですが艦船モデルも。
170223_8
近代のスーパーカーはLEDでライトを点灯させるのが似合いますね。
170223_9
古いF-1は見所が多くて格好いいっス。
170223_10
こんな楽しいジオラマもありました。
ジオラマガチ勢には中々こういうの作れないんですよね。
170223_11
噂の水没ジオラマもありました。
もちろんジオラマも凄いけど、それに合わせたベースの作りもまた凄い!
170223_12
懐かしいプラモデルの完成品も早々見られるもんじゃありません。
170223_13
そんな楽しい展示会でした。
そして翌日はいよいよワンフェスです。
その様子はまた次回と言う事で。

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

ミニ・クーパー・カブリオレ その3

いよいよジオラマベースの仕上げに掛かります。

170212_4
ポスカに0.5mmのプラ板を巻きつけて円筒パーツを作って
170212_5
プラ板とプラ棒で基本形を作ったら周りに木材を貼付けてゴミ箱になりました。
170212_6
塗装~♪
170212_7
中のゴミはネットで検索したお菓子のパッケージを印刷して製作。
ちなみにかさ増し用にティッシュを丸めて塗装した物を下に入れてあります。
170212_8
銅像に台座には蔦を配置してみました。
170212_9
そしてネームプレートも取り付けます。
170212_10
170212_11
ミニは汚しを全体に入れてこれにて完成です。
後は奴らだけっすね~。

| | コメント (0)

2017年1月31日 (火)

ミニ・クーパー・カブリオレ その2

月末も風邪ひきの家主えりあんです、こんばんも~。

早速ジオラマ工作の方ですが今回はいつもよりネタ感の強い作品でして、カーモデルの情景にはまず使わないだろうというモンスターハンターのキャラクターのレジンキットを使います。
JAMMING OFFのジンオウ装備アイルーを
170131_1
組立て後このように銅像風に塗装しました。
塗装方法は白サフ後ガイアノーツのエメラルドグリーンを前面塗装し、その上に艶消しブラックを薄めに塗装します。
この時一方向からエアブラシを吹きエメラルドグリーンが残るようにすると雰囲気が出ると思います。
艶消しブラックが乾燥したらスポンジヤスリで黒色部分を少しづつ削り落として、下のエメラルドグリーンを様子を見ながら出していくというやり方です。
170131_2
銅像の台座はプラ板とプラ棒の組み合わせで製作しました。
ベースは厚紙を切り抜いて石畳を作ったんですが、いまいち気に入らなくてやり直しです。
ミニ本体の工作は終わったのでさっさと塗装して組立て。
170131_3
170131_4
170131_5
170131_6
ボディはクレオスのハマーンレッドの後に艶消しクリアー。
いつもは艶消し塗装の場合退色のグラデーションを入れたりするんですが、今回は実験的に単色塗装でどう表現できるかやるつもりです。
ちなみに赤にしたのは今まで赤色のミニを作った事がなかったからという単純な理由です。
室内は明るめのピンクとブルーで若者の車な感じを演出しました。
この後汚しをもう少し入れたりナンバープレートをつけたりしないとね。
170131_7
ベースは結局1mmのスチレンボードにスパチュラで跡を付けて石畳を表現し、スーパーヘビージェルメディウムを薄めに塗ってコーティングしておきました。
色はグレー系を塗装後クリアー系の色を使って派手目にしましたが、余りにも派手だったのでウェザリングカラーを何色か重ねて落ち着かせました。
170131_9
銅像の台座周辺のブロックは3mmプラ棒に目立てヤスリでラインを入れて三段重ねして作りました。
そして周りにジオラマ用の草やドライフラワーを植えつけておきます。
これだけだとまだ面白味に欠けるのでもうちょい色々やります。
170131_10
そうそう今回もネコいますよw

| | コメント (0)

より以前の記事一覧